FC2ブログ

ノイ先生と触りだけ学ぶ広汎性発達障害レッスン①~④

1犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/03(木) 21:11:17.23 ID:9EhBSBCh

                  _r‐ 、 ,r‐.、
            . .-‐f⌒)<.r=くノ-く}ーァ-、
           /:(⌒ノ/: :l|: : : \: :\_ノ-.、
         / : : r》/: : : : :l{: : : : : : : : : ヽ.ノ
         .′: :.У: : : : : :ハ: : : : : {: :、: : :.ヽ
        .′: : /: : : : : : ′V : : : ハ: :.Y: : :}ハ
        {: :/{: : : : : {: { ̄ ∨ : :{´∨:| : : トハ      ≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠
        |://:《: : { : : |.ィ≠ミ ヽ: :|ィ.圷、: }: }ヾ}      ≦                                      ≧
          /::{: : ト:八: : 《 V:rリ  ヾ.しリj: /: :!        ≦    ノイ先生と触りだけ学ぶ広汎性発達障害         ≧
         .{:_::二リ: }: :\ハ       '  〃: :ノ       .≦               (主にアスペルガー症候群)     .≧
          /::::/:ノ:{: : :{ヾ{.   -=_ イ: :{´        ≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠
       ./::/::/ー:八: 从> /´   ∧-.、
      /::/}:/}: : :_} : ヽ八ー∨ _  / ∧} }
           /..<:|: : : :V::}::/´ `ヽ/__∨ヽ、
        /{:::::::::::::l: : : : }/     }__ノ   Vヽ
        ./:r|‐-::、:::|: : : :/       ∨   }: : :\
      .′八::::::::V: : :/  { .{.      '.    l|: : : : ハ     ・触りだけ大雑把にいくので細かい所は触れません
      {:八. \: :{: :/   ヽハ     }   .ハ: : : } :}       どのような感じか知ってもらうだけで目的達成なので。
        V: {ヽ  ヽ/     .ィ}    .′  { V: :|ノ
       Y:|  \ /     / リ    {   |  V八   .  ・「なんか自分が当てはまりすぎる…」↓↓
        }ハ  /      ./} /    ./|       V:}≧=-     辛かったら発達障害支援センターへお電話を
       ノ: :} /      ./:.リ′   .{ |       }リ
       /:イ:.ハ      /: /{       .|       |
      ⌒{: : : ヽ_    .イ:./ .|      .ノ、___ j



2名無しさん@シェルター2014/04/03(木) 21:13:10.08 ID:e/qk7aJt
立て乙w

3名無しさん@シェルター2014/04/03(木) 21:28:34.41 ID:9EhBSBCh
うお、宣言所に行く前に反応があるとは。
初投下は明日になりますのでしばらくお待ちくださいw

5名無しさん@シェルター2014/04/03(木) 21:34:55.50 ID:ugk5nX5W
建て乙

6名無しさん@シェルター2014/04/03(木) 21:38:45.53 ID:Mne4tvw2
立て乙

7名無しさん@シェルター2014/04/03(木) 21:47:12.48 ID:VGEsHBUe
立て乙

8名無しさん@シェルター2014/04/03(木) 22:55:51.77 ID:Fo5tRDom
立て乙
キャラクターはバルドスカイ?かしら、AA大量製造されてた。

9名無しさん@シェルター2014/04/03(木) 23:15:29.85 ID:v87Ag7To
たておつ

10犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 00:54:14.63 ID:uIJqDXfI

                   /:. :. :.i:. ii
                /:. ヽ:.,、-‐‐ェァ‐‐-.、
              i:.,.:<_,、:/ヽ'ヽ'‐:. :. :. :.`ヽ,
            ,イ:. イ:`ヽヽ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ          【初めに】
               /i:./:i:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ:. :. :. :. ヽ
             i:i:..i:i:. :. . :. :. :.:、:. :. :ハ:. :. :. :ヽ:. :.ヽ:. ヽュ
           ,|:.i:.i:i:.i:. i:. :. :ヽ:.ヽ:. .: ヘ:.、ハ:. :.ヽ:. :. ヽ:.:ヘヽ
           ノ ヽ:.i:.i:.i:. i:.ヘ:. 【 作 者 】 斗、:ヘ :ヽ :. :ヽ:.ハ.\
         ,.ィ´:.::/.、: |:. .:孑チ了`''ヽ',.'´:.i ヽヽハ:.ハ:.ヽ:. ハ:ハ: :.ヽ
.     / : : : : / . ヽ|:. :.:i ,ィチ示 ヽヘ f示ハヽVi:. ハV:.i:.:ハリ:. :. :ヽ
.  , イ: : : : : : :/ソ彡.|:.: .:i" V';;:リ    V';;:リ .ハ:.i.:ハV:ハ:.:.i、: : : : :.ヽ,
. 彡:.:: : : : : :, '  ./:.彡i :.:ハ `¨´     `¨´ 斥:i V| ヽ ヽ V:.、\: : :`ヽ
  彡: : : : : ,.'   ./:. :. :|:. :.i ヘ.     '    /.i:. i"iリ       ヽヽ\\:    皆様、初めまして。
  /:/: , '   /:. :. :. |:. :.i   ヽ   ` ̄  .イ ゙i:. | 、          ゞ:ヽ:\    犬侍こと私は発達障害者です。
  /ノ:/ .   /: : : ,.:':.|:. :.i    |ェ>  .イ.|--、 !:.:|   >,
  ソ     /:. :. :./  |:. :.i   f‐‐---、::::f'´  | i:. |/ |
        / :. :. : | >|:. :.i___.ノ     V:i  ,、ノァi:.:|   |             県の発達障害者支援センターに通い。
      ,.:':. :. :. :.ノ|   |:. :.ト 、`_¨''‐、  ノ .i   | .!:リ / `ヽ、           3年程前に【広汎性発達障害】と診断されました。
    / :. :. : /.イ\..i:. リ    `¨ヽ/  ./   i iリ/      >.、
.  /:. :. :. :/イ    `i:/、_     | /   i  i::ヘ        ` 、
  :. :. :. :.//     '  i:`::¨:7 _レ´     ヽ ヽ:::i            ヽ
  :. :. //          .|::::::::::| f      ,.:':i i::::|    i       iヽ
  :./ /           |::::::::::| |    /::::i i:::::|   .i     / / ヽ
.    |           |::::::::::| |  ,....'::::::::::i  i:::::|    i ',   / / ./
.     |__     ヽ  i    |::::::::::| |-‐':::::::::::::::::i .i:::::|     i i  / / ./


11犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 00:54:28.62 ID:uIJqDXfI

                   /`ヽ
               ____厂l|ヽ `、
            /"/~<´ ,-┤: ヽヽ: .\
          _lト :  /: .、|/" ヽ   \_. `ヽ_
       .~,|,! 丨 .ィl !l,\: : : |!、: :   ヽ、: .\
          ~l,イX.rl.`|"l:  l./|. _ ヽ : : : .\  ヽ     センターに行くきっかけとなったのは。
        ."┘'"~= ,' : 〃~   ヽヽ、: : .┐ヽ      頑張っても行動は遅く、ミスが目立ち。
              ,-"..ィΖ    /  !、: . ', ゝ      叱られ叱られ・・・・・・
          ,r', イ'´   ``二へ、  l : |: l,:
        〃'´/ヘ- \  !  .ヽ|  ゝ | :  ! .:"     本当に頑張っているのに出来が悪かったので
       ,/   〈. ,---、_ヽ ゝ   ., |┘:  ,' : :      どこかに異常でもあるんじゃないかなと調べたのがきっかけでした。
           j''ン-==力′  . | / :  / :  ,i:
           l     .l,   _l┘: :  ' : : ./:        ビンゴでした。
           ,|   . _, イ‐" : :  : :   ./ :
          _ノー‐" : : : : : : : : :  , -'": : :  :
      _∠〃‐': :    : .__ .-‐''´: : : : : :  :
   _ 、_".'~ ヽ-‐'~~ ̄ ̄~   : : : :     : :  /
 .'lレン ヽ'~_--=┬‐ ̄ ̄~": : : : : :  : :   /
 . /∠/‐-‐''"~  .  ̄"'''‐ー-、____,-‐''´
 //



    / /  /   ./   .  .i  l |:\|l、ヽ: . . ヽ
   ,  ィ .  , '  / . // .、/_//l_//|_ l:.:.:.:ヽl: l:l: : . l
   //'./ . // . .l: _,l/'!: : /:/lf州/メ|、 l:.:.:\∨:l: : : l:
  /´ // : /イ : : l: /r=l: /l/ ノ廴ハ l/:ハ:.:.:.:.:`ヽl: : : l
    ':, . : /l| : : : ,l/fち.lイ/    辷zイ:イ ハ:.:.:.:.:.:.:ヽ: :       【発達障害って何?】
   l/l : /.ノ!: :l: /ハ弋沙 j     ノ´l:/ lハ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:
   '/l /:.lィl ハl.| ハ    ___     /'  l:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\      まず知られていません。
   //i/:.:.l lヘlへ.|:| ヘ   ∨:::ヽ     /'l: ハ:.:.:.:.:、:.\:.       体の欠損と違い目に見えません。
  //:.l:.:./    |:|: l | >  _¨´   / .l: :lハ:.:ヽ:.:ヽ:.ヽ
  ///:.:./   .∠|:|: l l    ノ } ‐<.‐彡'!: :l:ハ:.:.:l:.:.:.l、:.:      なので気づきにくく理解もされづらい障害です。
 lイ/:.:./     \l l: :、l ./ ノZユ:::F「  | : l ハ:.:.:l:.:.:.l:\
  l:':.:./      | l: : :l _{  {/ iy'^ヽ\ .|: : l : |:.:.ハ:.:.}:
  ll:.:.l        ハ:l: : :ト.l / / -‐<r=lノ: :ノ /|:.ノ/∨\


12犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 00:54:42.17 ID:uIJqDXfI


          /イ / /  / // ./ , / ,j  N    ヘ |
          / / /// /≠/ .///≠x.|/ i v、    V
          lイ ./ l :,ィ≠x.// ノイ≠、|/ l lヘヽ ハ l
          , ! 从 l :l _{少 ′ {ゝイ ,l / N ト、∨ i l
         /イV | l/l    j     ̄/// /ノ!j jヽ∨ !
        ///イ j ハ! :ト、  r_、  彡イ |´ ヘj、ヽ \|      発達障害はたくさん種類があります。
         /ノイ j/  | ! :|´ 丶.    / l ! ト、  ヽ トト、 }、     このスレでは有名なアスペルガー症候群──
      / / /ノ´   | l :| r {-`≠ ニ二!l l,イ  ゝl ! トヘ
      / //´     | l |、_j `l 「  __ j | l   / ハ { ',     に近い広汎性発達障害の私の実体験を織り交ぜたお話になります。
     {ノ´    _| l .! !、、 l /   | ,j , ノ、_ / /  ハヽ ',
          /  ハ l l | ゝ ソ , - ニ| l j /  ` ー v′`ヽ!
         ノ   ハ Vゝ'´// ノ l /r'     / ヘ
        ハ.   / V/./_/   「 r/´    /   ヘ
        {  ヽ /  〃/     | | |   :|   /      〉


                . : ´¨〆`ー'´ ーv'⌒'.
               /:.:.:.:.r.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ.:.:.:ヘ
             /;´: : :/.:: ィ:/!/}:::.:.: |::.:. ∧
                  /::.イ / rォ/'´佗从 ト.}ヾ.:.:.∧
              | / {/イり,     !:リ 小 ':、∧
              l'  !八  rっ   !:ト、iヾヘ ヽ.:ヘ
                  /: > .,__  イ ト、 :: ∧ ヘ ハ        このスレは不安を煽るための物ではありません。
              /レw.ノ| ! r‐ァ‐|: |_∨- 、V ヾ.'.
                / . レ'fヾ!:| jу !: | / r≠、ヽ ヘi       自分の特性を理解して
                 // / f¨ヽリ升< !:リ:レ':. .: .}:::ヽ ミ 、      少しでも楽に生きていこうというのがこのスレのテーマです。
            /´レ′!:.:/:rーュ: ´レ: :|/===,:::::`i\
                j;={ j   ヲ、. : .: { ___ ハ:::::::|       なので内容も【発達障害のちょっとした応用で俺TUEEE】
                / ,.冫 厶. ` <勹  |ヽ}.:.:.:|       といった感じの前向きな物です。
                    辷l/  八: ` 、     }ー'.: :.:|
                {  .'  } .: .: .`   .,_ノー,:.: .:|
                ゝ ′ 江三三三テ:仇: : |       でも実際、困ることがとても多いのも確かです。
                      fTi{   : .イ:j小.ヽ: |       だからこそこのスレでは希望をメインに取り扱いました。
                        j |:||.: : /.:{ ! | {.ヘ.!
                   /} !:}}    j  | lヘハ
                   .'.:川 !   :/j: _ { レ:l }
                   .' イ.} リ   :' ¨:jヽ!: : :l |
                     / :j 川:   ;   ;'.: .: .: : l |


13犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 00:54:58.83 ID:uIJqDXfI


                  ノ⌒ <:::: ̄`ヽ⌒ヽ
              /⌒´:::::::::::::::::::::::⌒ーへ:::::i
            . ':::::::::::::::::/::: /.i::::::i:::::::::::::::::ヽ|
              /::::::/:::::::::/ l::::l |:::: ト、:::::ヽ::::::: .
           l::::::/::::::: / .l::::l |:::: | ヽ::::::ト、:: i
           |:::/i:::::::/ _从ハ人:::j_ l:::::リニi::: }へ、
           |X::l:::::::i ===     ===ル'二.|:::リw \       私、発達障害かな?
          /从人: リ           リ::::::レ'  ソ \     職場に発達障害がいるのだが…
            〈 ソノ⌒ 人""         ""/:::/: |⌒ソヾハ 〉    関わりないけど知識として覚えておくわ。
               |:::ト   r‐ァ  __/イ:::::l:::|
               |:::| くて「 ̄「 ̄ _/::::l::::::l::::|           そんな皆様方。
                  从| / Y|_/「「 /⌒j::::: l::::|           どうかしばらくお付き合いください。
                  | | |_/| | /  /|:::::リ:从
                  | | |_/| |l   |ル':イ            最初の投下は、4/4の夜23時~を予定しております。
                  | | |-- | ||   |ル'
                  | | |二 | ||   |              以上、ご挨拶でした。
                  | | | || l| ||__j
                「 | | || l| ||== i
                |___| | || l| ||___|


14名無しさん@シェルター2014/04/04(金) 01:24:40.29 ID:NdJzR9BC
期待

15名無しさん@シェルター2014/04/04(金) 01:36:44.18 ID:DwdB5xJD
期待ー

16名無しさん@シェルター2014/04/04(金) 01:50:30.57 ID:rTvoOvMF
期待待機~

先輩の叱責に耐えきれず辞めちゃったオレの元後輩も、今から思えばコレだったんだろうなぁって思うところがいくつかあるんで
お勉強して自分なりのフォローのやり方を考えられたら良いなーと

17名無しさん@シェルター2014/04/04(金) 02:31:00.61 ID:IK2oRgzO
期待
いろいろと知りたいわ発達障害について

19犬@布団 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 03:47:40.23 ID:QGXeBl29
寝付けずに見てみたらこんなにたくさん…頑張ります。
宣言所に嘘予告を覚えていらした方がいてびっくりです。キャスト全然違うのに。


>>16
フォローの仕方というか、分かりやすい指示の出し方は少し書く予定です。


20名無しさん@シェルター2014/04/04(金) 08:54:36.93 ID:WzBYQYlM
最近ADHDと診断された俺には超タイムリーなスレ
楽しみにしとります

21名無しさん@シェルター2014/04/04(金) 13:37:08.07 ID:yhjtoNDC
ほう……
経験系でこういうスレは気になるな
期待期待

22名無しさん@シェルター2014/04/04(金) 18:02:29.29 ID:88CK6U4C
人間ってほんとに十人十色だよなぁ
俺も他の人にフォローできるような人間になりたい
機体

23犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:01:26.24 ID:uIJqDXfI
それでは投下の方を始めさせていただきます。
と思ったのですが表紙みたいなものを作るのを忘れていましたので後で付け足します。ご了承ください。

中身にばっかり気を使っていたら忘れたよ!
※まとめでは修正しております。
57犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/05(土) 00:08:29.39 ID:gp6vGcFE











            ≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠
            ≦                                      ≧
            ≦    ノイ先生と触りだけ学ぶ広汎性発達障害         ≧
            ≦               (主にアスペルガー症候群)     .≧
            ≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠

                                        レッスン1

                                   【広汎性発達障害とはなんぞや】





.

24犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:01:47.64 ID:uIJqDXfI

              ,r‐f^Y⌒Y‐v、
             _rク .乂/⌒ : `: : .、
         ,rク rク-イ: : :、: : : : : : : \
        乙/: : : : :}: : :.:ト、: \: : : :Yヽ
       ./: :,′:/:_:_:/_:/| :| ヽ斗、: : :|⌒)
     .rzz}ハ: !:|: |: ;_'__}/_ }/ _}__∨ : リ=ァ
       {ニ|レ' |:Ⅳ/!::::::::}    {::::::::}ト、ノ=《
      ハ/}|: 人_{__ゝ- '     ゝ- ' |/: ∨{
       |: : :/     \       .ノ: : ∧.〉             発達障害を触りだけ学ぶスレの
       }: :/  .!    ∧__△ . <=ミ、:.∧
     ノ:./   |    / .〉_{ニ〉ァ |∨  ∨:∧             授業を担当するノイだ。
    〃:/     に二二つレハ「 ノニ}  ./.∨∧
    {: /      ./三\__}ヽ Уニ.人 〈  !ヽ: ゝ _
    У       /、\-z三フ水zイ::::::} Y | ∨: : `: : . 、
__八        〉. __\::::::}ニト、\::〈 / l  ヽ : : : : : : ヽ
三三三≧=====<   / }::/ニノ::l::`}≧=--.|    \: : :ヽ: :}
三三三三三三三ニヽ { Vニ/::::ヽ:::::::::`ヽニ\.    \: :}:(


              >、./ / /    \ \  \ ´`ヽ
.              >' ./ //      ヽ  ヽ.  i   〉
              ∠ / | ,λ λ     入.___ ヽ  lヽ
             / / /l / ! イ--ヽ   ノイ\. ヽlヽ∨ !
.            / /  | |,∧| ,r≠ミハ  ハ|  __ヽ、ヽ .\ ゝ
.          r‐ .. `|/| ノヽ !  !〃んィハ ∨  〃 ̄`| .ハ 〉 \ ヽ
         \ \ .レヽ/ヽ!.∧ 弋うり ,    ⊂∧ /..,.イ\|
       r- 、 .に二(⌒ヽ〈 ノ!⊂⊃ ┌ ^ヽ  //.〉´ 〉
         }_`. { ―‐y{_ ,ハ _.イ.> . __、_ノイへ 〉! />
        />ィ .\ ‐'  .}丿V  ./::/.|`ヽ_/ r- 、〉、ノ.ノ          助手の十六夜です。
       ノ ン`ー八  イイ   /::/ V レヽ∧  Y/,イ
        ̄     |  |>‐、_ ./::/ //|| | /::〈_,.ィ `イ´ ̄`7
              |  |└-7´:::\〈_/レ||_|/:/  /`ーr'、  /
             人_ . イ:::::::::::::::::::: ̄:::::::ト- イ__.リ  ̄
                   >ー 、::::::::::::::::::::::}└┬ ´}
.                   ., '/´   ` ー‐一く _/ /

25犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:02:07.82 ID:uIJqDXfI

                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : : : \: l::ト、}
               //: /: :/\ ヾ  ヾ:| >、\ :从:lヾ\
            〈 〃リ从 __ ヽ    'リ´__.Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:代rヲ`    弋rソ 》: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ; `´  ,     ̄ /: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込   _ _    イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|        誰だよって思ったそこの君。
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |         『BALDR SKY』…まぁ医者だよ。
          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \


          , -┬、   ___  _
        , ゝ  ! `{‐-'  メ、_`ァ\
     , --ゝヽ   レ ヽ    /_//〈
   / r´ヽ/      ̄ ̄ ̄  ` く、
  / /ヾ、/      !    !  !   `ヾ
. / ゝ、--イ,'      | , -+--、     ト、
  ト二´`ヽ|l  l|   |   ハ  |!    / ハ
.  ハ l_`丶l|  ぃ   ハ ,仟示ミハ ,-x'  、 l
 /  └,`丶〉  ヾ、  T'"ヾ マリ  ヽム}  } |
l ',   ゝ ‐ハ    \ { 丶  ¨   リ ハ , ハノ
ヘ ヽ }  │ \  l、ヽ\"""    ` ',レ|ノ '
 ‘,', l ハ ヽ、_| \{ \!ヽ      ´l            (先生、有能なのに知名度低いですからね)
  _z.'-.、! l  / { \ノ  リ.u   ,-ァ /
./    \ /| /`r-  ノ、.     ∧
  ,..-─-、 ヽレ´//     !`>-__/ |
::´::::::::::::::::`:/``l{  ヽノ / /{´___ノ
::::::::::::::::::// \ 〉`   ノハ ,'、    , ヽ___
:::::::::::::::::ヽ/ 、. ! l  、   ノ、、}_、  /---\:::}
::::::::::::::::::::t___ `_ヽ__`_"_/z-、!  , -‐/:::|
::::::::::::::::::::::`ゝ-{: : : : : {: : }: : : : : }ヽ!  ̄/:::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽァ- '´7´ハ‐一´_ノ....、 ゝ::::::::l


26犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:02:22.96 ID:uIJqDXfI

                  _r‐ 、 ,r‐.、
            . .-‐f⌒)<.r=くノ-く}ーァ-、
           /:(⌒ノ/: :l|: : : \: :\_ノ-.、
         / : : r》/: : : : :l{: : : : : : : : : ヽ.ノ
         .′: :.У: : : : : :ハ: : : : : {: :、: : :.ヽ
        .′: : /: : : : : : ′V : : : ハ: :.Y: : :}ハ
        {: :/{: : : : : {: { ̄ ∨ : :{´∨:| : : トハ
        |://:《: : { : : |.ィ≠ミ ヽ: :|ィ.圷、: }: }ヾ}
          /::{: : ト:八: : 《 V:rリ  ヾ.しリj: /: :!
         .{:_::二リ: }: :\ハ       '  〃: :ノ
          /::::/:ノ:{: : :{ヾ{.   -=_ イ: :{´
       ./::/::/ー:八: 从> /´   ∧-.、         気を取り直して、発達障害の話をしていこう。
      /::/}:/}: : :_} : ヽ八ー∨ _  / ∧} }
           /..<:|: : : :V::}::/´ `ヽ/__∨ヽ、
        /{:::::::::::::l: : : : }/     }__ノ   Vヽ      本日は【広汎性発達障害とはなんぞや】だ。
        ./:r|‐-::、:::|: : : :/       ∨   }: : :\
      .′八::::::::V: : :/  { .{.      '.    l|: : : : ハ
      {:八. \: :{: :/   ヽハ     }   .ハ: : : } :}
        V: {ヽ  ヽ/     .ィ}    .′  { V: :|ノ
       Y:|  \ /     / リ    {   |  V八

27犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:02:38.91 ID:uIJqDXfI

                 /: /: |: /:/ |:| }:八: 、:: : :ト、
            ,.ィ}: : : :レ}:/ヽ .l:| .斗ヽ\Y:八/\
           //リ : : l |.ィ芹ミ、`! イ芹ミ、V{ヾ{ 〉/〉
          八/〈八:{: l: 弋しリ    乂ツ |:|: :l〈/∧
           Y/人|ヾ:八    丶    .从: |マハヾ\
           ノ{  .|: ノ込.    , 、   イ}/ : | マハ__
            //lリ   从: ヾ{: >。.    イ_:./ : 八  ̄ヾハ        発達障害が広く認知されない理由に
         {_/ 〈.ー≦: : : : リ: :「{__`_´_彡イ: : : :{: ヽ  }/}
            /ィ : : Yィ〈:::::::::ハ:::ノ: : : : : 八: : \          【目に見える障害ではない】【説明が難しい】等があげられる。
                ハ{=乂: :ハ ノ:/:::l()/ : :_:_彡'| | ≧=-- 、
             /ニニ/::-ヾ:}〈:/}、:/./: :/r〈   .l |     |
            ./二二乙::::}|  }〉 l乂_乂    ! !     /|
           .〉、ニニ〈::_:八  .リ |o| }|.)}   .l |   / 八
           ./_ヽ二八::::リ、/  .lo|_|>< ./ .∨ /     \
         〉z- 、   ∨r人\ .ノ |      \  .〉     /
      ー=≦: リ ∧   ∨ノ∧::>、 l        ヽ/ /    .イ:ゝ._ノ
         /: :/ / ∧/}l ∨乂∨::::`|         ∨   / .|ゝ ̄


         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬        説明できなければ、理解できませんものねー。
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|


28犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:03:17.29 ID:uIJqDXfI

                 r‐ 、__r-.、 
            rノ⌒ノ⌒乙_`Yゝ-、
             r》{> :´: : : : : ヾ<) )
          「∨ : : : : : : : : : : : : ∨)、
            /::7 : : : : : : : : : : : : : : Ⅵ::\
          ///::{ : : : : : : : : : : : : : : : }:|ヾV》
       ヾ《〈/::| : : : : : : : : : : : : :{: : |:ト、/
         7::ハ : : : : : : : : : : : : |: : ト:V:\
       //.}∧: : : : : : : : : : : 八: :| Vハヽ〉            発達障害とは
       ./::/  /::/}: : : : : : : : : : : : : : :{ }:::}    ./⌒ヽ       【生まれつき能力値が偏って生まれてくる】状態全般を指す。
        ̄  〈::/ 八: : : : : : : : : : : : :八_ ̄   ./    .∨
         //: : } : : : : : : : : : : : : :∧ `ヽ .′    ∨     広汎性発達障害・アスペルガー症候群・ADHD・自閉症・LD……
         .// : : ノ: : : : : : : : : : : : /: ∧  ∨      }
          /: : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : \. ∨   {/ l|                         たくさんあるだろう?
     . : : ´: : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : \V  l|  {
   /:/ : : : : : : : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : :ヽ : ヽ  |  |
  .// /: : : : : : : : : : : { : :| : : : : : :}: : : : : : : : }ヽ : V !   |
  〃  .′:/: : : : : : : : : |: 八 : : : : : |: : : : : : : : :Vハ: :∨}  ノ
  {{   l{: : {: : : : : : :{ : :八: : :∨ : : : |: : : }: : : : : :} ∧: }ノ-
     |: : |: : : : : : :| : : : {ヽ : ∨: : ノ: : : |: : : } : 八 }:l|
     人:八: : }:|: : :| : : :ハ. \:ヽ: : : : : 八: : |:/  `.7リ       ぶっちゃけてしまうと。
      ` }V: |: :八 : : : : }   \:\: :/{: : : /    /
        「 }:八 : : ヽ : 从   /:\:V八: : {             医療系国家資格&発達障害当事者の
       { 〃}. \: : :\: :} ./: :/}: } 《V{                     犬侍でも自分の障害以外よく知らない。
       / .{{《   ` ー-Yハ l{: / ノノ  } ヾー
      ./    》      }:ノ八{ /   .ハ             自分の障害も今回のために相当調べた上で
     /   ハ \   /         / .∧                 【説明が難しい】と言わざるを得なかった。
    ./    /    \ 、   /     / ∧


           ___
      _,r‐!7´ー-v―-、 `゙'  、
     r'「>-'、-─'-<こ`ヽ,__   ヽ.
   ,r'ア´        ´ `ヽ|/`ヽ   ':,
   く7  / /  ,!   ,! /!  ノ`ヽ/´!   i
    | ,' |メ、ハ  /レ'__,!イ ,  ∨]   |
   ノイ ハァ'7'i' ∨ '´!ハ`ヽ/| ハ Y   |
   '´ | /!〈 !ソ    し' ノ' |/|`ヽ\  ',
     レ' 7"  _'__    ´,.,.!メ|),ハ ̄   '.、
    八!ヘ.  |/´ `ヽ u ノメハ/ |  ,ハ i         当事者ですら説明できないのではより大変ですね…
   ,:'   〈メ\ 、  _.ノ  /メノン-‐ァ-‐' 、レ'
   〈rヘ )メソ/ `>‐-r   /iイ/´_ン´:::::::::::::ヽ.          誰にどう理解してもらえば良いのやら…
    [ンく_]/r‐'7,ハ,/ ,レ'__/:::::::::::::::::::::::;ハ
    __ |/::Yー/:::/[ハ、 [_ンく_]::::::::::::::::::::::::::::_ノ
  /´ ト、:::| /::く  八> / | /ト、::::::::::_;r'´:::::::::\_


29犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:03:36.62 ID:uIJqDXfI

              ,r‐f^Y⌒Y‐v、
             _rク .乂/⌒ : `: : .、
         ,rク rク-イ: : :、: : : : : : : \
        乙/: : : : :}: : :.:ト、: \: : : :Yヽ
       ./: :,′:/:_:_:/_:/| :| ヽ斗、: : :|⌒)         その上、その手の専門書を読んでも
     .rzz}ハ: !:|: |: ;_'__}/_ }/ _}__∨ : リ=ァ
       {ニ|レ' |:Ⅳ/!::::::::}    {::::::::}ト、ノ=《          納得できない事がしばしばあったりする。
      ハ/}|: 人_{__ゝ- '     ゝ- ' |/: ∨{
       |: : :/     \     . u.ノ: : ∧.〉         【おっちょこちょいだよ!】【外科医とかオススメ!】
       }: :/  .!    ∧__△ . <=ミ、:.∧            と書いてあった本には目を疑った。
     ノ:./   |    / .〉_{ニ〉ァ |∨  ∨:∧
    〃:/     に二二つレハ「 ノニ}  ./.∨∧            専門書でコレだからなー。
    {: /      ./三\__}ヽ Уニ.人 〈  !ヽ: ゝ _ 
    У       /、\-z三フ水zイ::::::} Y | ∨: : `: : . 、
__八        〉. __\::::::}ニト、\::〈 / l  ヽ : : : : : : ヽ
三三三≧=====<   / }::/ニノ::l::`}≧=--.|    \: : :ヽ: :}
三三三三三三三ニヽ { Vニ/::::ヽ:::::::::`ヽニ\.    \: :}:(


                          ,<`⌒∧ ̄`イ`ーz、
                      ,.rく /´ヽ  ,.イ   / 7 `Z
                    ム /: : : : : `y : : `ヽ  </`、
                       ,.ク´ ; : : ; : ://: : : : : : ゝ―x´⌒ヽ
                    // /: : : :ム-、,イ : : / ; : , : : : :.∧Zオノ
                    , 'イ イ: ; : ´/  /l: : ,.イ イ.; : : : : : : ∧z 〉
                ,.イイ: : !: l.: ,仡心. l: / レ'7ト 、 : : : : : :}、〈
                  ´ ./ : ;リ |/ i乂ノ l,'  l__', : ヽ: : : : .! ノ
                / イ : : !    ,  f不て刈 : : : : : !´
                 ´ } : : ;∧  r 、   弋少' ハ: : : : : : !
                  , r ´⌒{:`v: } l;\ ゝ '     /: : ; : : : .∧
             ,r ´   x―'ゝ_ソ了^7>―七禾{入: ノ: :,リ⌒ヾ、       なので【触りだけ学ぶスレ】になったのですね。
               {    _ゝ久ヽ.|  {   /  ',∧ ∨ノ '
            ゝ ,.x´: : ノ .´ |  レ ´   ./ ` }: :{ ̄ `ヽ
               `ヽ,イイ: :/.:.:,r――又ヽ、 ./:.:.:.:,{乂}    ハ
            /  〉リ.:.:/  /  ヘ ヾ/.:.:.:.く/ヾゝ   l
              〈__,{.:.:.:.:.:ゝ,イ   .| |  l.:.:.:.:.:{ {: : :ヽ    ,′
             /  ',.:.:.:.:.:/八     ,| ト、ノ.:.:.:.:. ', ヾ : :.}   /
               '´テ`Y、 ,//.:.:.:ヽイ´ | |:.:.:.:.:.:.:.:.:l );_ノヽ ´
   ,   ̄>、/  / /  ヾ/.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:l l.:.:.:.:.:.:.:.:ノ― 、/


30犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:03:56.24 ID:uIJqDXfI

          |: : {  {に/: : : :/: : : : : リ }:|  Ⅵ: |: : : :}ハ
          |: : 乂 |7/: : : :/: : : :./:/  |:| 斗 Yl: : : :|ヽ:}
          |: : : : }l/ : : : /{: : : :/斗- リ  .ィ:rミ|: : : :|
          |: : : /レ: : : :/: |: : :/ .ィz /  h:| ハ}: :.八
          |i : 〈/|」: : /: : |: :/.ィ:芹}    .匕 ! j: /{
          |l : : : :|: :./ : {人:{/{しr'j       ' .|:〃人
          |l : : : :| /: : 人:.八.ゞ゜´    _  人: :) : ≧=-         うむ。
          |l : : : 八: : {:ヽ≧=、=-   マ. '/}: /l : : \
           .八: : / : {: /: : :`ヽ: }、≧=--<〈z/z、:.| : : : : \        中でも【広汎性発達障害(アスペ寄り)の内容となっている。】
        /: : :Y:{: : :レ': : : : : ハ|ニニl}{ー‐z ヾ三リ、: : : : : : : ヽ
       /: : : : : レ: : :/: : : :{: : : ハニニハ三〈  ∨ハ>..,:_: : : ':,      基本的にアスペルガーについてだと思ってくれて構わない。
     /: : : : : : : : : /: : : :>: : {ノニニ}⌒) ̄丶 }ニニ〉::::::::::Y: : : :
     ,′: : : : : : : :/: : : : :/:::{⌒ヾ(/リ__  o  ∨ハニ{::::::::::::::ト、: : :}
     {: : : : : : : : :/ : : : ィ{::::::Vニニニ} ̄ ̄.    'ノ三X:::::::::::!:::\:!
     |: : : : : : : : :{,<:::::::\::::`ヽニ.ヽz、 ', o   Y=〈:::∨::::ノ:::::::::\
     |: : : : : : :/:::_:::::::::::::::::::ヽ:::::}/三.〉、}    /三ハ:::::Y<:::::::::::::::ヽ
     人 : : : /:::::::: ̄::`ヽ::::::::::}:::::⌒)/三>=<三/:::::八:}: :>:、::::::::〉
      ヽ: /::::::::::::::::::::::::::::}:::::::ノ:::::::::::`:<三三/ハイ::::::::/: : :|: /::::::::::::/
       `∨::::::::::::::::::::::::::|´: :\:::::::::::::::::/ニ//=}\::::イ: : : |/:::::::::::::/


              _r┐ー、__、
            z_厂ヾ>ー <ノ`ー、
         r厶ゝ ´      ` く`ー、
       厂ヽ/    /        く ゝ、
       廴,/     .! !          ヾヘ
        7z,/   _|_|_| | 、   |__ i    Vヘ、
      .└ノ   .´|l ハ l、ヽ |_l l` 、_   ヾ´
        //  !. i |レl‐ヽト、、V レi/ ヽ } .| \
      .//  | ヽl ー''"` )i/` ̄l゙ノ/ .j .八 ヾ、
     /| / 八ヽ ヾ、    :   ノ!/j ,/ノ-、ヽ\        細かい事まで責任は持てません。
   ー ' .//.イ  ヽ) ()j、   - 一 .イl'() /イヽ ヾ(ヽ
     ./ レ' !/ ! jハ(.| i> . _ イ.iレj)(ハ! lヾ!  j!         なんとなく知っていただくだけで違いますのでざっくり方針。
      / .lハト从()从r┴ v┴、ハ()ノレ /′_
      _    {::X::}/  /∧  {::X::}  /ハ            知ってもらうのが第一ということですね。
      ハ `ヽーr(ハ)入//i从 ,(ハ)j丁, 〈_L
        j {zー ミヽl//!   /l:l:l ヾ´  |/|/ _}V
      .V | __ ヽ!//!_  {l从! l:! )) _|/|ノ´(´ i          では、授業に戻りましょう。
      / .`!` ー.}////≧Vレ。l!≦///∨ /   \
     .く   ヽz_ 从//////|////////i{_ノ /  ノ
      ヽv--=ヾl////////!o///////}rー― i'、
      V    j////////|////////ハ, ---r.j
       | ̄ ̄.ハ///////io/////// i    l
       l   l  V//////!///////  l    l
       |    |   }//////!。////八  .!   .!

31犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:04:19.97 ID:uIJqDXfI


         ┌───────────────────────────┐
         │                                       .│
         │ 発達障害(生まれつき能力が偏っている)             .│
         │  │                                   ...│
         │  ├広汎性発達障害   .←コレ (特徴が分類できない)   ..│
         │  │   └アスペルガー症候群 ←コレ (これからやる)   ..│
         │  ├ADHD                               ..│
         │  ├自閉症                                │
         │  ├LD                                 ...│
         │  .・                                    .│
         │  .・                                    .│
         │  .・                                    .│
         └───────────────────────────┘

                  _r‐ 、 ,r‐.、
            . .-‐f⌒)<.r=くノ-く}ーァ-、
           /:(⌒ノ/: :l|: : : \: :\_ノ-.、
         / : : r》/: : : : :l{: : : : : : : : : ヽ.ノ
         .′: :.У: : : : : :ハ: : : : : {: :、: : :.ヽ
        .′: : /: : : : : : ′V : : : ハ: :.Y: : :}ハ
        {: :/{: : : : : {: { ̄ ∨ : :{´∨:| : : トハ
        |://:《: : { : : |.ィ≠ミ ヽ: :|ィ.圷、: }: }ヾ}
          /::{: : ト:八: : 《 V:rリ  ヾ.しリj: /: :!        上記のような理由で犬侍は
         .{:_::二リ: }: :\ハ       '  〃: :ノ        分類が出来ないから広汎性発達障害。
          /::::/:ノ:{: : :{ヾ{.   -=_ イ: :{´
       ./::/::/ー:八: 从> /´   ∧-.、         しかしおおよそアスペルガー症候群なので
      /::/}:/}: : :_} : ヽ八ー∨ _  / ∧} }         内容がアスペルガーについてというわけだ。
           /..<:|: : : :V::}::/´ `ヽ/__∨ヽ、
        /{:::::::::::::l: : : : }/     }__ノ   Vヽ      アスペルガー症候群は広汎性発達障害の中の一つだぞ。
        ./:r|‐-::、:::|: : : :/       ∨   }: : :\
      .′八::::::::V: : :/  { .{.      '.    l|: : : : ハ
      {:八. \: :{: :/   ヽハ     }   .ハ: : : } :}
        V: {ヽ  ヽ/     .ィ}    .′  { V: :|ノ
       Y:|  \ /     / リ    {   |  V八


              __   _,. -──-
             __>、 {廴ノ ̄\  _    `丶
          r'⌒\ \,.. --ミ ⌒} } 〉    \\__
          く\   /      \ノ /〈_      ー─''⌒
.          >─ ´          ` <_ノ        ',
             ′       \     ⌒__     i
.            |│  :/ \__  ー=ニ__ /      |i
.          ノ│  :l  ´| \ト---┬┬=彡       八
.          /|│ 八  :|  ,ィ笊テ││り     |   :|
          八{ヽ(\{\|   Vツ /∨`\  ,} l{ ハ|
.              ノ )   ' ' '厶イ }  ノ/\八{         それと、上の図は他がどんな分類に
              / / `丶 。  {ノ / r‐┐_         なっているのかわからなかったので
              {/ / / _>-イ{_く_,/ノ⌒´\(
                {/{/ /}こ{_}く/ }    〈^}       【あくまで参考程度】に考えてくださいね。
                 ノ{/{_>{}<_}_丿     ∨
                {>{}<}::/::/ ∨ }      \       今日はなんとなく知って帰りましょう。
                {ノ:::::|::::::{i  }_ノ         〉
                 /:::/::::|__/::\( く(__,.  -┬‐ ′
.               {::::{::::::::::::::::::::::::\_l |O   |


32犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:04:50.41 ID:uIJqDXfI


    ~広汎性発達障害とはなんぞや?~

                  _ r‐.、 r―v、
                __乂乙..ィ´ヽ⌒ヾ<⌒)
               { /: : : : |: : : : : : : :\乙
                 rク: : : :/:ハ: |ヽ: : : : : : :∨
                 /: /: |: /:/ |:| }:八: 、:: : :ト、
            ,.ィ}: : : :レ}:/ヽ .l:| .斗ヽ\Y:八/\
           //リ : : l |.ィ芹ミ、`! イ芹ミ、V{ヾ{ 〉/〉          何度か言ったが
          八/〈八:{: l: 弋しリ    乂ツ |:|: :l〈/∧          【生まれつき能力値が偏っている】
           Y/人|ヾ:八    丶    .从: |マハヾ\
           ノ{  .|: ノ込.    , 、   イ}/ : | マハ__
            //lリ   从: ヾ{: >。.    イ_:./ : 八  ̄ヾハ        パワプロでミート&走力特化の1番バッターを。
         {_/ 〈.ー≦: : : : リ: :「{__`_´_彡イ: : : :{: ヽ  }/}        世界樹でPTを守る守備特化の盾役を。
            /ィ : : Yィ〈:::::::::ハ:::ノ: : : : : 八: : \         マリカーでスピード重視の操縦が難しいマシンを。
                ハ{=乂: :ハ ノ:/:::l()/ : :_:_彡'| | ≧=-- 、
             /ニニ/::-ヾ:}〈:/}、:/./: :/r〈   .l |     |       ああいう特化状態で生まれてくるのが広汎性発達障害だ。
            ./二二乙::::}|  }〉 l乂_乂    ! !     /|
           .〉、ニニ〈::_:八  .リ |o| }|.)}   .l |   / 八
           ./_ヽ二八::::リ、/  .lo|_|>< ./ .∨ /     \
         〉z- 、   ∨r人\ .ノ |      \  .〉     /


              /  レ'    /  . i!    ∨)
                 / // ,.∠... //人 ヽヽ ∨}
           /, ', ' . ' ,.ィ1rrテぐノ´ __ ヽ l i ハ!
           f´ / / / , '(Y)| i匕ノ   ,lヒ'K } l l !リ
          レ' !/ // (Y)∧""  ' ´~ /从 li |      少し複雑ですが【能力が偏るのは広汎性発達障害】の話です。
            lイ从ハ(Y) |\ -  . イY) l|ハ!
            レ'>'リく (Y) 「\` 「リ _ル(Y)ハ        他の発達障害では能力が偏ることもあれば。
           {`/ /_ )(Y).ノ  〉^く ∨(Y)1 i.       特定の能力が低いだけの場合もあります。
          / 〈`ヽ( (Y)\ /`ーヘ ∨Y)〉 ノ
         /   ∨{こXこ}`ヽ.`「 「 ハ ハXこ}
         Ⅴ``  〉 / 〉   `|_||_|/  \ \       発達障害=生まれつき能力値が健常者と違う。
             ∨⌒∨∨X{  _ri_.  Y      .! /      広汎性=能力値が偏っている。(このスレで扱う物)
          く|  i! | i|⌒id´  ム'.      ノ /
       /´二二二二二二二二二\   ノ く
        乂 ___∩ // 7____.ノ  {_.ノ
           |   /  //,. -──- 、 〉 |
           ゝ._乂.. イ<. -── - 、\ノ
        ,. --'´ //⌒/´           ヽ. \

33犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:05:09.09 ID:uIJqDXfI

            rク乙厂f´ヽー,r.、
          rクゝ<´:\¨:¨ヽ、乂__
         rく/: : : : ;| : : \ : : \Y、
            Y:/,':/ : / |:ト、:ヽ:.ヽ: :、:.ヽj
        /〃:.{_{ノ/ .|:{ \:.| 〉、: : iト、
       \レ!小l●  ヾ ● 从: :〉 :| 》
           ノ:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:./: :.レ'       特にパワプロやRPGのキャラが近いかな。
        /⌒Y从ヘ   ゝ._)   j:./⌒i:.!
      \ rク:/\>,、 __, イァ:r'rfY八       適正は成長しても変わらず、苦手な部分はほとんど変わらない。
.        .,rク:/   Y::r' }:r';:{ {ヘ:{¨¨/: : \
        (:`Y    .|:::〉-乂:レヾ  /: : : : : \



  ト、        V∧                             , イ         ./ ./
  | \       V∧                          / ./       ./ ./
  ..\ \       V∧_                            ト.、/      / ./
    \ ゝ/   ヾ::::::/          _ __             / /    ノ\/
     }/::\   V∧       ,ィ≦ -、_,r-、≧、  イ     ヾ    / /
       \:::>   ¨      /r'  ,、,、_人__ゝ }、/ |         ヽ/
                   /r' .// | ハ \ \ { i|          , .イ
      ト、              </ /  i| .八 } ハ|./           / /
     .八 \           /{ / {八ノ /}.ハノ | 八       ト/ /
        \ \,ィ         .{ 八 ,〈 芯l/  芯〉 〈/ ハ    __./ヽー'    白魔道師の耐久力がLV上がっても
            > .::\        r⌒ヾ.ト、 _'_ ィ ./≧-,   _{、 ゞ<       なかなか伸びないのと一緒ですね。
          ̄ \:::>     ( {    ̄ 辷チ〈/〉>'へー‐'っ'  ̄
                       (ハ   , -=|/ト>}::}   _ ー`ー 、           成長の方向性が決まってしまっているわけですか。
               _      ヾ、_{ / ̄´  八ン=´| ̄ ̄ ̄__
  ヽー= .r.、__        八 >、      |::\   /-、,ィ   ,ィ ,≦---,    _ _ニ=--,
    `=-ト、_ノ    、―‐=ク__,、   |:::::::>'   .//    {  ヾ _r≦    f }=≦ ̄
               ヾー}人::ノ __}/   ., イ:::{__   ̄                 【苦手は克服が難しい】と。
                    / ._l/  ., .<  ̄ 八__ \
                〈 /ヾ ノ}<  ̄ ̄  ハ    /
        _ へ        _}/   /  \     .ト、 {   {      ,≠_
   ニ=-'`三三} .}       /ィ , ./:}__/:> .ハ   `ヽ\=≦_     {_ {三ニ{ー-ニ__
/   _ニ=ソ¨  `´    /l::} } |/:::/イ  .|,ヘ}/   ¨ |\ {::::ハ       ̄¨ヾニ _  ≧ 、
 ̄ ̄           / 、ノ=≦:::r'      il | |       i|:::::≧.{人\             ̄ ̄
           , -=≦:::::::::::r'      _.`|´     八::::::::::::::::: ̄≧=-、
          /:::::::::::::::::::_ノ    ./  }:::ヽ_r.、_     \::::::::::::::::::::::::::::::}_


34犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:05:38.08 ID:uIJqDXfI

                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、
              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}
               //: /: :/ィ≠ ヾ   ヾ.=\ミ\ :从:lヾ\
            〈 〃リ从        リ   `Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l 、__,       、 __, }: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ; '  ,      ̄ ./: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込.   ,. 、   イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|         生まれつきの障害だと言われているが
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|         大人になるまで発覚しないケースも多い。
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |         まず発達障害が認知されていないのでね。
          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \


                 r‐ 、__r-.、 
            rノ⌒ノ⌒乙_`Yゝ-、
             r》{> :´: : : : : ヾ<) )
          「∨ : : : : : : : : : : : : ∨)、
            /::7 : : : : : : : : : : : : : : Ⅵ::\
          ///::{ : : : : : : : : : : : : : : : }:|ヾV》
       ヾ《〈/::| : : : : : : : : : : : : :{: : |:ト、/
         7::ハ : : : : : : : : : : : : |: : ト:V:\
       //.}∧: : : : : : : : : : : 八: :| Vハヽ〉       そして偏って生まれてくると
       ./::/  /::/}: : : : : : : : : : : : : : :{ }:::} 
        ̄  〈::/ 八: : : : : : : : : : : : :八_ ̄        【普通なら出来るのに出来ない事態】が発生する。
         //: : } : : : : : : : : : : : : :∧ `ヽ 
         .// : : ノ: : : : : : : : : : : : /: ∧  ∨ 
          /: : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : \. ∨     犬侍で言えば車の運転が出来ない。
     . : : ´: : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : \V     発達障害が判明する前に泣きながら免許は取った。
   /:/ : : : : : : : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : :ヽ : ヽ 
  .// /: : : : : : : : : : : { : :| : : : : : :}: : : : : : : : }ヽ : V
  〃  .′:/: : : : : : : : : |: 八 : : : : : |: : : : : : : : :Vハ: :∨
  {{   l{: : {: : : : : : :{ : :八: : :∨ : : : |: : : }: : : : : :} ∧: }
     |: : |: : : : : : :| : : : {ヽ : ∨: : ノ: : : |: : : } : 八 }:l|


            r- 、-, ‐- 、_
        ,. ,べ´  ∨   |/ ̄ヽ-、
        / 「ヽ >''"´ ̄ ̄`ヽ/_/´|、
      /   ノ-/   /       `ヽ ヘ
     ,'   .| 7   .,' /メ、/|   ,|    Y}
      |   |/    | ,ァー=、| / |  ,ハ.  ||
      |   / /   |./  /´! レ'  |/-|  八
     |  ' ̄/    八 弋リ    ァ!'T| イ「`       仕事とかでは様々な能力をフル活用する場面も多く。
     |   ∠.,_,. イ},., `     , lリ ハ|∨'
      ;  /   {Y}| .u       ゙|Y             何かが欠けているだけで効率が
     / イ    }X{ト、     ‐    ハ             ガクンと下がることも多のですものね。
     ,' /| ./   {Y}|   、     , ィ|  }     rt
     レ  ヽ|   /∨ハ、   `lァ7´|}Y{ /    r' ´ ̄`ヽ     (  )
       r'"´[ ̄\Kこ{ヽrムイ  {X}./     |´ ̄ ̄'|    ( )
      , '"´ ̄`ヽ / Tヽに>く{ヽ}Y{!       | 塩  | r======r┐
     /      ∨ } \/ハ\}ムに}    |     | 、__ノ‐'
   /       ヽ| /ト-く__」-┘∨、  ヽ二二二二二二二二ン
  .{  Red Magic Y} /:::::::::::l::}:::::::ハ ヽ      {  '´  /
   ゝ   _,. --= 、  ,ハ/::::::::::::::り::::::::::} }    ,'    ./
   く ,-──-、 Y、:::::::::::::::::::::::::::::::イにlヽ.  /    ,'


35犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:05:52.05 ID:uIJqDXfI

                           _  _
                      r-v⌒〈,r<=乙.ヽ__
                      .ノ≦⌒:ー/:八´:`ヽ`Y.ヽ
                       / /: : : : :/!: : : ヽ : : ∨ Y:,
                   /:イ: : : /}/-!: ト、 : | : : |ハノ:_ハ
                     {:ハ : /__{.__ Ⅵ _ヾ{ヾ:.}: ハト、ミ>、
                     |′.〉:{ !:::::|  ヾ. |:::::::}/イi: ト、V}/
                     ハ! ゝ '    .ゝ-' |: :}: |: ∨{___
                  { 込        八リ:八: {ヾ二ヾ
                  ヾ{ヾ{> . __ . <}.イ:/: : : :| ヾ{      生まれつき成長に制限がある・・・
                  /:.V=r仁>':|「:::::{Y: :イ__: : :八
                  ノf'/二|::{Y::/ |:::八}´ .| \ : : ヽ        面倒だろうなぁ。
                「 ´ | ヾニハ::V´ レ´`/  |  ‘ < :}
             ___ ハ .|  .VニY\_ . イ}-<     . ィ ` .
      .  ´     ./  } \ }ニ=フ/ト、:_r〈  / ̄ ̄     .〉
    / 、     .ィzz<八 ./´.〉二〉'〉|ニニ八./       _. .イ
    ./ {   \  イ//////`<_/-イ::/{ノ二二/     /三リ : : ゝ.
   〈  ヽ  r{ ///ィ=<////∧`ヾ仁:ハ!二ニ\   ./三/: : : : : : :`ヽ
    .∨     V//ハ////Y////ハ_:_::\八二二{ `ー'{三ハ: : : : : : : : :}
    }-----.///l{/////lト、/////}_:::::`::´::}、二l|    |三}: :\ : : : : : : |
        ////l|/////.ハ/ヽ///ハ::_::::_::ノ::Y八   | ̄: : : : ヽ: : : : :リ
        .////Ⅵ//////l}///\//}::::::::::::::::::}二}   .l、: : : : : : :} : : : l{
       ////// |//////l≧=---`Y::::::::::::::::リニノ   | \: : : : :|: : : :八


                    r‐┐__r‐-ミ
                  /{_ノ  |__⊥....ノ`¨7⌒\
                /⌒>、_> '"        `丶、 /
               /`'く,/             〈/^\_
                {   /                   ',__,ノ |
                 `¨7                 ' \ |
                 /                  }/│
.             _彡                  厶 │
.             ⌒¨7¨´           /     {八  |
.              ,:′             /        ‘、. \|        (先生、遺伝子操作で生まれた永遠のロリ(現在40代)ですものね。)
          /  /|          /    .l  |\\
.         ___⌒¨´/{__|   :|      / ./   |  l:  \}
.        /   `'ー〈 ` 〉  /|    /   ∧  ∧  |/|  __
       /     _厶__/∧/=|  /|  /─', /く \|ー┴'"     ,
.      /      {   //二二|/二|/ニニニ∨ニ} `¨7  /   ′


36犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:06:23.09 ID:uIJqDXfI

                    _      l  /
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、 ′/
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、
              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ/⌒ヽ    /⌒ヽ心:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l.乂_.ノ   乂_.ノ〃: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;.    ,       ./: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込.  r―┐ .uイ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> .!____j  .ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|       っとすまない。
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{       少々考え事をしてしまったようだ。
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |
          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \


       廴,/     .! !          ヾヘ
        7z,/   _|_|_| | 、   |__ i    Vヘ、
      .└ノ   .´|l ハ l、ヽ |_l l` 、_   ヾ´
        //  !. i |レl‐ヽト、、V レi/ ヽ } .| \
      .//  | ヽl ー''"` )i/` ̄l゙ノ/ .j .八 ヾ、
     /| / 八ヽ ヾ、    :   ノ!/j ,/ノ-、ヽ\
   ー ' .//.イ  ヽ) ()j、   - 一 .イl'() /イヽ ヾ(ヽ
     ./ レ' !/ ! jハ(.| i> . _ イ.iレj)(ハ! lヾ!  j!
      / .lハト从()从r┴ v┴、ハ()ノレ /′_       いえ、本日はここで終わりですのでお気にせず。
      _    {::X::}/  /∧  {::X::}  /ハ
      ハ `ヽーr(ハ)入//i从 ,(ハ)j丁, 〈_L
        j {zー ミヽl//!   /l:l:l ヾ´  |/|/ _}V
      .V | __ ヽ!//!_  {l从! l:! )) _|/|ノ´(´ i
      / .`!` ー.}////≧Vレ。l!≦///∨ /   \
     .く   ヽz_ 从//////|////////i{_ノ /  ノ
      ヽv--=ヾl////////!o///////}rー― i'、
      V    j////////|////////ハ, ---r.j
       | ̄ ̄.ハ///////io/////// i    l
       l   l  V//////!///////  l    l

37犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:06:33.82 ID:uIJqDXfI

              r<}_/乃_
         _.r《乂.Vハ 人:`: : 、
        /:/: : : : : \}乙: : : : ヽ
       ./: ′、:_: : : : :.ヽ:.、 : : : :ハ
      /:/:{ :≦、: : }: : : : ヽ\: : : :}
        {/{八:.{¨}心、!: : : : : :》_》: : :.|
       | .|:ノヾ   }: : : : : /《≧=-!、
       人ヽ._ ,   八: : : 〈: : ヾ\:|ハ
          _Yハ  /イ}: :}: 八_: : :\ハリ
       ./´   }千/:ノ:≧=-: : : : :{リ          もうそんな時間か。次回は 
      /   /´ `7: : {: : : : : : : 八
     ./  ./    ./: : :l|: : : : : : : : : ヽ         発達障害者(主にアスペルガー)には
     ′ /     /: : : :l|: : : ヽ: : : : : : :\        【どんな特徴があるのか】をやっていこう。
     .′ /    / : : : 八: : : : :.\: : : : : : `: :.、
    .′./    .′ : {: : : :\ : : : : ヽ: : : : :\ : \
    .′/     .{: : : :.|: : : : : :\: : : : :Y: : : : : Vハ: ヽ
   .′.′    .ハ: : : l: : : : : : : :.ヽ:}: : }: : : : : : }.ノ: : }
   { {     /  }: : :.ト、: : : : : : : : :V: :|: : : : : :/: : :イ
  .八      ./ }  |: : :.|: :\: : : : : : : }:.ノ: : : : : : : /
    ヽ __ イ.ノ|  |: : ハ: : : : : : : : : 〃: : : : : : : :l{
          {  .八/  ∨: }: : : : : /: : : : : : : : :八
        _ハ_ イ/   }: 八 : : : (: : : : : :{: /ヾハ≧=-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄


38犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:06:45.54 ID:uIJqDXfI

                    _┌-t´7ソ7ゝ、
                  z-tXニf--´>- 、フ八
                 ゞィ /  ` ̄ ´    \>-<ヽ
                 }> ´           ムf- }_ヽ
             __ イ /    i   i i  i    ハ=〈 ハ
                ̄ 7 / i|∧ /i A i  i   ハrソ ヽ __
                 i  i i iィム∨ リrチム  i  リ}-〈 i-ー ´
                 i ィリレハラテ   弋ソ  /ソ从.fツii
                 i/i i ハ ゞ ,   /イ /i/リ / 从|
                  リ ハ ハ   。  //〈Y〉レ-、        それでは少し纏めておきましょう。
    ∈ 三 ∋         レi〈Y〉 ≧  -ィ/ソ`〈Y〉 ハ
   r=ト==red=イi         〈Y〉リィ--t  /_ 〈Y〉   ハ        先生のサポートをするのが私の務め。
   {{ .i     |         〈Y〉´} ヽ=≠´ }〈Y〉     〉
  >人________人ー 、      〈Y〉 /ソ-〈 __ソ::〈Y〉-- 、/
 ゝニニニニ二ニニニ丿     }>=<{ん|::/ |:::::::::}>=<{--v〈{
    ヽ --ー- 、 ヽ       |ノゝイ:::{rz|::::::::::::|ノ /:::::::|
           ヽ  \  /  /λ:::::::::::::::::/  /::::::::i
            丶  -  /   ゝ:::::::::::/  /-:::::::fz
              `   ´      |::::::::/  /::::::::::::::::ヽ
                       〉:::/  /-ー:::::::::::::::>
                       ゝ/  /:::::::::::::::::::/ ト、
                ____rソミ/  /ー----<ィ´:::::::::ヽ


39犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:06:58.81 ID:uIJqDXfI



            ┌──────────────────────┐
            │・発達障害が何かを知っている人は少ない。     .│
            │・発達障害は説明が難しい。               .│
            │                                │
            │・発達障害は生まれつき能力値が偏っている。   ...│
            │・苦手分野の克服は難しい。               .│
            └──────────────────────┘


           }>  ---ラー --    、>ヘ,
        /X´/    {        \」ヽ
       /  ヽ/      ハ         ヽ´ヘ
       >ヘ/ /     | i   ヘ       ハ/__>
      r´ / /  /   |_ i    ヘ    ハ  ヽ_{
      {>´/ /  /  ii | ヽ  i  \   }  ト \_
    /く_/  i i { ム从i   \{\≧\i  i ハ>┬ ´
.       i  / 人 ヘ<{∧ラハ    仆テ∧>} ィ  i┘ハ
      ノ ノイ  ヽリ 弋_ソ    弋_ソ レ从iリ  ハ
      {/ノ\{\ ム      '      ハ /レ i iム
      ノイ ヘ >ハ           〈 Y 〉 イ /i リ       こんな所ですね。
        人i> ´ノ/ノ、   ゚    /< Y 〉 イ ∧{
        / イ//〈 >   __  イ  〈 Y 〉リi/         本日は発達障害という大きな括りでの授業になりました。
   _ -  ´  ´ <〈 Y 〉 /i      ト从〈 Y 〉/{
 /        ソ〈 Y 〉   リ、   /   〈 Y 〉 {--t         次回は細分化してアスペルガー寄りの話になります。
/       ノf--イ}>=<{__ \__/  }>=<{ 〉 ヽ
|    r - ´/  ム{ |ノ } ̄ ーt┼r ´  ̄ |_ノ 「{   丶
.    i  /   7  /: : |:::::::::::::}:::::{ :::::::::{: : | └t   ハ
    i/    }丶/: : : Y:::::::::/i-i丶:::::::::i: : ヘ/ {    ゝ
    i     r┘y: : : : :i:::::::/:::i: :i::::\::/: : : ハ 」    ´\
    i     ヘ /: : : : /└´::::/: : i::::::::\: : : :ハ/       〉
    i     λ: : : /::::::::::::/: : : :i:::::::::::丶: : : :}      /


40犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:07:14.71 ID:uIJqDXfI

                    -- --
                       /      \
                    /  _n_n_n_n_ ‘,
                     | rく>‐⇔‐<〉┐|
                  _ | [/   ハ   \].| _
               (  彡'  -‐ /\‐-  \   )
               ( ̄∠,彡 ━   ━ (\(^ ̄)
                ( ̄ ⌒Yl〕  ー  〔i(Y⌒  ̄)           また次回お会いしましょう。
             /\ー (Y)} /i\ { (Y)⌒Y´\
                 {   ( ̄_(Y)_' /lハ  _(Y)_⌒)   }
             \__〕レハ勹〈人j レハ勹〔_/゚  ,
          ,。 '´   /  X二二二二二X   ゚:.,_   `'  .,
     _ _,.。 ゚  ,.。 ' ´  / / / ′i{ ゚。 ヽ\__   ゜' -  ,_ `ー…‐┐
    (_ノ^',_,ノ,。 '"    厂/    ' /  }      Vヽ        `ァ⌒⌒ヾ
  /:_:_:_}: : : :\_ __,ノ[ {               ヽ} ]\_ _,/: : : {i: : : |
  └^ー)}: : : : \:_:_:_:_;ノ[ {/             } ]: : : : : : /: :/⌒>┬)
    ⌒)ヽ: : :\: : : : : [ {             \} ]: : :_:_/: : :/ /´ ⌒´
       ] }: : : : :\:_:_:_[_^ヽ  /       \   ノ ノ: : : : :/ : { [
     ⌒)}i : : : : : : : : : ⌒ヽ\______/_(⌒:_:_:/: : _:/(⌒
      ⌒)}i_:_: : : : : : : : : : ∨こ^こ^こ^こ^こ∨: : : : : : : : /(⌒
        ⌒ヽ\:_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /ヽ/
          ⌒ヽ\:_:_:_;ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \_:_/(⌒       レッスン1
             ⌒ヽ/⌒ヽ:_:_: : : : : : : : : :_:_:_:_/(⌒´
                 ⌒⌒⌒( \:_:_:_:_/[ (⌒⌒             【広汎性発達障害とはなんぞや】
                         }⌒⌒⌒'⌒⌒!
                   /  ヽ  ノ、 ,ノ{                                おしまい。
                     /    /}   :
                   ′    / ;    !
                    ;    /     |
                      .    /  !    !



41犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/04(金) 23:10:35.94 ID:uIJqDXfI
少々短いと感じるかもしれませんが、シンプルにコンパクトにわかりやすくと突き詰めていった結果です。
この簡単そうな導入で8回は見直しているといえばどれほど厄介な題材かおわかりいただけるでしょうか…

次は2日後くらいに深めに突っ込んだ話を投下します。
たぶん次回とその次が皆さんの一番知りたい話になると思います。

ということで導入の1回目でした。

42宣伝用AA募集中・トップをまた書き換えました@シェルター2014/04/04(金) 23:10:57.43 ID:DwdB5xJD

難しいんですね判別するのも

43宣伝用AA募集中・トップをまた書き換えました@シェルター2014/04/04(金) 23:13:39.60 ID:ttp0Kv6y


昔の友達もアスペルガーがいたけど特にわからなかったなあ…

45宣伝用AA募集中・トップをまた書き換えました@シェルター2014/04/04(金) 23:17:39.70 ID:9IXEy2Cw
乙でしたー
こういうのを検査する場所って、病院のどういう所なんだろ?
そういうのも若干教えていただけると嬉しいかな

46宣伝用AA募集中・トップをまた書き換えました@シェルター2014/04/04(金) 23:20:48.35 ID:z27RM3IB

何かが劣ってるのではなく偏ってるのね、少なくとも広汎性は
他のでも偏る場合があるって事は広汎性ってのはその辺基準に分けてる訳じゃないのね

47宣伝用AA募集中・トップをまた書き換えました@シェルター2014/04/04(金) 23:24:29.72 ID:QZaR4cfE

ゲームキャラならそれだけやっていればいいから便利でむしろ有能扱いされるけど
現実じゃめったにそんな生き方できませんものねえ

49宣伝用AA募集中・トップをまた書き換えました@シェルター2014/04/04(金) 23:30:29.54 ID:WzBYQYlM
乙でした
自覚されにくいのは基本的に生まれつき、というのが大きいと思うなあ
ADHD当事者だけど、診断されるまで自分のダメな所は自分がダメ人間だからと思っていた

50宣伝用AA募集中・トップをまた書き換えました@シェルター2014/04/04(金) 23:31:28.62 ID:u+0pZFLB
自分も発達障害とはまた違うけど手帳申請中だから身につまされるわ…

51宣伝用AA募集中・トップをまた書き換えました@シェルター2014/04/04(金) 23:35:44.83 ID:FPnj3Fak
wikiでチラ見したんだけど、これ厄介だよね。

天才って呼ばれる人達も多くて、確かに分かり辛い病気みたい。
続きお待ちしてます。投下乙でした!

52宣伝用AA募集中・トップをまた書き換えました@シェルター2014/04/04(金) 23:37:57.55 ID:2CZ5kIIJ
おつおつ
俺もアスペだけど、発覚前はなんでこんなに生きづらいんだと思ってたわ
診断が遅れると社会に出るタイミングでつまづくよな

53宣伝用AA募集中・トップをまた書き換えました@シェルター2014/04/04(金) 23:39:38.59 ID:XF5xC1/V
なるほど難しいもんだなあ。

しかしまあ、免許取るのに苦労するようなら(特に実技)たのむから公道の運転はしないでおくれよ。

54宣伝用AA募集中・トップをまた書き換えました@シェルター2014/04/04(金) 23:47:33.64 ID:yhjtoNDC
乙乙
ほう……偏ってるのか、知らなかった……
でも一点特化ならそれはそれで欲しい人材であることもあるだろうし、
世間に周知されれば単に「障碍者」というのとは別のくくりにできるかもしれんね

55宣伝用AA募集中・トップをまた書き換えました@シェルター2014/04/04(金) 23:50:23.39 ID:MIaYYHCN

一応広汎性で診断書出てるので期待
以前発達障害の当事者会に何度か出たけど、数時間一緒にいるくらいなら発達障害だと感じない人がほとんどだったな

56容量上限テスト中です、よろしければご協力ください@シェルター2014/04/04(金) 23:51:37.66 ID:z7eN/pBv
乙でした
検査だとウェクスラー成人知能検査かなあ

60容量上限テスト中です、よろしければご協力ください@シェルター2014/04/05(土) 01:11:42.32 ID:ESW5/4Ys


俺も発達障害だけど、過去の偉人にも、伝記見る限り「ああコイツ俺と同じで発達障害だわ」
っての結構いるよね

あと子供ってのは残酷だから発達障害者は大抵虐めにあってる経験あり

61犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/05(土) 01:23:16.31 ID:gp6vGcFE


              . : : : : : : : : :乂 |/トY: : : : : /: : : : : :| : : `: . __ノ}
          /: : : : : : : : : : : :〉イァミ、: : : : /: : : : : : :|: : : :、:_:_:ノ
           ,′: : : : : : : : : : //|/ト.∧: : /: : : : /:_:/|: : |: : ヽ
           ,′: : : : : : : : : : ////l| V∧/: : ´ / : /`!: : !: : : :'.
         .{: : : : : : : : : : : /∧∨l|: :Vハ : :, '-=ミxっ: 八: : ノ
          '. : : |: : : : : : ://∧∨l| : }//}≦     j:/、:人(
           ∨:.|: : : : : : :{/{ノ/ハ/7//ノ      /   7
           ∨|: : : : /:ゞ=イ/|≧≦:{            /    
         ー=≦:_:_:_彡: : : : |//|//|: 人   .ィ≠ーァ'    ~~~
             }: : : : : : : : : :|//ハ/l|: :}⌒ヽ 弋:_〈´ . ´ ̄` .、
              /: : : : : : }: : : :レ: : :}/|: ハ     .Y/      \ ~
          /: : : : : : /: : : /{ : ://l|ノ リ=-  _ノ|           '.       さて、残業をしようかね。
           ./: : : : : : /: : : :.{人:///リ、/ニニ/、    !         |
        /: : : : : : : :/: : : : :.レ' :{//{∨ニニY⌒ハ   |       .{/ .!
     ./: : : : : : : : : :{:_:_: : : : : : |//|: :\ニl{:::o:ソ\.|         〉 |
    .´: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: : : : : : : : : : \7ルイ「.リ       {  .!
    ./: : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : :\: :}: : : : : : :ハ'::::::::Y }        |  ト.
   ゝ :_: : : : }: : : : : : : : : : : : : : : }ノ: : : : : : :.}ヾ}::::::/ ノ      ノ  ハ


         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ      熱心なのもよろしいですが
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl       お肌が荒れる前には寝てくださいよ?
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|



62犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/05(土) 01:23:35.29 ID:gp6vGcFE

                  _r‐ 、 ,r‐.、
            . .-‐f⌒)<.r=くノ-く}ーァ-、
           /:(⌒ノ/: :l|: : : \: :\_ノ-.、
         / : : r》/: : : : :l{: : : : : : : : : ヽ.ノ
         .′: :.У: : : : : :ハ: : : : : {: :、: : :.ヽ
        .′: : /: : : : : : ′V : : : ハ: :.Y: : :}ハ
        {: :/{: : : : : {: { ̄ ∨ : :{´∨:| : : トハ
        |://:《: : { : : |.ィ≠ミ ヽ: :|ィ.圷、: }: }ヾ}
          /::{: : ト:八: : 《 V:rリ  ヾ.しリj: /: :!
         .{:_::二リ: }: :\ハ       '  〃: :ノ          ・・・咲夜が小言を言う前に終わらせようか。
          /::::/:ノ:{: : :{ヾ{.   -=_ イ: :{´
       ./::/::/ー:八: 从> /´   ∧-.、            皆の疑問に関して、作中では触れていない所。
      /::/}:/}: : :_} : ヽ八ー∨ _  / ∧} }           .または本当に触りしか触れていない所があるので番外編だ。
           /..<:|: : : :V::}::/´ `ヽ/__∨ヽ、
        /{:::::::::::::l: : : : }/     }__ノ   Vヽ        作中はわかりやすさ最優先で省いた所も多いからさ。
        ./:r|‐-::、:::|: : : :/       ∨   }: : :\
      .′八::::::::V: : :/  { .{.      '.    l|: : : : ハ      本編とコメント返信の2本立てもわかりやすいか?
      {:八. \: :{: :/   ヽハ     }   .ハ: : : } :}
        V: {ヽ  ヽ/     .ィ}    .′  { V: :|ノ
       Y:|  \ /     / リ    {   |  V八
        }ハ  /      ./} /    ./|       V:}≧=-
       ノ: :} /      ./:.リ′   .{ |       }リ
       /:イ:.ハ      /: /{       .|       |
      ⌒{: : : ヽ_    .イ:./ .|      .ノ、___ j



63犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/05(土) 01:23:57.31 ID:gp6vGcFE

                . . -‐ム ゝ=ァ≦)_
              /: : : : : ノ V:::/  .フヽ/`ヽ
               . : : : : : : : 乙l|::/ / : : : : : ∧
            /: : : : : : : : {こ.{//: : : : : : : : : :}ヽ
               ′: : : : : : : .ィz/: : : : : : : : ト、: }: :∧
            {: : : : : : : //: : : : : : :/: : 7¨V: : : ∧
            | : : : : : /:::/ハ : : : : : : :′: ィ抃}: /: :}: }
              八: : : : :《::::V:∧: : : : : :{/ .{リ/:〈 : ハリ
             }: <>ーイ}ハ: : : : : |   /´ ヽ /
           .<> ´: :/::::/: :}: : : {八       /       >>46 あー…実は【劣った上で偏っているケース】もあってだね。
          〈/ : : : /::/: :人/: : {ヾ{u .   r, ′
           /: : : /:::/: /イ八 : ト . _   /         コメントにもあったウェクスラー検査の結果で診断されるのだが。
            . : : : :.〈/ {.: : : :{ニニ}>乂イこニ{{         20点満点で健常者の平均が10点。
          /: : : : : : : : :|: : : :l|ニニ|ニニニ人={_八         そこで善し悪しの差が10点以上でると…広汎性発達障害というわけだ。
         /: : : : : : / : : : l: : : 八ニ}ニニ{{: }}_>ニY:ヽ
      ./: : : : : : : :/: : : : :|: : : : : ∨-、ニ/ーV,Y={ : : \      (※この回答は発達障害支援センター職員の説明そのままです。)
    ./: : : :/ : : : : ′: : : :.|: : : : : : :\ー《     Vハ: : : : ヽ
    / : : : : /: : : : : :{ : : : : 八: : : : : : : : \ミx  V:ハ: : : : :ハ
  ./ : : : : /{: : : : : :l|: : : : : : {.\: : : : : : : : \ー\ }::::} : : : Y∧
  {: {: : : / .|: : : : :.八: : : : : :|   ` <: : ヽ: : ヽ::::/}こヽ: : : }V:}
  八:|: : :.{ 八: : :{ : : : ヽ: : :.八       `ヽ:.}\: ∨ノ}Yー': : :ノ }ノ


              ,r‐f^Y⌒Y‐v、
             _rク .乂/⌒ : `: : .、
         ,rク rク-イ: : :、: : : : : : : \
        乙/: : : : :}: : :.:ト、: \: : : :Yヽ
       ./: :,′:/:_:_:/_:/| :| ヽ斗、: : :|⌒)
     .rzz}ハ: !:|: |: ;_'__}/_ }/ _}__∨ : リ=ァ
       {ニ|レ' |:Ⅳ/!::::::::}    {::::::::}ト、ノ=《
      ハ/}|: 人_{__ゝ- '     ゝ- ' |/: ∨{      だから極論11点と1点の項目があったら…な?
       |: : :/     \       .ノ: : ∧.〉
       }: :/  .!    ∧__△ . <=ミ、:.∧   .   優れた部分があるとは言いづらくなってしまうのだ。
     ノ:./   |    / .〉_{ニ〉ァ |∨  ∨:∧
    〃:/     に二二つレハ「 ノニ}  ./.∨∧
    {: /      ./三\__}ヽ Уニ.人 〈  !ヽ: ゝ _
    У       /、\-z三フ水zイ::::::} Y | ∨: : `: : . 、      参考までに犬侍は14点と4点。
__八        〉. __\::::::}ニト、\::〈 / l  ヽ : : : : : : ヽ    障害者手帳の発行の話もされたが当時断ったきりだ。
三三三≧=====<   / }::/ニノ::l::`}≧=--.|    \: : :ヽ: :}
三三三三三三三ニヽ { Vニ/::::ヽ:::::::::`ヽニ\.    \: :}:(

64犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/05(土) 01:24:36.70 ID:gp6vGcFE

          __,.、__,.、_
        _r'"7_,.!-‐'-.、7-、_
      r´ >'"       ̄`ヾ!、
     rゝ'´/   /i.   i 、  Y
. /|   /Y ./ /メ、ハ  /| ハ   |
|| / ノ/! イ ○ レ' レ_,. レ'ヽ,ゝ
r'-'┐/ _,ノ ノ|  "     O |ソ|   /|      はーい要点ですよー
`l^ヽ、ヘ⌒ヽr,ヘ.  /´`ヽ  "从 ',  / .|
 ヽ、_ノ7  (Y,/」>!、_,/_,. イノヘ〉r//       検査をしてもらえる場所=発達障害支援センター
   `ー-∠ト、7:::|/ムヽノ:::i´`7"´__ン、>      検査内容=ウェクスラー(※犬侍の時は)
   ノ\_rヘく:::::::::::ハ::::::::/-‐' ̄
   r'ア'"::::`''ーァ二ニ=-、イ、7            平均10点で最高点と最低点の差が10以上で広汎性認定。
 ノ7:::::/::::::::/|}  ノ/⌒ヽ>、
 }」/::::::::::::/:::}|___,ンi二二!-'
  iヽ、_:::__ンニ='-‐=-'!、__.ノ
  `7二`/´
  〈__ン



                  ノ⌒ <:::: ̄`ヽ⌒ヽ
              /⌒´:::::::::::::::::::::::⌒ーへ:::::i
            . ':::::::::::::::::/::: /.i::::::i:::::::::::::::::ヽ|
              /::::::/:::::::::/ l::::l |:::: ト、:::::ヽ::::::: .
           l::::::/::::::: / .l【作者】l ヽ::::::ト、:: i         (乙多すぎてびっくりーありがとうございます!)
           |:::/i:::::::/ _从ハ人:::j_ l:::::リニi::: }へ、
           |X::l:::::::i ===     ===ル'二.|:::リw \
          /从人: リ           リ::::::レ'  ソ \     >>49 >>52 >>55 ナカーマ
            〈 ソノ⌒ 人""         ""/:::/: |⌒ソヾハ 〉
               |:::ト   r‐ァ  __/イ:::::l:::|
               |:::| くて「 ̄「 ̄ _/::::l::::::l::::|          >>53 私も死にたくないですからw(切実
                  从| / Y|_/「「 /⌒j::::: l::::|              
                  | | |_/| | /  /|:::::リ:从
                  | | |_/| |l   |ル':イ              というか、自分が事故を起こして人の人生を壊すのが怖くて
                  | | |-- | ||   |ル'               医療の現場からも少し離れた立ち位置にいます。
                  | | |二 | ||   |
                  | | | || l| ||__j                免許証はゲームを売るのに役立つよね。
                「 | | || l| ||== i


65犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/05(土) 01:25:35.38 ID:gp6vGcFE

                 r‐ 、__r-.、 
            rノ⌒ノ⌒乙_`Yゝ-、
             r》{> :´: : : : : ヾ<) )
          「∨ : : : : : : : : : : : : ∨)、
            /::7 : : : : : : : : : : : : : : Ⅵ::\
          ///::{ : : : : : : : : : : : : : : : }:|ヾV》
       ヾ《〈/::| : : : : : : : : : : : : :{: : |:ト、/             まだ触れたい話もあるが今日はこのくらいで。
         7::ハ : : : : : : : : : : : : |: : ト:V:\
       //.}∧: : : : : : : : : : : 八: :| Vハヽ〉            後日の授業で会おう。
       ./::/  /::/}: : : : : : : : : : : : : : :{ }:::}    ./⌒ヽ
        ̄  〈::/ 八: : : : : : : : : : : : :八_ ̄   ./    .∨
         //: : } : : : : : : : : : : : : :∧ `ヽ .′    ∨
         .// : : ノ: : : : : : : : : : : : /: ∧  ∨      }
          /: : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : \. ∨   {/ l| ノシ
     . : : ´: : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : \V  l|  {
   /:/ : : : : : : : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : :ヽ : ヽ  |  |
  .// /: : : : : : : : : : : { : :| : : : : : :}: : : : : : : : }ヽ : V !   |          【レッスン1 残業おわり】
  〃  .′:/: : : : : : : : : |: 八 : : : : : |: : : : : : : : :Vハ: :∨}  ノ
  {{   l{: : {: : : : : : :{ : :八: : :∨ : : : |: : : }: : : : : :} ∧: }ノ-
     |: : |: : : : : : :| : : : {ヽ : ∨: : ノ: : : |: : : } : 八 }:l|
     人:八: : }:|: : :| : : :ハ. \:ヽ: : : : : 八: : |:/  `.7リ
      ` }V: |: :八 : : : : }   \:\: :/{: : : /    /
        「 }:八 : : ヽ : 从   /:\:V八: : {
       { 〃}. \: : :\: :} ./: :/}: } 《V{
       / .{{《   ` ー-Yハ l{: / ノノ  } ヾー
      ./    》      }:ノ八{ /   .ハ





66容量上限テスト中です、よろしければご協力ください@シェルター2014/04/05(土) 01:28:37.01 ID:Zwsp65/F
乙でしたー
……医療の現場?ゲーム販売に役立つ?
PDDの知識は増えたが、犬侍の謎は深まるばかりだ……

67容量上限テスト中です、よろしければご協力ください@シェルター2014/04/05(土) 01:41:03.35 ID:FLxaLdR8
>>66
ゲーム販売に役立つっていうのは
恐らく中古屋に売るときの身分証明書の事かと

68容量上限テスト中です、よろしければご協力ください@シェルター2014/04/05(土) 01:53:23.19 ID:aOio5mfz
最近は身分証明きちっとしないとゲーム売れないですしねー

69容量上限テスト中です、よろしければご協力ください@シェルター2014/04/05(土) 02:58:50.80 ID:VTizNJF+
写真付き住基カードでもたしかイケる

70容量上限テスト中です、よろしければご協力ください@シェルター2014/04/05(土) 03:48:02.08 ID:ErjcM59x
乙でしたー
触りとはいえ丁寧に作ってあって分かりやすかったわ
意味は違うんだろうけど馬鹿と天才は紙一重とはよくいったもんだよな

71容量上限テスト中です、よろしければご協力ください@シェルター2014/04/05(土) 08:19:34.80 ID:fUpXDe9r
自分はウェクスラーテストで最高点と最低点の差が11点でした
特に因果関係の把握が弱くて、道理でアニメとか漫画とかのストーリーの把握が苦手だったわけだと納得した

ただ、実際にはウェクスラーテストで点差が大きい=発達障害とは直結しないのが難しいところなんだよね
脳の血流量でうつ病がある程度診断できるようになったように、発達障害もより客観的な診断基準ができればいいんだけど

72ヘッダ下部から3つのソフト(機能)を使えるようにしました@シェルター2014/04/05(土) 11:01:21.42 ID:MkcWRqCh
自分は子供の頃からアスペルガーと診断されました。
今は、就職とかやっていけるのか心配でなりません。

73ヘッダ下部から3つのソフト(機能)を使えるようにしました@シェルター2014/04/05(土) 16:20:41.58 ID:b26dJzgl
>>60
アインシュタインやらダヴィンチやら、稀代の天才とされる偉人の殆どは変人で見方を変えればダメ人間すぎる部分が有るけど
そのうち何人が発達障害抱えてたのかなあとか考えると楽しくなる

俺含む多くの発達障害者はビッグになる以前にまず人並みになりたいのだから、それで励まされても困るけど

74ヘッダ下部から3つのソフト(機能)を使えるようにしました@シェルター2014/04/05(土) 21:51:03.56 ID:VTizNJF+
「普通に見える」「こんな偉人も同じ障害だった」
これほど傷つく言葉はないな

75ヘッダ下部から3つのソフト(機能)を使えるようにしました@シェルター2014/04/05(土) 22:01:49.26 ID:X3TzcQj9
アインシュタインにそんなダメな部分あったか?
人間関係苦手みたいだったけど、発達障害を天才と同一に見るのもどうなの?

76ヘッダ下部から3つのソフト(機能)を使えるようにしました@シェルター2014/04/05(土) 22:26:33.06 ID:Zwsp65/F
少なくとも多少ネジ飛んでなきゃ教科書にあっかんべーで載ることはないだろう……

77またまた、トップを書き換えました。ご確認ください@シェルター2014/04/05(土) 22:39:24.30 ID:X3TzcQj9
本人がのせてくれとたのんだわけもないだろう……

78またまた、トップを書き換えました。ご確認ください@シェルター2014/04/05(土) 23:09:11.66 ID:zYwdH6zX
アインシュタインは言語を話したり理解したりするのに長けていて考えていることを外に出すのが苦手だったらしい

>>76
ググったら彼は人前で笑おうとしなかったが、記者に「笑ってくれ」と言われ応えそうになった際にとっさにやったそうな

79またまた、トップを書き換えました。ご確認ください@シェルター2014/04/05(土) 23:21:04.01 ID:ia/UT/+w

ウェクスラー検査ってのは知らないけど、自分の場合
IQ検査で言語性IQと動作性IQの差が26だったから発達障害と診断されたぜ。
「非言語性学習障害」って言われたけど調べてもよく分かんないまま……。

80三度目のトップ更新です。ご確認ください@シェルター2014/04/06(日) 21:18:30.84 ID:z0Lcvk4V
>>79
俺は20位だったかな戸山高校のとこで検査受けた

81三度目のトップ更新です。ご確認ください@シェルター2014/04/06(日) 21:28:56.24 ID:wc8zVgbj
自分のように
数を数えてると20~30ぐらいでどれくらい数えたかわからなくなったり、人の名前を覚えられないのも発達障害の一種なんだろうか?

87カラーAAの作成にはアップローダーにあるソフトを使用@シェルター2014/04/07(月) 03:25:00.66 ID:/oU6Zh0k
自分も支援センターでアスペルガーの診断もらった
特に対人関係めっきりダメだわ…診断されるまでは空気読む?なにそれおいしい?の世界に生きてた
文章の記憶力はいいけど数字の記憶力はそんなに良くないってのもあるな

88カラーAAの作成にはアップローダーにあるソフトを使用@シェルター2014/04/07(月) 19:23:25.22 ID:EY7a9k0n
最近では発達凸凹と呼ばれるものが出てきてるそうですね
誰にだってできる事とできない事との差はあり、それが比較的大きい人を発達凸凹といい
その凸凹の差が大きすぎて社会的に適応できない(適応障害)状態が合わさると、発達障害と呼ばれるって最近みた冊子で書いてました

自分も発達生涯の人と接することがあるのですが、個性の範囲内だなと思いますね

89完成したカラーAAはカラーAA公開所にどうぞ@シェルター2014/04/07(月) 22:23:49.97 ID:3cAI8DYD
当事者としては、そういう変に配慮した感じもどうかと思うけどな
「鬱病は甘え」みたいな、発達障害者は頑張ってないだけ扱いに繋がるだけだと思う

90完成したカラーAAはカラーAA公開所にどうぞ@シェルター2014/04/08(火) 02:00:08.06 ID:ma89rNLj
健常者側も試行錯誤してるんだろう。
お互い色んな常識や個性が食い違ってる人間同士がコミュろうとしてるわけだし
今は目隠ししながら触れ合ってるような稚拙なもんかもしれんけど、それでもやるしかないわ。
さもなきゃ先に進めんもの。

91犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:50:38.75 ID:Xtt93GhL
(コメントで先に書く内容を言われたりしているけど、
    思った以上にと関心のある人が多くてびっくりです。)

色々とトラブルもありましたが投下の方を開始させていただきます。

92犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:50:54.20 ID:Xtt93GhL










            ≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠
            ≦                                      ≧
            ≦    ノイ先生と触りだけ学ぶ広汎性発達障害         ≧
            ≦               (主にアスペルガー症候群)     .≧
            ≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠

                                        レッスン2

                                   【広汎性発達障害の特徴ざっくり】





.


93犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:51:06.82 ID:Xtt93GhL

                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、
              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,イ心     リ,イ弐心:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ∨ソ      ∨::::〃: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ; ¨  ,    ¨¨ ./: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込.   ,. 、   イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|       ここからは全体的な特徴を紹介するぞ。
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{                        ペ ル ソ ナ
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |       良い所も悪い所も向き合って自分の力にしてやりたまえ。
          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\


      l Ll___/                 \   ∧. \
     V  //               ヽ  | ∧\.\
    /  //   |   |    \ \     \! |∧ヽ\ ヽ
.   /´l // | l | | l | V \ ヽ \___ \ー-jハ}ヽ\}ヽ}
.     //  l| l|⊥L|__l l \ /)T二ΤV   \|二ハ\|
.    / '!  /l lハNVヽ|_L// xtテfオラ∨   |_∧厂|
_// |!  / l |ャセ=///\   ̄´ / ∨ト、 |( ̄ ̄\
  ̄   | /jノ| jハ /   ̄ )、   /ト、 } |,ハj 〉    |        見て見ぬふりは駄目ですよー
.       l/(  レヽ/    \‐‐ィ /人__}j/ 〉__//    !        勇気を出して向かい合いましょう。
         ,ハr─/    八 冂._/  ∧_{_八  〉    ∧
.       | V´i   _/(//{_|\o' /(__ノ{/       ∧      苦手の克服が難しい以上。
         |  ヽ|   l | l 〈/O\}∨|rく__ノ_)__     ∧      苦手を知った上で【切り捨てる必要】があります。
        |/二.|   lノ | 〈/| |_l ,八__L{__,ノ  _   /
       |ヽ--!   , \___!__|_/  / / ∧-=<    /
.         | // |    '.            { l  }、 o\/
.       V/|     ’           lハ   | \_, /
        \」     ',\   _ノ_  -ヘ / / ̄\____,
         |_|      i ̄ ̄         V ∧、  ',     VL
.            '.    /      _   -= ´Vt{、   i    Vハ
             \__/ r‐= T 匸 _     /Vtヘ  |    V}〉
            /    |\ \       /  Vtヘ  |     }リ
              〈     \{`V 丶、        Vtヨ        jノ


94犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:51:22.48 ID:Xtt93GhL

                  _r‐ 、 ,r‐.、
            . .-‐f⌒)<.r=くノ-く}ーァ-、
           /:(⌒ノ/: :l|: : : \: :\_ノ-.、
         / : : r》/: : : : :l{: : : : : : : : : ヽ.ノ
         .′: :.У: : : : : :ハ: : : : : {: :、: : :.ヽ
        .′: : /: : : : : : ′V : : : ハ: :.Y: : :}ハ
        {: :/{: : : : : {: { ̄ ∨ : :{´∨:| : : トハ         車の運転が出来ない ─┬→○運転をしない生活を送る
        |://:《: : { : : |.ィ≠ミ ヽ: :|ィ.圷、: }: }ヾ}                         └→△運転できるように努力
          /::{: : ト:八: : 《 V:rリ  ヾ.しリj: /: :!
         .{:_::二リ: }: :\ハ       '  〃: :ノ
          /::::/:ノ:{: : :{ヾ{.   -=_ イ: :{´
       ./::/::/ー:八: 从> /´   ∧-.、
      /::/}:/}: : :_} : ヽ八ー∨ _  / ∧} }            車を使わない都会の生活
           /..<:|: : : :V::}::/´ `ヽ/__∨ヽ、                         ・・・も苦手だったら。
        /{:::::::::::::l: : : : }/     }__ノ   Vヽ
        ./:r|‐-::、:::|: : : :/       ∨   }: : :\       田舎で自転車や電車で通勤できる場所で働くとかな。
      .′八::::::::V: : :/  { .{.      '.    l|: : : : ハ
      {:八. \: :{: :/   ヽハ     }   .ハ: : : } :}
        V: {ヽ  ヽ/     .ィ}    .′  { V: :|ノ
       Y:|  \ /     / リ    {   |  V八
        }ハ  /      ./} /    ./|       V:}≧=-
       ノ: :} /      ./:.リ′   .{ |       }リ
       /:イ:.ハ      /: /{       .|       |
      ⌒{: : : ヽ_    .イ:./ .|      .ノ、___ j


              ,ィ^i^!^i^ト、
                レ´  ̄ ̄ `ヽ
             /   ! ト、   .
           、_.イi i  iヽ、\ く´`
            ,イl l i ト、 ヽ. ヽ ヽ
            |il l トjヽ\\ヽ ハ
.            从 八ハハ ヾハヾヽ}リ
            ,ィ-‐ '‐---‐`: : :i⌒ー─ 、rァ、            / 〉       苦手は克服できないなら
           / l: : : : : : : : : : : :レ'´     i Y`ー -- .        〈 \/        なるべく関わらないようにするしかありません。。
            |  l: : : : : : : : : : : :ト、___ム人 _   ` ー 、   / / 〉X>
           /  .|: : : : : : : : : : :/          ̄ ``ー;  \ / //X >      苦手なのに好きになってしまった場合は努力です。
            〈_  .!.: : : : : : : : : :{              } ハr=ァ' /
           )‐- }: : : : : : : : : : )              し' <レ'二二] |三]    アスペルガーの【好きはヤンデレ染みている】ので
             `l ̄ゝ.____r ュ___/(                     ┘      並ぐらいまでは持ち直せることもあります。
.            }  // イ__}  \弋
              ,.'// /.{::∧、  \\                          (本人の特性にもよりますが)
              ,'〈- ′/ !/:∧\  ヽメ、                 {\
.            {/:\_/   |/ :∧ \/:: :\            \\
             / : : : : i  |: /::∧  \:: : : :\            \.X >
         /:i: : : |.: |  ∨:/::∧    \:: : : :\           < X_>

95犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:51:33.17 ID:Xtt93GhL

                  _ r‐.、 r―v、
                __乂乙..ィ´ヽ⌒ヾ<⌒)
               { /: : : : |: : : : : : : :\乙
                 rク: : : :/:ハ: |ヽ: : : : : : :∨
                 /: /: |: /:/ |:| }:八: 、:: : :ト、
            ,.ィ}: : : :レ}:/ヽ .l:| .斗ヽ\Y:八/\
           //リ : : l |.ィ芹ミ、`! イ芹ミ、V{ヾ{ 〉/〉
          八/〈八:{: l: 弋しリ    乂ツ |:|: :l〈/∧
           Y/人|ヾ:八    丶    .从: |マハヾ\
           ノ{  .|: ノ込.    , 、   イ}/ : | マハ__
            //lリ   从: ヾ{: >。.    イ_:./ : 八  ̄ヾハ       これはアスペルガー症候群の人によく見られる特徴だ。
         {_/ 〈.ー≦: : : : リ: :「{__`_´_彡イ: : : :{: ヽ  }/}
            /ィ : : Yィ〈:::::::::ハ:::ノ: : : : : 八: : \
                ハ{=乂: :ハ ノ:/:::l()/ : :_:_彡'| | ≧=-- 、
             /ニニ/::-ヾ:}〈:/}、:/./: :/r〈   .l |     |
            ./二二乙::::}|  }〉 l乂_乂    ! !     /|
           .〉、ニニ〈::_:八  .リ |o| }|.)}   .l |   / 八
           ./_ヽ二八::::リ、/  .lo|_|>< ./ .∨ /     \
         〉z- 、   ∨r人\ .ノ |      \  .〉     /

             ┌【アスペルガー症候群】. ────────────┐
             │ ・好きな物とそれ以外への興味の差が激しい。    │
             │ ・衝動的に動くことがある事も。            .│
             │ ・人との関わり方が独特。やや無神経。        .│
             │ ・謎のこだわりが強い。                 │
             │ ・五感が過敏だったり鈍感だったり極端。       .│
             │ ・指先や体の使い方が不器用な子が多い。      │
             │ ・集中力の分散が苦手。                 .│
             └──────────────────────┘



96犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:51:47.63 ID:Xtt93GhL

              r<}_/乃_
         _.r《乂.Vハ 人:`: : 、
        /:/: : : : : \}乙: : : : ヽ
       ./: ′、:_: : : : :.ヽ:.、 : : : :ハ
      /:/:{ :≦、: : }: : : : ヽ\: : : :}
        {/{八:.{¨}心、!: : : : : :》_》: : :.|
       | .|:ノヾ   }: : : : : /《≧=-!、
       人ヽ._ ,   八: : : 〈: : ヾ\:|ハ
          _Yハ  /イ}: :}: 八_: : :\ハリ       次は【特に不便な三大特徴】
       ./´   }千/:ノ:≧=-: : : : :{リ
      /   /´ `7: : {: : : : : : : 八       それぞれが著明なイメージも置いてみた。
     ./  ./    ./: : :l|: : : : : : : : : ヽ
     ′ /     /: : : :l|: : : ヽ: : : : : : :\
     .′ /    / : : : 八: : : : :.\: : : : : : `: :.、
    .′./    .′ : {: : : :\ : : : : ヽ: : : : :\ : \
    .′/     .{: : : :.|: : : : : :\: : : : :Y: : : : : Vハ: ヽ
   .′.′    .ハ: : : l: : : : : : : :.ヽ:}: : }: : : : : : }.ノ: : }
   { {     /  }: : :.ト、: : : : : : : : :V: :|: : : : : :/: : :イ



97犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:51:57.41 ID:Xtt93GhL
 ※AAはあくまでもイメージです。周囲から見たらこんな感じかな。

                __ヾ:.vz __
             , . : : : : : : : : : : :\
            7: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
           /. : : : : : : : : : : : : : : : : :〈
            7.: :/: : : : : 从ハ: : : _: : {
            ≧:}レノイ'´    `゙` }rく
          /.::}从>=、__彡==ミr゙ .':.\
         /.::::::∧ミ乂__.ノ⌒ゝ. __ノノイ.::::::. \
      ,..:::´::::::::::::::::::ハ  厶_ji_   〃::::::::::::::::.`:::.、             ◆その1 社会性の障害
     /.:::::::::::::::::::::::::::>'´rー==ミ:、':::::::::::::::::::::::::::::::\
    /.::::::::::::::::::::::::> ´    ̄ ̄ミz  ` <:::::::::::::::::::::::::::.
   ,:::::::::::::::::::::::/    r彡´二ユ     `ヽ::::::::::::::::::::::,
   ,::::::::::::::::::::::∧   r<::〉> ´ <=ミ    ∧::::::::::::::::::::,
   }:::::::::::::::r-く\`フ´::::::://,`´///∧:::::::.>彡/ ヽ:::::::::::::::;
.  {:::::::::::::/.\///,7.::::::::::\//,>´ |::::::::::::.∨///イ ∨:::::::::}
.  /.:::::::::://::::\〃:、:::::::::::::///ハ  .|:::::::::::厶斗く:.\∨:::::ム
 /.::::::::::/´.::::::::::::::`::.ノ .::::::::〃//,∧ .{::::::::::::{:::::::::::::::::::::`∨:::::ム
./.::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.::::::::::://////∧|:::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨:::::ム
::::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::{///////ハ.!:::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨::::::ハ

    ┌【社会性の障害】───────────┐
    │ 友達と関わろうとする意欲が無い。   ....│
    │ 友達とトラブルを起こしやすい。       .│
    │ 人との距離感がよくわからない。     ..│
    │ 状況に応じた対応が苦手。         .│
    └──────────────────┘




   |  Ⅵ {,   、           l /   /レ∠_」  |
   |  八V ゙、   \  〈    / /   〃  ̄`ヽ !
   | ハ `、 ヽ    \ ヽ  / /  , '!     V ム
  ム ! \   ヽ    ヽ l  / / / , ! l__ __  {/ヘ ヽ
 〃 }{ ,r=ミゝ、  \  、!!∨/ / ∠xl '十| |  「 、  l
 { へ{,  \弋‐t-x.ミヽ〉l l// 彡ァ弋^_」 . 人!_!  |K Y '
 }〈 ハ    三ニ=‐-ヽV//l/  "辷三j  つ  「ハ /
 い  ハ        -―  //三彡⌒   }  _r_   リ  ;
 丶' 、ハ          //ヘ  {      {  ノ こ !' ノ
  `、  ‘          /  }  l     }  、_   K´
    7 ¬          !  | 、    {  、_  ! ヽ           ◆その2 コミュニケーション能力の障害
   /  ハ         、  j  |  〉    }       !  !、
  _」   ! ’         `¬ __ノ/    { `Y´  {  !ト-
 ´ l   | ハ            _       }   ゙ー   !  l
  V  !  ヘ     _,.ィこ二ニ=:、_   ! -!┐ヽ { !
   }\ {    ヽ     -――-    ム. ノ、l   l   !
   l  ¬     ヽ             ∠}   。  l   |
   !   l     丶         ∠三j     |  |

    ┌【コミュ力の障害】 ──────────────────┐
    │ まとまりが無い会話をする。                    │
    │ 冗談を真に受ける、むしろ冗談の意味が理解できない。  ....│
    │ 表情や表現に乏しい、会話中の視線が不自然。        .│
    └──────────────────────────┘




                    /__/  /  /  '  l     ,   ',\ヽ ヽ ヽ
             /`!    /´_/  / ./!  !   !     ',.  l .:.l`|  .:ト、',
             | |   / / ,'  /.:./  |  !',  ',    l  :|..:.|.:|  .:ト、\
             | |   ∨/|  :!.:/ ̄`ト、:! ', .:.:',  , 斗‐┼┼|  .:|、\ 〉
         ,.-、 | |   /\_」 .:l:,'    ! .:.|ヽ', .:.l∨ .:| :l.:|.:.:|.:|  .:| \У
       r‐| _ヽ,! |   ,'  / ,| .:.:!{    ヽ:{.  ヽ、', \.:|:ノ//l |  .:|__〉|
     /! !〈 ∨ |  ,  / ,ハ .:.', _,,.___,,二    ``二,,_.,,_ノ.:|  .:| |、ヾ
     ! '、 ヾ、\|  !: / // ,l\ヽ ´¨¨´   '       `¨¨`ノ:,' .:.:.,'! !:\\
.     \ \_ト}  `{  |:.l l l { !.:.:.\、    l二二二'、     / .:.:./:| |.:l.:|l }
       | `¨´/  | |ト、j|`!.:.:.:Λ`   ',     /     ' .:.:./.: | |.:l.:|| /
      ',  {     !  |:.| N.:l:|:.:.:.l:|.:\    ヽ.__/     ,. / .:.:/ .:. レ': l.:|`
     ┌ゝ、__   ノ、  ',:! |.:l.:l:|:.:.:.l:|:.:.l:个 、       ,.ィ'´:/ .:.:/.:.:.: /.:. j.:|
     ト、.___ ̄__,'   ヾ ',.',.!:', .:.l:|.:.:{: l/|` ー‐ '´ 卜/, .:./.:.:.:, '.:.: /}.:!         ◆その3 社会的想像力の障害
    __j`ー----‐/    \ヽヽ.\:{>'´ /ノ       _///.:./.:.:. / 〃
    「  ヽ、__ ______{   , ー厂 ̄´\`ヽ. ,'        __/´//\:. //
    |          ヽ. / |      ヽ  ,'   _ ___  | '´   `¬ー 、
.   j             〉′  !        } ! ̄      ̄`|           「ヽ
  /            /   , l       |          |            |  ',
. /            /    l !       |         |           !  ',、
 !            /    l ,ハ.        |         |            /    !\

    ┌【社会的想像力の障害】────────────────┐
    │ 他人の気持ちが理解できない。                  .│
    │ 経験したことが無いと想像が出来ない。              │
    │ こだわりが強く、決まった順にやらないと我慢できない。    │
    │ 変化を嫌う。 暗黙の了解に気づけない。            .│
    └──────────────────────────┘


98犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:52:09.17 ID:Xtt93GhL

   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─


                 r‐ 、__r-.、 
            rノ⌒ノ⌒乙_`Yゝ-、
             r》{> :´: : : : : ヾ<) )
          「∨ : : : : : : : : : : : : ∨)、
            /::7 : : : : : : : : : : : : : : Ⅵ::\
          ///::{ : : : : : : : : : : : : : : : }:|ヾV》
       ヾ《〈/::| : : : : : : : : : : : : :{: : |:ト、/
         7::ハ : : : : : : : : : : : : |: : ト:V:\
       //.}∧: : : : : : : : : : : 八: :| Vハヽ〉            すっごく噛み砕くと。
       ./::/  /::/}: : : : : : : : : : : : : : :{ }:::}    ./⌒ヽ
        ̄  〈::/ 八: : : : : : : : : : : : :八_ ̄   ./    .∨      友達と上手くコミュ取れなくて、
         //: : } : : : : : : : : : : : : :∧ `ヽ .′    ∨     冗談が理解できなく、行動は頑固者で空気を読まない。
         .// : : ノ: : : : : : : : : : : : /: ∧  ∨      }
          /: : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : \. ∨   {/ l| 
     . : : ´: : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : \V  l|  {
   /:/ : : : : : : : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : :ヽ : ヽ  |  |
  .// /: : : : : : : : : : : { : :| : : : : : :}: : : : : : : : }ヽ : V !   |
  〃  .′:/: : : : : : : : : |: 八 : : : : : |: : : : : : : : :Vハ: :∨}  ノ
  {{   l{: : {: : : : : : :{ : :八: : :∨ : : : |: : : }: : : : : :} ∧: }ノ-
     |: : |: : : : : : :| : : : {ヽ : ∨: : ノ: : : |: : : } : 八 }:l|


          , -r⌒L⌒」⌒yヽ 、
       _r─ ノヽヽ,_ _,ノヽヽ イゝ、
      rヽ, / /       `ヽ イヽ,
     r`  /  /λ    ハ ヽ、 ヽy i┤
     / ソ   /! !   / l  ヽ   l ,j
       i l   / 、|ハ  /ヽ、,Vヘ ';_  i  |
        | !  |  |`ト、ヽ´ `j_,.斗ヾ´! | ! l
        N、   N.rテ‐r-   ‐rテ‐ァ'レノ /リ !
.       i } \ ト八 _,ノ     弋_ノハ 厶イ l
      / /.{ix},     ,      ルX} 、ヽ
   r 、/ / Iiy}ヘu.   __,     ,イ{Iy} 、 ヽ\         それを踏まえた上で一言で表すと【 天 然 】ですね。
   l !`ヽ./__.{y'} > _      .ィ' !y'}ィ;、ト、>'´|
   l レ'Y´j\Iiy} ト ┤,≧‐≦´ | レ{Iy}/>'´_ |
   |.' / コl_ヽ<フイ、\__Y__/,>}i水{´  _|        あの3つを兼ね揃えているのですから。
  〈  / )|  `ハ!|::::::::ヽ∧ ∧'".:::: lヽリ、_>´∧ノ
  ∧  <_}r!ー┤|:::::::::::/ Y ヾ::::::::::::V´   〈_丿
  〈 ∧  )| .//、::::::::/  l |   |:::::::::::ハ \  ))


99犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:52:19.64 ID:Xtt93GhL

              ,r‐f^Y⌒Y‐v、
             _rク .乂/⌒ : `: : .、
         ,rク rク-イ: : :、: : : : : : : \
        乙/: : : : :}: : :.:ト、: \: : : :Yヽ
       ./: :,′:/:_:_:/_:/| :| ヽ斗、: : :|⌒)
     .rzz}ハ: !:|: |: ;_'__}/_ }/ _}__∨ : リ=ァ         ,この辺は本の内容を丸写しなので。
       {ニ|レ' |:Ⅳ/!::::::::}    {::::::::}ト、ノ=《         興味があれば本の方を読んでくれ。
      ハ/}|: 人_{__ゝ- '     ゝ- ' |/: ∨{
       |: : :/     \       .ノ: : ∧.〉         【アスペルガー・ADHA発達障害シーン別解決ブック】だ。
       }: :/  .!    ∧__△ . <=ミ、:.∧
     ノ:./   |    / .〉_{ニ〉ァ |∨  ∨:∧        イラストが豊富でわかりやすいぞ。
    〃:/     に二二つレハ「 ノニ}  ./.∨∧        ブランコに乗っている水色の表紙な。
    {: /      ./三\__}ヽ Уニ.人 〈  !ヽ: ゝ _
    У       /、\-z三フ水zイ::::::} Y | ∨: : `: : . 、
__八        〉. __\::::::}ニト、\::〈 / l  ヽ : : : : : : ヽ
三三三≧=====<   / }::/ニノ::l::`}≧=--.|    \: : :ヽ: :}
三三三三三三三ニヽ { Vニ/::::ヽ:::::::::`ヽニ\.    \: :}:(



                       ,.ク´ ; : : ; : ://: : : : : : ゝ―x´⌒ヽ
                    // /: : : :ム-、,イ : : / ; : , : : : :.∧Zオノ
                    , 'イ イ: ; : ´/  /l: : ,.イ イ.; : : : : : : ∧z 〉
                ,.イイ: : !: l.: ,仡心. l: / レ'7ト 、 : : : : : :}、〈
                  ´ ./ : ;リ |/ i乂ノ l,'  l__', : ヽ: : : : .! ノ
                / イ : : !    ,  f不て刈 : : : : : !´
                 ´ } : : ;∧  r 、   弋少' ハ: : : : : : !
                  , r ´⌒{:`v: } l;\ ゝ '     /: : ; : : : .∧      犬侍が数十冊の専門書から一番参考になると
             ,r ´   x―'ゝ_ソ了^7>―七禾{入: ノ: :,リ⌒ヾ、      思った本なので困っている当事者にはオススメですよー。
               {    _ゝ久ヽ.|  {   /  ',∧ ∨ノ '
            ゝ ,.x´: : ノ .´ |  レ ´   ./ ` }: :{ ̄ `ヽ        このスレが入門なら、この本は百科事典といった所でしょうか。
               `ヽ,イイ: :/.:.:,r――又ヽ、 ./:.:.:.:,{乂}    ハ       困るシーンごとに対応策が乗っていて便利です。
            /  〉リ.:.:/  /  ヘ ヾ/.:.:.:.く/ヾゝ   l
              〈__,{.:.:.:.:.:ゝ,イ   .| |  l.:.:.:.:.:{ {: : :ヽ    ,′
             /  ',.:.:.:.:.:/八     ,| ト、ノ.:.:.:.:. ', ヾ : :.}   /
               '´テ`Y、 ,//.:.:.:ヽイ´ | |:.:.:.:.:.:.:.:.:l );_ノヽ ´
   ,   ̄>、/  / /  ヾ/.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:l l.:.:.:.:.:.:.:.:ノ― 、/
  /      ノ`ゝミム   l.:.:.:.:.:.:.:.,!.:.:. l l.:.:.:.:.:,イ   ./


100犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:52:32.94 ID:Xtt93GhL

                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ: \: : : :\l : : }::Ⅸ
                ,〃: : :_:/_ |:{ \: :\-==:\: l::ト、}
               //: /: : /{ ` ヾ  }Kヾ\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,ィ芯     リ,ィ≠ミ: :\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l{{.{::r'}      {::r':リ 》: : 〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;. `¨´ ,    `¨¨ /: :/: |: ト、::::/
             /: : : :込    r 、   .イ : 八:.|: |ノ¨||        まあ、これらの特徴に引っかかる人も多いと思うが
          `ー彡:/ : {:从 : :>  `    ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|        発達障害まで行かずともそのケがある人はいるのだ。
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{        大切なのは【どのくらい日常生活を送るうえで大変か】
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |
          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : :.\
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\


              /  レ'    /  . i!    ∨)
                 / // ,.∠... //人 ヽヽ ∨}
           /, ', ' . ' ,.ィ1rrテぐノ´ __ ヽ l i ハ!
           f´ / / / , '(Y)| i匕ノ   ,lヒ'K } l l !リ
          レ' !/ // (Y)∧""  ' ´~ /从 li |      広汎性発達障害があろうがなかろうが、
            lイ从ハ(Y) |\ -  . イY) l|ハ!      生まれつきのステータスは平等では無いので苦労はします。
            レ'>'リく (Y) 「\` 「リ _ル(Y)ハ
           {`/ /_ )(Y).ノ  〉^く ∨(Y)1 i.       皆多少違うけれど、生活に支障が出るくらい偏った人が広汎性発達障害。
          / 〈`ヽ( (Y)\ /`ーヘ ∨Y)〉 ノ
         /   ∨{こXこ}`ヽ.`「 「 ハ ハXこ}        なので個性の範疇だと思っていただければ幸いです。
         Ⅴ``  〉 / 〉   `|_||_|/  \ \       【障害】という言葉で別次元のナニカのように感じてしまいますけどね。
             ∨⌒∨∨X{  _ri_.  Y      .! /
          く|  i! | i|⌒id´  ム'.      ノ /
       /´二二二二二二二二二\   ノ く
        乂 ___∩ // 7____.ノ  {_.ノ
           |   /  //,. -──- 、 〉 |
           ゝ._乂.. イ<. -── - 、\ノ
        ,. --'´ //⌒/´           ヽ. \

101犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:52:44.57 ID:Xtt93GhL


       __,.--、ィ--、
     rヘ´ ヽ ハ  / ̄ヽ、
   _rヽ_,.ゝ-─'=='─-、イヽ、ヽ
   'γ´          ヽン ヽ
    ,'   ハ  λ  i  、 \ .',
   ノ / .イ ,!イハ,!'ーメ-レ^ゝ、i  i
    iハ .イ ○    ○' Yン   ハ
     レyl"       "iY i  〉        【障害】+【生活に支障】で
     ./(Yヽ、  rー、  ,.イン ハ イ        近寄りがたい物に感じますが
     〈ハiンル`_rTニyT yγ/⌒ヽ、
      }><{γ/ヽハ/ }><{ し、  〉 ) )    こうやって説明されると
      レ'ゝイ /ム',__」 Vゝ、 `ーi        そんなに特別なものじゃないなとわかりやすいかと。
     /ゝイ、 く_!___」  「ヽ、ニ='
     〈 \〈   ⌒   イ-、_           そーゆー特徴があるのか 程度に思ってくださいね。
     ヽ、 .,.イ7ニ=-=ニイゝヽ_<
      ノ/ン   ノ  iン ヽ\


102犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:52:54.83 ID:Xtt93GhL

           /:/: : : :. :.|-/ .._!: : : :|:| V:_:_}: :!: : : : : ハ
            〃::::′: : : : l/  八:{、: l:{´ _.ヽ:.|: :|: : : : : :八 
          {{::〈′: : : : :《仡笊ミヽVハィ仗笊ミ.八 : : :/} }:}
             》/{: : : : : : { ∨ソ  ヾ{ .Vr:リ/: : : : /≠ノ
          /:/人: 、八:八      ,      ./: /: /:l{ |:::{
            /:/   }ヾ : ヽr:ヽ           /イ: :/、八|:::|ヽ
        〈:/    八}ノ{:/ ハ、\.  0    イ{: /: : { |:::|、:》
            / : : : / ∧{: :> ._ . <}ュ:.人{ : 八 .|:::|
               / : : :./ .-‐y´フ::}≧=-=≦{::Vハ、: : :∧レ        そして特徴があると、副次的な特徴が出てくる。
           /: :rく/ ---}/、:::|::::::(。)::::八イ} ∨ ≧=― 、
       . : : :´: : /r/   ̄_}》 ./_:_:::::ハ::::::::_::>! ∨     :,      今までに上げた特徴から広汎性発達障害の人に
     /: : : : : :./{ |《   rフ_《  ̄ヽ:/ ヽ:{  |  .∨      }      どのようなことがおこるのか説明をしよう。
    /:/: : : : : { .| |∧  八ニ}}  | | | |  ./|   》    .ノ!ヽ
   ./: :/: : : : : : :/ .У .ハ.ハ::::Y乃  .l l | |  {=l  /    / .| : \
  /: :/{: : : : : : :《 / {  {  }::::Vニハ | | ! ! .人.! /   } .イ  !: : : ハ
  {: /八: : : : : /У    .|  |::::::V_八.| | ! !/ニ/| \   |   ハ: : : : }
  |/  ヽ: : :./ /  、 人ノ!::::::::ノニ{ | | !_ノニ(::::!  .》 .}  ./ l} : : : |
      .}: : {/{     \  .|、:::::ゞハl レニr⌒:::::!   /  ; ./ 八: : /
       八:/      ノー'.∨::/:::::`Y´::::::::::::::::| ./  {  .イ: : : /


          __,.、__,.、_
        _r'"7_,.!-‐'-.、7-、_
      r´ >'"       ̄`ヾ!、
     rゝ'´/   /i.   i 、  Y
. /|   /Y ./ /メ、ハ  /| ハ   |
|| / ノ/! イ ○ レ' レ_,. レ'ヽ,ゝ
r'-'┐/ _,ノ ノ|  "     O |ソ|   /|
`l^ヽ、ヘ⌒ヽr,ヘ.  /´`ヽ  "从 ',  / .|
 ヽ、_ノ7  (Y,/」>!、_,/_,. イノヘ〉r//       特徴という【原因】があり、
   `ー-∠ト、7:::|/ムヽノ:::i´`7"´__ン、>
   ノ\_rヘく:::::::::::ハ::::::::/-‐' ̄           その【結果】が健常者とは違うのですね。
   r'ア'"::::`''ーァ二ニ=-、イ、7
 ノ7:::::/::::::::/|}  ノ/⌒ヽ>、
 }」/::::::::::::/:::}|___,ンi二二!-'
  iヽ、_:::__ンニ='-‐=-'!、__.ノ    例
  `7二`/´            【原因】ナイフを持っている
  〈__ン               【結果】普通の人より通報をされやすい


103犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:53:05.46 ID:Xtt93GhL

                   rz、f^Y⌒Yこヽ
                 fヽノ.-./:`ヽ⌒ < {:.>、
                    r‐'/ : / : : : : : : : : \_(:_ ヽ
                  》: : : : :{: : : : : : : : : : : :ヽノ:.∧
                / : : : : /|: : : : :ト、:_:_: : : : : V、: }
                   /:/: : :{:/⌒: {: : :{.´\: }: : : : :Vヽ
               //{: : : :{' ィzミV、: :|.ィ≠ミ、/: : : :}Vハ
             {/八: : : :《 V:リ ヾ{ Vし'/: : : :/三ノ       とりあえず2つセレクトした。
             人 {::{ヽ}: -\  '     //: :/:|::|:ヽ       【人によって特徴が違うので】(←次回でやるぞ)
                  7:}::{}: 込  、 _ ,  ./ : ノ:l{: {:::!Vハ
                  /::ハ:リ八 :{ヽ _  </:/ゞ=イVハ.Vハ     複数の本に載っている内容かつ、
              {:::{ }/  }ヾ:/〉ー</´ニ}Y: : : : {        犬侍も体験したことを話そう。
                   レ  r《ミ.イ/Yヽニ{ニニノ | ` <|
               〃´{、ニ}イ、.〉イニニ〉イ l|    ` 、
                ′::::ノニ{  } } } Y´ ./  l|         }
              /{::::::::{ニハ | | | l| /   l      .|            ┌───────────┐
             /{ .|:::::::::Yニ} .| | | l|./    l|   /  ハ        .    │ ・身体能力         │
           /: | .l:::::::::::Vニl. | | | l/   / /    {: : ヽ          │ ・ドッキリ耐性の低さ  ...│
            /: :/|.∧:::::::::{ニ《 .l | |/  ./  ./      .V: : : \ .         └───────────┘
          /: :/ /リ .∧:::::::::Y_} | |r{  <   .    / /: : : : : : `:ー.- . .
       /: : :/ /:/  ∧::::::::V} rク   〉   {   / /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ミ、
         {: : : :´: :/{     ':::::::/{、:/   /   .|/  / イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       .八: : : : : {. \    }:::(/:{V   /    /    .′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     /: : : : : : : :|   ヽ  |::::/ノ_V  ./    〈     ′ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }

104犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:53:16.73 ID:Xtt93GhL

         .′: :.У: : : : : :ハ: : : : : {: :、: : :.ヽ
        .′: : /: : : : : : ′V : : : ハ: :.Y: : :}ハ
        {: :/{: : : : : {: { ̄ ∨ : :{´∨:| : : トハ
        |://:《: : { : : |.ィ≠ミ ヽ: :|ィ.圷、: }: }ヾ}
          /::{: : ト:八: : 《 V:rリ  ヾ.しリj: /: :!
         .{:_::二リ: }: :\ハ       '  〃: :ノ
          /::::/:ノ:{: : :{ヾ{.   -=_ イ: :{´         まずは身体能力。
       ./::/::/ー:八: 从> /´   ∧-.、
      /::/}:/}: : :_} : ヽ八ー∨ _  / ∧} }          よく聞く話では【中学位まで平均台を渡りきれなかった】
           /..<:|: : : :V::}::/´ `ヽ/__∨ヽ、        そんな話を本で見かけることが多い。
        /{:::::::::::::l: : : : }/     }__ノ   Vヽ
        ./:r|‐-::、:::|: : : :/       ∨   }: : :\     にも関わらず、【筋力は人一倍発達している】
      .′八::::::::V: : :/  { .{.      '.    l|: : : : ハ    なぜかというと【運動センスの無さを筋力でカバーしようとする】からだ。
      {:八. \: :{: :/   ヽハ     }   .ハ: : : } :}
        V: {ヽ  ヽ/     .ィ}    .′  { V: :|ノ
       Y:|  \ /     / リ    {   |  V八
        }ハ  /      ./} /    ./|       V:}≧=-
       ノ: :} /      ./:.リ′   .{ |       }リ


                  _ r‐.、 r―v、
                __乂乙..ィ´ヽ⌒ヾ<⌒)
               { /: : : : |: : : : : : : :\乙
                 rク: : : :/:ハ: |ヽ: : : : : : :∨
                 /: /: |: /:/ |:| }:八: 、:: : :ト、
            ,.ィ}: : : :レ}:/ヽ .l:| .斗ヽ\Y:八/\
           //リ : : l |.ィ芹ミ、`! イ芹ミ、V{ヾ{ 〉/〉
          八/〈八:{: l: 弋しリ    乂ツ |:|: :l〈/∧         心当たりはないかい?
           Y/人|ヾ:八    丶    .从: |マハヾ\
           ノ{  .|: ノ込.    , 、   イ}/ : | マハ__
            //lリ   从: ヾ{: >。.    イ_:./ : 八  ̄ヾハ       学生時代にパワーはあるのに
         {_/ 〈.ー≦: : : : リ: :「{__`_´_彡イ: : : :{: ヽ  }/}       体育のチーム分けで終盤まで残ったり。
            /ィ : : Yィ〈:::::::::ハ:::ノ: : : : : 八: : \
                ハ{=乂: :ハ ノ:/:::l()/ : :_:_彡'| | ≧=-- 、
             /ニニ/::-ヾ:}〈:/}、:/./: :/r〈   .l |     |      力強いはずなのに周囲から
            ./二二乙::::}|  }〉 l乂_乂    ! !     /|      運動が出来ると思われていなかった人がいたり。
           .〉、ニニ〈::_:八  .リ |o| }|.)}   .l |   / 八
           ./_ヽ二八::::リ、/  .lo|_|>< ./ .∨ /     \
         〉z- 、   ∨r人\ .ノ |      \  .〉     /
      ー=≦: リ ∧   ∨ノ∧::>、 l        ヽ/ /    .イ:ゝ._ノ
         /: :/ / ∧/}l ∨乂∨::::`|         ∨   / .|ゝ ̄

105犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:53:30.76 ID:Xtt93GhL

                 ______
              _rfヱ丁匸^'¬ーュ_
            ,.xr┘> ´      ` <` t___
.           / rイ>'’           「`'く L
.        / jT〉'       /         |  丶{__
       / r'7      / 1  /   ,∧    ヽ
.        ′fiy        ′ |__ ′  /' ∧    i
.        |i }f     / l  ,人∧彡イ /´‘, ∧ !
        丿从i      ∧ l ィf竓ミハ.儿/x斧ミV ハ |\_
..   -=彡1 厶    ∧ |人r勿    f_r勿 |Ⅳ | !
         |  И 「 Y ∧‘,             川 人
       ハ / 个1/,ハ`ヽ、         ノイ |∧           あだ名が筋肉マンだったのに
.          Ⅳ / l レ |i Yヽ   σ  /リ人_」_          サッカーやバスケでシュートがとにかく下手な人とか。
        /厶:イ_人,j_,八_」__ト.. ___ ,イ/  乂フ}
           /   ヽ /ヽ〈Уノー┐ V/亅    八少t
                    r込,/〉  li   マニiヽ__    ゝこY壬}     短距離が早くて、立ち幅跳びも強いのに。
                __ノ У〈.   l廴__ マリ У`ヽ   くj}`ヽ     走り幅跳びになったら急に飛べなくなったり。
             . ´  〈У〉  | f⌒≫zf、__,ノ八`ヽ、ヽ_,人
           /   {{こ>rf壬} :乂__ノハ `¨^


            rク乙厂f´ヽー,r.、
          rクゝ<´:\¨:¨ヽ、乂__
         rく/: : : : ;| : : \ : : \Y、
            Y:/,':/ : / |:ト、:ヽ:.ヽ: :、:.ヽj
        /〃:.{_{ノ/ .|:{ \:.| 〉、: : iト、
       \レ!小l●  ヾ ● 从: :〉 :| 》       ついでに筋力でどうにかしようとするので
           ノ:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:./: :.レ'       本人の不注意と相まってケガをしやすい。
        /⌒Y从ヘ   ゝ._)   j:./⌒i:.!        力強く空回りをしてしまうのでな。
      \ rク:/\>,、 __, イァ:r'rfY八
.        .,rク:/   Y::r' }:r';:{ {ヘ:{¨¨/: : \      犬侍は小学生の頃。年の1/3は接骨院に通っていた。
        (:`Y    .|:::〉-乂:レヾ  /: : : : : \

106犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:53:51.51 ID:Xtt93GhL

                . . -‐ム ゝ=ァ≦)_
              /: : : : : ノ V:::/  .フヽ/`ヽ
               . : : : : : : : 乙l|::/ / : : : : : ∧
            /: : : : : : : : {こ.{//: : : : : : : : : :}ヽ
               ′: : : : : : : .ィz/: : : : : : : : ト、: }: :∧
            {: : : : : : : //: : : : : : :/: : 7¨V: : : ∧
            | : : : : : /:::/ハ : : : : : : :′: ィ抃}: /: :}: }
              八: : : : :《::::V:∧: : : : : :{/ .{リ/:〈 : ハリ
             }: <>ーイ}ハ: : : : : |   /´ ヽ /      そしてドッキリ耐性の低さ。
           .<> ´: :/::::/: :}: : : {八       /
          〈/ : : : /::/: :人/: : {ヾ{     r, ′        まず特徴としてコレらがある。
           /: : : /:::/: /イ八 : ト . _   /          ・1つの事に集中して周囲が見えない
            . : : : :.〈/ {.: : : :{ニニ}>乂イこニ{{          ・やっていることの変化が苦手
          /: : : : : : : : :|: : : :l|ニニ|ニニニ人={_八          ・こだわりが強く、やっている事の流れにこだわる。
         /: : : : : : / : : : l: : : 八ニ}ニニ{{: }}_>ニY:ヽ
      ./: : : : : : : :/: : : : :|: : : : : ∨-、ニ/ーV,Y={ : : \
    ./: : : :/ : : : : ′: : : :.|: : : : : : :\ー《     Vハ: : : : ヽ     . イメージとしては職場に籠って
    / : : : : /: : : : : :{ : : : : 八: : : : : : : : \ミx  V:ハ: : : : :ハ     ずーっと作業をしている職人かな。
  ./ : : : : /{: : : : : :l|: : : : : : {.\: : : : : : : : \ー\ }::::} : : : Y∧
  {: {: : : / .|: : : : :.八: : : : : :|   ` <: : ヽ: : ヽ::::/}こヽ: : : }V:}    集中するのは良いのだが周囲が見えなくなる。
  八:|: : :.{ 八: : :{ : : : ヽ: : :.八       `ヽ:.}\: ∨ノ}Yー': : :ノ }ノ



                           _  _
                      r-v⌒〈,r<=乙.ヽ__
                      .ノ≦⌒:ー/:八´:`ヽ`Y.ヽ
                       / /: : : : :/!: : : ヽ : : ∨ Y:,
                   /:イ: : : /}/-!: ト、 : | : : |ハノ:_ハ
                     {:ハ : /__{.__ Ⅵ _ヾ{ヾ:.}: ハト、ミ>、
                     |′.〉:{ !:::::|  ヾ. |:::::::}/イi: ト、V}/
                     ハ! ゝ '    .ゝ-' |: :}: |: ∨{___
                  { 込        八リ:八: {ヾ二ヾ      そんな性質もあるからか
                  ヾ{ヾ{> . __ . <}.イ:/: : : :| ヾ{       不意打ちがくると物凄くビビる。
                  /:.V=r仁>':|「:::::{Y: :イ__: : :八
                  ノf'/二|::{Y::/ |:::八}´ .| \ : : ヽ        職場で驚かされたりするとパニックになり
                「 ´ | ヾニハ::V´ レ´`/  |  ‘ < :}        1時間以上ケアレスミスが続くこともある。
             ___ ハ .|  .VニY\_ . イ}-<     . ィ ` .
      .  ´     ./  } \ }ニ=フ/ト、:_r〈  / ̄ ̄     .〉
    / 、     .ィzz<八 ./´.〉二〉'〉|ニニ八./       _. .イ
    ./ {   \  イ//////`<_/-イ::/{ノ二二/     /三リ : : ゝ.
   〈  ヽ  r{ ///ィ=<////∧`ヾ仁:ハ!二ニ\   ./三/: : : : : : :`ヽ
    .∨     V//ハ////Y////ハ_:_::\八二二{ `ー'{三ハ: : : : : : : : :}
    }-----.///l{/////lト、/////}_:::::`::´::}、二l|    |三}: :\ : : : : : : |



107犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:54:06.00 ID:Xtt93GhL

          二|ニ             r-、_,-、_,-、   
          く厂           r‐r'⌒|  |  |  |⌒l-、
         ┼ ll           /´ ̄`´ ̄ ̄ ` ' ., ̄\|ー、
           丿こ        /               \  `'‐ヽ
          ‐七_        /   /| /   ∧      \    ',
         く乂 )     /  /‐|/∨|/ ̄∨\|\_\ ..|
    |ニl土   ┼     ∠.,_/           |  .(y)トミ  ̄. |
    └' 寸   フ⌒)       (y)  |          |  .(y)     |
    曰 曰  一ァ       (y)j │           (y)     |     脅かす方は軽いいたずらのつもりなのでしょうが…
   │日│   (_,   ((  .(y)|             (y). |.| | .|     ずーっと引きずるそうですよ。
         ー_ァ     ....(y八     rっ    .(y). |.| | .|
    | ll    ´c)      (y) .≧=- --zァ= ≦〔[><]ルレハ,八     1つの事に集中しやすく、不意打ちに弱く。立ち直りも遅い。
    l__ノ   ├      .[><]      ./く不フ /:/:()`ヽ        スピーディーに様々な事をする仕事だとより苦労しますね。
     や   く厂       ()      /./::〈Α〉-':〈〈RM j
     ┼ l    ,ゝ、          Z^⌒ヽ/::{:::::::::::::::::::::::YL..._」         メイドや飲食店などは難しいでしょう。
.    丿よ    ノ          `⌒\` マ=-:::::::Z¨¨⌒ |
    /     ┼ l              ー个::::::;;;__:::〕T¬┘
     レ )  丿よ                /::::::::::::::::::し'⌒>、


              ,r‐f^Y⌒Y‐v、
             _rク .乂/⌒ : `: : .、
         ,rク rク-イ: : :、: : : : : : : \
        乙/: : : : :}: : :.:ト、: \: : : :Yヽ
       ./: :,′:/:_:_:/_:/| :| ヽ斗、: : :|⌒)
     .rzz}ハ: !:|: |: ;_'__}/_ }/ _}__∨ : リ=ァ
       {ニ|レ' |:Ⅳ/!::::::::}    {::::::::}ト、ノ=《
      ハ/}|: 人_{__ゝ- '     ゝ- ' |/: ∨{
       |: : :/     \       .ノ: : ∧.〉
       }: :/  .!    ∧__△ . <=ミ、:.∧       職人に匹敵する集中力で
     ノ:./   |    / .〉_{ニ〉ァ |∨  ∨:∧      立ち読みをしてしまうほど周囲が見えなくなるからな・・・
    〃:/     に二二つレハ「 ノニ}  ./.∨∧
    {: /      ./三\__}ヽ Уニ.人 〈  !ヽ: ゝ _
    У       /、\-z三フ水zイ::::::} Y | ∨: : `: : . 、
__八        〉. __\::::::}ニト、\::〈 / l  ヽ : : : : : : ヽ
三三三≧=====<   / }::/ニノ::l::`}≧=--.|    \: : :ヽ: :}
三三三三三三三ニヽ { Vニ/::::ヽ:::::::::`ヽニ\.    \: :}:(

108犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:54:16.08 ID:Xtt93GhL

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄
                         r‐ 、  
                    Y⌒}>}、r‐=ミ{、 .}ァ-‐ 、
                (`ヽーァ: ´: : /: : : : ヽ: ` <.ノ-ァ、
             r(/:/ : : : : ′: : : : : : : : : : ヽ ノ_
                / : /: : : : : { : : : : { : : : : : : : : \_)
              /:/: : : : {: : / .!: : : : :ト、: : : : : }: : : : ヽ
           /:/: : : :. :.|-/ .._!: : : :|:| V:_:_}: :!: : : : : ハ
            〃::::′: : : : l/  八:{、: l:{´ _.ヽ:.|: :|: : : : : :八 
          {{::〈′: : : : :《仡笊ミヽVハィ仗笊ミ.八 : : :/} }:}
             》/{: : : : : : { ∨ソ  ヾ{ .Vr:リ/: : : : /≠ノ
          /:/人: 、八:八      ,      ./: /: /:l{ |:::{
            /:/   }ヾ : ヽr:ヽ           /イ: :/、八|:::|ヽ
        〈:/    八}ノ{:/ ハ、\.  0    イ{: /: : { |:::|、:》       ビビリで挙動不審で無意識な礼儀知らず。
            / : : : / ∧{: :> ._ . <}ュ:.人{ : 八 .|:::|         妙にパワーがあり、あまり友達と遊ばない人。
               / : : :./ .-‐y´フ::}≧=-=≦{::Vハ、: : :∧レ
           /: :rく/ ---}/、:::|::::::(。)::::八イ} ∨ ≧=― 、        そんな人がいたら怪しいかもしれないな。
       . : : :´: : /r/   ̄_}》 ./_:_:::::ハ::::::::_::>! ∨     :,       キョロ充と違うのはパワーがある所。
     /: : : : : :./{ |《   rフ_《  ̄ヽ:/ ヽ:{  |  .∨      }
    /:/: : : : : { .| |∧  八ニ}}  | | | |  ./|   》    .ノ!ヽ
   ./: :/: : : : : : :/ .У .ハ.ハ::::Y乃  .l l | |  {=l  /    / .| : \
  /: :/{: : : : : : :《 / {  {  }::::Vニハ | | ! ! .人.! /   } .イ  !: : : ハ
  {: /八: : : : : /У    .|  |::::::V_八.| | ! !/ニ/| \   |   ハ: : : : }
  |/  ヽ: : :./ /  、 人ノ!::::::::ノニ{ | | !_ノニ(::::!  .》 .}  ./ l} : : : |


                    _┌-t´7ソ7ゝ、
                  z-tXニf--´>- 、フ八
                 ゞィ /  ` ̄ ´    \>-<ヽ
                 }> ´           ムf- }_ヽ
             __ イ /    i   i i  i    ハ=〈 ハ
                ̄ 7 / i|∧ /i A i  i   ハrソ ヽ __
                 i  i i iィム∨ リrチム  i  リ}-〈 i-ー ´
                 i ィリレハラテ   弋ソ  /ソ从.fツii
                 i/i i ハ ゞ ,   /イ /i/リ / 从|
                  リ ハ ハ   。  //〈Y〉レ-、      筋力でカバーどころか、力加減も苦手なので
    ∈ 三 ∋         レi〈Y〉 ≧  -ィ/ソ`〈Y〉 ハ
   r=ト==red=イi         〈Y〉リィ--t  /_ 〈Y〉   ハ      ドアをガーン!  と、思いっきり開けてしまったりしますわ。
   {{ .i     |         〈Y〉´} ヽ=≠´ }〈Y〉     〉
  >人________人ー 、      〈Y〉 /ソ-〈 __ソ::〈Y〉-- 、/      些細な事でそう筋肉を使うので発達してしまうのです。
 ゝニニニニ二ニニニ丿     }>=<{ん|::/ |:::::::::}>=<{--v〈{      克服してスポーツと噛みあえば逆に長所になりますけどね。
    ヽ --ー- 、 ヽ       |ノゝイ:::{rz|::::::::::::|ノ /:::::::|
           ヽ  \  /  /λ:::::::::::::::::/  /::::::::i
            丶  -  /   ゝ:::::::::::/  /-:::::::fz
              `   ´      |::::::::/  /::::::::::::::::ヽ
                       〉:::/  /-ー:::::::::::::::>
                       ゝ/  /:::::::::::::::::::/ ト、
                ____rソミ/  /ー----<ィ´:::::::::ヽ
              にY:::::::::::::rソ//  /       /ツ{::::::::::::::\

109犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:54:26.00 ID:Xtt93GhL

          |: : r.ノ//、(: : : : : : : : : :}:ハ: |l ∨:}: : : : :\
          |: : {  {に/: : : :/: : : : : リ }:|  Ⅵ: |: : : :}ハ
          |: : 乂 |7/: : : :/: : : :./:/  |:| 斗 Yl: : : :|ヽ:}
          |: : : : }l/ : : : /{: : : :/斗- リ  .ィ:rミ|: : : :|
          |: : : /レ: : : :/: |: : :/ .ィz /  h:| ハ}: :.八
          |i : 〈/|」: : /: : |: :/.ィ:芹}    .匕 ! j: /{
          |l : : : :|: :./ : {人:{/{しr'j       ' .|:〃人
          |l : : : :| /: : 人:.八.ゞ゜´    _  人: :) : ≧=-
          |l : : : 八: : {:ヽ≧=、=-   マ. '/}: /l : : \
           .八: : / : {: /: : :`ヽ: }、≧=--<〈z/z、:.| : : : : \       まあこんな所かな?
        /: : :Y:{: : :レ': : : : : ハ|ニニl}{ー‐z ヾ三リ、: : : : : : : ヽ
       /: : : : : レ: : :/: : : :{: : : ハニニハ三〈  ∨ハ>..,:_: : : ':,     広汎性発達障害やそれに準ずる特性を持っている場合
     /: : : : : : : : : /: : : :>: : {ノニニ}⌒) ̄丶 }ニニ〉::::::::::Y: : : :     早いうちに自分の特性を知っておいた方が何かと楽だ。
     ,′: : : : : : : :/: : : : :/:::{⌒ヾ(/リ__  o  ∨ハニ{::::::::::::::ト、: : :}
     {: : : : : : : : :/ : : : ィ{::::::Vニニニ} ̄ ̄.    'ノ三X:::::::::::!:::\:!
     |: : : : : : : : :{,<:::::::\::::`ヽニ.ヽz、 ', o   Y=〈:::∨::::ノ:::::::::\
     |: : : : : : :/:::_:::::::::::::::::::ヽ:::::}/三.〉、}    /三ハ:::::Y<:::::::::::::::ヽ
     人 : : : /:::::::: ̄::`ヽ::::::::::}:::::⌒)/三>=<三/:::::八:}: :>:、::::::::〉
      ヽ: /::::::::::::::::::::::::::::}:::::::ノ:::::::::::`:<三三/ハイ::::::::/: : :|: /::::::::::::/
       `∨::::::::::::::::::::::::::|´: :\:::::::::::::::::/ニ//=}\::::イ: : : |/:::::::::::::/


.              >' ./ //      ヽ  ヽ.  i   〉
              ∠ / | ,λ λ     入.___ ヽ  lヽ
             / / /l / ! イ--ヽ   ノイ\. ヽlヽ∨ !
.            / /  | |,∧| ,r≠ミハ  ハ|  __ヽ、ヽ .\
.          r‐ .. `|/| ノヽ !  !〃んィハ ∨  〃 ̄`| .ハ 〉 \ ヽ
         \ \ .レヽ/ヽ!.∧ 弋うり ,    ⊂∧ /..,.イ\|     これで少しでも苦しんでいる人が
       r- 、 .に二(⌒ヽ〈 ノ!⊂⊃ ┌ ^ヽ  //.〉´ 〉      . 自分の性質を知るキッカケになればと思います。
         }_`. { ―‐y{_ ,ハ _.イ.> . __、_ノイへ 〉! />
        />ィ .\ ‐'  .}丿V  ./::/.|`ヽ_/ r- 、〉、ノ.ノ        当スレの目標はざっくりとした理解ですが
       ノ ン`ー八  イイ   /::/ V レヽ∧  Y/,イ
        ̄     |  |>‐、_ ./::/ //|| | /::〈_,.ィ `イ´ ̄`7    根底には広汎性発達障害で困っている人の
              |  |└-7´:::\〈_/レ||_|/:/  /`ーr'、  /     助けになりたいという気持ちもありますからね。
             人_ . イ:::::::::::::::::::: ̄:::::::ト- イ__.リ
                   >ー 、::::::::::::::::::::::}└┬ ´}
.                   ., '/´   ` ー‐一く _/ /
                   /|.|            ヽ .__/ liiニ二二二二>
        .     /::ヽハ丶, ,___ , __ ,__ ノ,':\ ̄
            /::::::::::::::\ハ、__ハ___ハ__!ン ::::::::ヽ


110犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:54:36.77 ID:Xtt93GhL

              r<}_/乃_
         _.r《乂.Vハ 人:`: : 、
        /:/: : : : : \}乙: : : : ヽ
       ./: ′、:_: : : : :.ヽ:.、 : : : :ハ
      /:/:{ :≦、: : }: : : : ヽ\: : : :}
        {/{八:.{¨}心、!: : : : : :》_》: : :.|
       | .|:ノヾ   }: : : : : /《≧=-!、
       人ヽ._ ,   八: : : 〈: : ヾ\:|ハ
          _Yハ  /イ}: :}: 八_: : :\ハリ
       ./´   }千/:ノ:≧=-: : : : :{リ           次回はこの【個性】をいかにうまく使うかだ。
      /   /´ `7: : {: : : : : : : 八
     ./  ./    ./: : :l|: : : : : : : : : ヽ          個性が終わればあとは少ないので
     ′ /     /: : : :l|: : : ヽ: : : : : : :\    .    もうしばらくの付き合いになるな。 また会おう。
     .′ /    / : : : 八: : : : :.\: : : : : : `: :.、
    .′./    .′ : {: : : :\ : : : : ヽ: : : : :\ : \
    .′/     .{: : : :.|: : : : : :\: : : : :Y: : : : : Vハ: ヽ
   .′.′    .ハ: : : l: : : : : : : :.ヽ:}: : }: : : : : : }.ノ: : }
   { {     /  }: : :.ト、: : : : : : : : :V: :|: : : : : :/: : :イ
  .八      ./ }  |: : :.|: :\: : : : : : : }:.ノ: : : : : : : /
    ヽ __ イ.ノ|  |: : ハ: : : : : : : : : 〃: : : : : : : :l{
          {  .八/  ∨: }: : : : : /: : : : : : : : :八
        _ハ_ イ/   }: 八 : : : (: : : : : :{: /ヾハ≧=-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄


111犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:54:46.47 ID:Xtt93GhL

                    _┌-t´7ソ7ゝ、
                  z-tXニf--´>- 、フ八
                 ゞィ /  ` ̄ ´    \>-<ヽ
                 }> ´           ムf- }_ヽ
             __ イ /    i   i i  i    ハ=〈 ハ
                ̄ 7 / i|∧ /i A i  i   ハrソ ヽ __
                 i  i i iィム∨ リrチム  i  リ}-〈 i-ー ´
                 i ィリレハラテ   弋ソ  /ソ从.fツii
                 i/i i ハ ゞ ,   /イ /i/リ / 从|
                  リ ハ ハ   。  //〈Y〉レ-、        それでは今日も纏めておきましょう。
    ∈ 三 ∋         レi〈Y〉 ≧  -ィ/ソ`〈Y〉 ハ
   r=ト==red=イi         〈Y〉リィ--t  /_ 〈Y〉   ハ        やった内容を脳に保存するファイルの名前代わりですね。
   {{ .i     |         〈Y〉´} ヽ=≠´ }〈Y〉     〉
  >人________人ー 、      〈Y〉 /ソ-〈 __ソ::〈Y〉-- 、/        細かい話だけ覚えていると主題を忘れたりしますので
 ゝニニニニ二ニニニ丿     }>=<{ん|::/ |:::::::::}>=<{--v〈{         このように纏めると勉強がはかどります。
    ヽ --ー- 、 ヽ       |ノゝイ:::{rz|::::::::::::|ノ /:::::::|
           ヽ  \  /  /λ:::::::::::::::::/  /::::::::i
            丶  -  /   ゝ:::::::::::/  /-:::::::fz
              `   ´      |::::::::/  /::::::::::::::::ヽ
                       〉:::/  /-ー:::::::::::::::>
                       ゝ/  /:::::::::::::::::::/ ト、
                ____rソミ/  /ー----<ィ´:::::::::ヽ


112犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:55:57.35 ID:Xtt93GhL


          ┌─────────────────────┐  
          │ ・広汎性発達障害者の特徴はたくさんある   ....│
          │ ・その特徴を一言で言うなら天然         ...│    ◆天然属性の個性 ≒ 広汎性発達障害
          │ ・広汎性発達障害は名前はアレだけど個性  .....│
          └─────────────────────┘



            ┌【広汎性発達障害者っぽい特徴】【の一例】.─┐
            │ ・スポーツは下手だけど筋力は高い。   ....│
            │ ・人付き合いが下手。             ..│    ◆シャイだけど筋力が強い
            │ ・臆病で不意打ちに弱い。            │
            └───────────────────┘


          , -┬、   ___  _
        , ゝ  ! `{‐-'  メ、_`ァ\
     , --ゝヽ   レ ヽ    /_//〈
   / r´ヽ/      ̄ ̄ ̄  ` く、
  / /ヾ、/      !    !  !   `ヾ
. / ゝ、--イ,'      | , -+--、     ト、
  ト二´`ヽ|l  l|   |   ハ  |!    / ハ
.  ハ l_`丶l|  ぃ   ハ ,仟示ミハ ,-x'  、 l
 /  └,`丶〉  ヾ、  T'"ヾ マリ  ヽム}  } |
l ',   ゝ ‐ハ    \ { 丶  ¨   リ ハ , ハノ
ヘ ヽ }  │ \  l、ヽ\"""    ` ',レ|ノ '
 ‘,', l ハ ヽ、_| \{ \!ヽ      ´l
  _z.'-.、! l  / { \ノ  リ    ,-ァ /        こんな感じで、本日は広汎性発達障害やアスペルガー症候群の人が
./    \ /| /`r-  ノ、.     ∧        【どのような特徴を持っているか】のお話でした。
  ,..-─-、 ヽレ´//     !`>-__/ |
::´::::::::::::::::`:/``l{  ヽノ / /{´___ノ         ちょっと極端すぎると思いますが
::::::::::::::::::// \ 〉`   ノハ ,'、    , ヽ___     おおよそこのようなイメージを持っていただければ理解や説明がしやすいかと。
:::::::::::::::::ヽ/ 、. ! l  、   ノ、、}_、  /---\:::}
::::::::::::::::::::t___ `_ヽ__`_"_/z-、!  , -‐/:::|
::::::::::::::::::::::`ゝ-{: : : : : {: : }: : : : : }ヽ!  ̄/:::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽァ- '´7´ハ‐一´_ノ....、 ゝ::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::/ /´:i  `ヽ:、:ヾ||::::::::::\)、{
::::::::::::::::::::::::::::::::`´f:::;::::l   |:::`、ー、‐::::::::::\

113犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 00:56:07.56 ID:Xtt93GhL

                    -- --
                       /      \
                    /  _n_n_n_n_ ‘,
                     | rく>‐⇔‐<〉┐|
                  _ | [/   ハ   \].| _
               (  彡'  -‐ /\‐-  \   )
               ( ̄∠,彡 ━   ━ (\(^ ̄)      前回は概要の導入。
                ( ̄ ⌒Yl〕  ー  〔i(Y⌒  ̄)               今回は特徴の解説。
             /\ー (Y)} /i\ { (Y)⌒Y´\                      次回は応用例となります。
                 {   ( ̄_(Y)_' /lハ  _(Y)_⌒)   }
             \__〕レハ勹〈人j レハ勹〔_/゚  ,
          ,。 '´   /  X二二二二二X   ゚:.,_   `'  .,
     _ _,.。 ゚  ,.。 ' ´  / / / ′i{ ゚。 ヽ\__   ゜' -  ,_ `ー…‐┐
    (_ノ^',_,ノ,。 '"    厂/    ' /  }      Vヽ        `ァ⌒⌒ヾ
  /:_:_:_}: : : :\_ __,ノ[ {               ヽ} ]\_ _,/: : : {i: : : |     また次回お会いしましょう。
  └^ー)}: : : : \:_:_:_:_;ノ[ {/             } ]: : : : : : /: :/⌒>┬)
    ⌒)ヽ: : :\: : : : : [ {             \} ]: : :_:_/: : :/ /´ ⌒´
       ] }: : : : :\:_:_:_[_^ヽ  /       \   ノ ノ: : : : :/ : { [
     ⌒)}i : : : : : : : : : ⌒ヽ\______/_(⌒:_:_:/: : _:/(⌒
      ⌒)}i_:_: : : : : : : : : : ∨こ^こ^こ^こ^こ∨: : : : : : : : /(⌒
        ⌒ヽ\:_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /ヽ/
          ⌒ヽ\:_:_:_;ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \_:_/(⌒       レッスン2
             ⌒ヽ/⌒ヽ:_:_: : : : : : : : : :_:_:_:_/(⌒´
                 ⌒⌒⌒( \:_:_:_:_/[ (⌒⌒             【広汎性発達障害の特徴ざっくり】
                         }⌒⌒⌒'⌒⌒!
                   /  ヽ  ノ、 ,ノ{                                おしまい。
                     /    /}   :
                   ′    / ;    !
                    ;    /     |
                      .    /  !    !



114犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/10(木) 01:05:14.70 ID:Xtt93GhL
ということで少し遅れてしまいましたが特徴についてでした。
コメントで書いていた方もいますが【個性の範疇】だと思っていただけると気楽です。

ただ、苦手な物はそれこそ何も出来ないくらいに苦手です。

でも周囲からは頑張れば出来るかどうかはわかりません。
なので最後は自分で【発達障害かもしれない】という所に
たどり着いて得手不得手を調べてもらうのが一番かと思います。

知る時期が取り返しのつかないときなんかもありますからね…
本日もありがとうございました。 シェルターのスレも増えてきましたね。 ここももう少しでゴールの予定です。

115管理スレの189をご覧ください@シェルター2014/04/10(木) 01:07:19.39 ID:Fvz4CGo1
乙でしたー
今まで障害ってイメージだったからもっと特別なものだと思ってたけど意外と身近なんだな
・・・そしてほぼ全ての条件に当てはまってる俺ェww

116管理スレの189をご覧ください@シェルター2014/04/10(木) 01:28:17.99 ID:yCFC7OY/
乙でした
自分もほぼすべての条件に当てはまってるな…

117ダイス機能搭載、管理スレの229参照@シェルター2014/04/10(木) 10:00:03.66 ID:XTF9DO79


やっぱり、当てはまる。直すというより、どう個性と付き合うかなんやなぁ。


118ダイス機能搭載、管理スレの229参照@シェルター2014/04/10(木) 11:03:04.82 ID:8jVUW7K0
乙です
ほぼすべての条件に当て嵌まるって……ガタガタブルブル

119ダイス機能搭載、管理スレの229参照@シェルター2014/04/10(木) 16:17:18.31 ID:LFgoYgno
自分もほぼすべての条件に当てはまってるんだが、こういうのってどこに相談したらいいんだろう?
精神科?
乙でしたー

122ダイス機能搭載、管理スレの229参照@シェルター2014/04/10(木) 20:01:37.83 ID:4wVgcd+Y
>>1から読んでみたけど、障害って言う名が間違った認識・印象を与えてる感じだねー
あと当てはまって悩んでる人らは、日常生活に支障が出てるほど酷いんなら精神科行ったら?
それ以外は本買って自己診断でいいと思うわ

12320:15~20:25までメンテナンス@シェルター2014/04/10(木) 20:16:15.04 ID:Fvz4CGo1
ネットの診断テストとか体験談とか読んでみたけど、
俺のはまだまだ軽かったわ

12420:15~20:25までメンテナンス@シェルター2014/04/10(木) 20:21:02.61 ID:4sTtiIVj
乙です
思い当たるとこがちらほらと

125R-18に関するルールをトップ及び管理スレに書きました。確認してください@シェルター2014/04/11(金) 09:29:00.43 ID:hxxNf0jP

発達障害は単に症状の軽重だけで社会に対する適応性が変わるわけじゃないのがまたね
本の受け売りだけど、結構症状が強く出るタイプでも環境に恵まれたりして適応できるケースもあれば
逆に熟練の専門家じゃないと見抜けないほど軽微なタイプでも本人のパーソナリティとか諸々が絡み合って適応できないケースもあるとか

126R-18に関するルールをトップ及び管理スレに書きました。確認してください@シェルター2014/04/11(金) 20:43:40.43 ID:zWkHXdOq
あるあるある
診断済みだが、接客・営業に適正ナシなのは自覚してたので
集中力を生かせる理系の大学に進んだのは良かったんだが
指示されたことをもくもくとやればいいタイプの研究室ではなく
自分で考えて実験方法を変えたり工夫することを求められるとこに行ってしまい
もうガッタガタになったことがある

普段と違うことを指示されただけで調子が狂うのに
それまでのを全部変えて自分で1から考えるとかムリムリムリ

127R-18に関するルールをトップ及び管理スレに書きました。確認してください@シェルター2014/04/11(金) 20:49:10.79 ID:sGouDVem
まあ学生のうちに診断が出ただけでもマシよ
社会に出てからだと本当に辛いぜ

128R-18に関するルールをトップ及び管理スレに書きました。確認してください@シェルター2014/04/13(日) 08:50:36.46 ID:nUzplZx2
乙でした
学生の頃は個人で勉強さえできれば良いから、学習障害や極端な多動性・衝動性が無い発達障害は見逃されがちなんだよね
アスペルガーはその最たるものだと思う

根本的な治療は無理でも、>>102から触れられてるような困りものの「結果」については
投薬やトレーニングで大きく緩和できたりもするので心当たりある人はすぐ専門機関にかかった方が良いよ。マジで。

129R-18に関するルールをトップ及び管理スレに書きました。確認してください@シェルター2014/04/13(日) 09:46:52.90 ID:Rx7xn7Wx
発達障害に効く薬ってあるの?
春ウコンの効能に「発達障害の症状の緩和」みたいなことが謳われてたりするけど

130名無しさん@シェルター2014/04/13(日) 14:32:48.44 ID:+l5wpu8E
ないよ
統合失調症は投薬で緩和するらしいけど

131名無しさん@シェルター2014/04/13(日) 15:20:48.64 ID:nUzplZx2
表に出る症状を対症療法的に緩和するだけだね基本的に
ADHDなんかは原因になってる部分を一時的に治す薬が有るから特に有効だけど、
それでも効果にかなり個人差が有ってほとんど効かないって人も居る

132名無しさん@シェルター2014/04/13(日) 16:20:04.89 ID:+1rE4gdX
乙乙
うむ、まぁぶっちゃけ怖いな、筋力強くてショック耐性低いってのは
ただ扱い難い職人系、ってのは非常に関わってみたい人種でもあるので
こういう特徴を踏まえさせてくれると将来出会った時にありがたそうだ

133犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/17(木) 03:41:07.09 ID:lRuIhxtG

          /: : : : : : : : : : : :〉イァミ、: : : : /: : : : : : :|: : : :、:_:_:ノ
           ,′: : : : : : : : : : //|/ト.∧: : /: : : : /:_:/|: : |: : ヽ
           ,′: : : : : : : : : : ////l| V∧/: : ´ / : /`!: : !: : : :'.
         .{: : : : : : : : : : : /∧∨l|: :Vハ : :, '-=ミxっ: 八: : ノ
          '. : : |: : : : : : ://∧∨l| : }//}≦     j:/、:人(
           ∨:.|: : : : : : :{/{ノ/ハ/7//ノ      /   7
           ∨|: : : : /:ゞ=イ/|≧≦:{            /    
         ー=≦:_:_:_彡: : : : |//|//|: 人   .ィ≠ーァ'    ~~~
             }: : : : : : : : : :|//ハ/l|: :}⌒ヽ 弋:_〈´ . ´ ̄` .、
              /: : : : : : }: : : :レ: : :}/|: ハ     .Y/      \ ~       さて──1週間前の残業をしよう。
          /: : : : : : /: : : /{ : ://l|ノ リ=-  _ノ|           '.
           ./: : : : : : /: : : :.{人:///リ、/ニニ/、    !         |
        /: : : : : : : :/: : : : :.レ' :{//{∨ニニY⌒ハ   |       .{/ .!
     ./: : : : : : : : : :{:_:_: : : : : : |//|: :\ニl{:::o:ソ\.|         〉 |
    .´: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: : : : : : : : : : \7ルイ「.リ       {  .!
    ./: : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : :\: :}: : : : : : :ハ'::::::::Y }        |  ト.


       __,.--、ィ--、
     rヘ´ ヽ ハ  / ̄ヽ、
   _rヽ_,.ゝ-─'=='─-、イヽ、ヽ
   'γ´          ヽン ヽ
    ,'   ハ  λ  i  、 \ .',
   ノ / .イ ,!イハ,!'ーメ-レ^ゝ、i  i
    iハ .イ ○    ○' Yン   ハ
     レyl"       "iY i  〉
     ./(Yヽ、  rー、  ,.イン ハ イ
     〈ハiンル`_rTニyT yγ/⌒ヽ、           先生…仕事を溜めちゃいけませんよ?
      }><{γ/ヽハ/ }><{ し、  〉 ) )
      レ'ゝイ /ム',__」 Vゝ、 `ーi
     /ゝイ、 く_!___」  「ヽ、ニ='
     〈 \〈   ⌒   イ-、_
     ヽ、 .,.イ7ニ=-=ニイゝヽ_<
      ノ/ン   ノ  iン ヽ\


134犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/17(木) 03:41:21.75 ID:lRuIhxtG

                     _ _
                    r‐v‐v仁ニ=-ノ⌒: . 、
                  r-乂/r‐ ':⌒:´: : : : : : \
                  {  /rク: : : : : : :\ : : : : : : :' ,
              f ̄〃 }: : : : : : : : : : \: : : : : : :ヽ
              乂 {{ 〈: : : : : : : : : : : : :.\: : : : : : .,      大人には色々と事情があるのだよ。
              .ィ/ハノ: : \: : : :.|: : : : : : : : : : : : :∧
              《./《ソ:/´ ̄ヽ: : :|: : : : : : : : :ヽ: :/: ∧       知らないほうが良い生々しい事情がな。
                  / //     ' : | : : : : : : : : : : : : /: :}、
         ___.  ´/       Ⅵ: : : : : : : : : :|: : : : : |: ヽ
         /// ノ´  /         `!: : : : : : : :. :.|: : : : : |: : : .
ニニニニニニニfノ´¨ ^  ./       _  |: : : : : : : : : :!: : : : : : : : :∧
ニニニニニニ.〈           _ . -=≦ヽ\ !: : : : : : : :. :.|: : : : :,zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
ニニニニニニニヽ__ . -=≦ニニニニニニニ∧  |: : : : : : : : : :|: : : :/ZZZZZZZZZZZZZZZZZz/
三三三三三三三三三三三三三三三ヽ l: : : : : : : : : :|: : :/ZZZZZZZZZZZZZZZZZz/
三三三三三三三三三三三三三三三三Y: : : : : : : : |: |: : :|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZ|       それでは残業を開始する。
三三三三三三三三三三三三三三三三リ: : : : : : :. :.|: |: : :|ZZZZZZZZ〃 .lZZZZZZZ|
                         /: : : : : : : : :.|: |: : :|ZZZZZZZZl|  |ZZZZZZZ|
                           /: : : : : : : : : :.|: |: : :{ZZZZZZZZl|  |ZZZZZZZ|
                   ___ /: :/: : : : : : : :|: : : : : :|: : :|::::::::ヽ:}  }: : :\
              .ィ≦////./: :/: : : : : : : : : :八: : : 八: : }:::::::::::/ /: : : : : \
               ////////: :/: : : : : : : : : : :/: : : : :/: : : /:::::::::/ /:Y: : : : : : :.ヽ
              ////////八: :/: : : : : : : : : : : : (: : : : :/:_: :イZZZ/ /Z}': :}: : :}ヽ: :ノ

135犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/17(木) 03:41:50.14 ID:lRuIhxtG


                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃ノ|:{ \ー\= ; : \: l::ト、}
               //: /: : /{  `ヾ  }; : :\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,ィ心     リ,ィ.≠、: :\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ∨:::}      ∨:::〃: : 〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;.  ¨  ,     ¨¨ /: :/: |: ト、::::/
             /: : : :込.   、 ,    .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|       >>特徴に思い当たる人達。
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{       特徴に当てはまってもいいんだ。
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |       該当する人は結構多いだろうしね。
          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : :.\
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\


          λ,.-yー 、,. -r
.       γ‐イ "  i   L :l ,ヘ.
     /`Y ,ゝ-‐ ''' ゙゙'''‐ 、トi  ゝ、.,
     ヘγ7     /   入 ,  `、レ /
      /     / , ,/ ヽ  !  l !
     ,'   . ___イ.,/./, -‐‐ヽ.! -,_ハ
     !   ト´./ '//  _,rzxト|/,|ノ   i
     /  / ,ィ卞ォ   孑_,l7. !) i ハ
      |   '´y〉ヾニソ  ,   `¨/〈Y〉 ',  i
      |! ハ,.〈Y〉' 、  -- ‐ / 〈Y〉 ハ ,イ        作中でも述べていますが
 .    乂人〈Y〉,iヾ t _ , イ/〈Y〉 /ル′       【日常に支障が出るなら】それは問題です。
       ,_[X]_人    ト- [X]ヘL_
      ,'   サ冫:|| ,ゝ{エ}弋::::」 サ  |         だから発達障害というくくりがあります。
      ', 、  f::::|`'/,. | | λ.:ヽ/Redl
      ノ   ヽl_::::| /,2:_l L _ ゝ.::k. Maノ         問題にならなければそれこそ個性ですよ。
    `'l⌒ゝ/:::゙゙::'''.:.:--..- .:'''::゙゙ヘ⌒'|
       !  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;!.  !
      |   |: : :::::::::::::::::;::::::::::::::/   /
 .      |   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::,'  /
      !   }::::::::::::::::/::::::::::::::;!  /



136犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/17(木) 03:44:21.49 ID:lRuIhxtG

       _r―,、__ _ _
    ,<Y'彡zzf二/<Y⌒ヽ
  ./rクrzf__ノ -=ニ ̄7 ´}>-〈- 、
  ./ }/:::}: :/ : : / : :/ : : | : : : : :Y
 / rクイ/: .: : :/: : /: : : :ハ : : : : ‘._
. ′|{ :/__ ノ: : /: : /: : :イ/ V : : : : Y
_{__/≧=イ :/: : :/ / /   _!_: : : :ハ
::ィ:::|: :|/=≦-ィ芹心 ./  ,ィlzミ|: :|: : ト、
/:::::l .ハ: :.{ { Vしrリ     ハrリ从 |: :リ、        >>119
:::::/| |八 从. `一      しイ / /} /::::|        前回の残業でも言ったが>>64
::/|::l |: : Ⅵ}ヽ        ′` /イ〃ハ::!        発達障害支援センターだな。
:'ノ;l八: : .}ノ.\     ´ノ   イ / : : :Vノ
:/ {: :\ { }≧>  _ . < / イ=、: :.从|        全国にあるので最寄りの所へ行きたまえ。
/⌒ヽ : : \|:::::::|:::::::|:::77ニ7ニニ∧: : ヾ        【ttp://www.rehab.go.jp/ddis/相談窓口の情報/】 
 /⌒\: :ハ::f.oY:::::ヾ/{:::fニニ.ハ: :ハ
/       Y :},ゝイ:::}、:|7::Yニニニ=! : : :|       【】内を全てコピペだ。文章もな。
     .} 从{ .o lY ,rク⌒ニニニ.八 : : |
      .|/ {  //:〈ニニニニニニ〉: :|
      .| 八ーイ ´⌒\-<´ ̄`ヽ/: :| !       >>119
-.、   |   }:/     Y--=ミ  \八       とある本いわく、
 ‘,   | | /.|      |`\ヾ \  ‘,       「日常生活を送るうえでの多少のハンディ」という言葉が海外で生まれて。
   \.八!/ .,′     |  } \   ,人       その概念が日本に伝わった時に【発達障害】と訳されてしまったらしい。
----イ .ハ / |       |  |   }// ハ
     / }  l       |  |   / ノ    }      この記述が載っていた本は少し微妙なので事実かわからないがな。
、    ./ /         |    /´{     |
. \/ ./        ト、__/  .|    八
. /  / _         | {     .|  /
    /ゝ   `\   八 ∨  .l /
   .//:::rク\__\ /|   ∨ 〃
 .//::乂/:::::::::::|::|    |    .∨{
イニ./_ノ:::/::::::::::::::l::|    |    .|从
ニ/ノ::::/:::::::::::::::::l::|    |    .Ⅵハ

137犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/17(木) 03:47:05.48 ID:lRuIhxtG


       r⌒ア゜      i  {、        \ノヽ
       r⌒ア゜.   / /   {  | /  、     \_}
     厂ア゜    |j |___{_ {  ,ィくl\} }       \_
     {__/ / i{ ´|レ _,j__`!  l|,ィ笊㍉j  }  i ヾ ̄~
     / /  l{  |,ィ笊㌘ヾ\i|弌_ソ人  ハ {\ \
.     /    l{ ,〃弋,ノ  ヽl}   ⌒/ / /、|  \ }、      >>125
  / //  i ヽ 八'′    '′ "//}/ : レ   レ\     能力の偏り方と生活環境がマッチしていれば実害は少なくて済みます。
.∠  ' .//! }   \ ミ "        / (Y): : : : : r \`ヽ)     ただ。その環境を見つけるのが大変なのですよね…
.   /' 八 !\) (Y)i.、    '⌒  .イ: : (Y):/: |\) \)
     / /{ :/ : : (Y): :>.。   _ ' !:レ: : (Y)//           願わくば困っている人全員が理想の環境にたどり着いてほしいものです。
    ー ' レ'| : /:(Y):|\l:}   _j__レl/ (Y)、/{/ヽ
           \ l (Y)| _/ ̄`アヽ   V__r=Ⅵうλ__ノ       __
             ヽr=Ⅵう)  {示'i}  /ニ\ノ) `Υ/ \     { r‐ァ , \
    / ̄ ー‐x、,入ノハ'  /ハハ }. /ニニニ{ハノ/   ー 、⊂トV / ,:   \
   {  λ \_,`}::::::{  | ー' {:{{::|:}ー':::::::::⌒マ{/  ) _     }  \〈 /'/   ヽ
    )ー/ {  ヽ`}:::::::`ノ::::::::::ヾ八}:::::::::::::::::::::ヾ⌒{/ \ _,人_  ` ー `ト-- }
    \}  ⌒ヽヽ,}i/:::::::::::::::::::::〈/|j::::::::::::::::::::::::::::Y´ ⌒、メ     \)      '   ;
      У   {  }':::::::::::::::::::::::::__{o-==ニニニニ/   _ヽ) / ̄\    /   .
    /   __う{::::_ -=ニニニニ}ニニニニニ/    /// /       \., ′   '
     {_/ __Vニニニニニニ}ニニニニア   /└<> 、     /     '
      _)∨     Vニニニニニニ}oニニ= '"   r '        \  {      /



          __,.、__,.、_
        _r'"7_,.!-‐'-.、7-、_
      r´ >'"       ̄`ヾ!、
     rゝ'´/   /i.   i 、  Y
. /|   /Y ./ /メ、ハ  /| ハ   |
|| / ノ/! イ ○ レ' レ_,. レ'ヽ,ゝ
r'-'┐/ _,ノ ノ|  "     O |ソ|   /|
`l^ヽ、ヘ⌒ヽr,ヘ.  /´`ヽ  "从 ',  / .|
 ヽ、_ノ7  (Y,/」>!、_,/_,. イノヘ〉r//        >>126 
   `ー-∠ト、7:::|/ムヽノ:::i´`7"´__ン、>       次回は特徴を使って成功した一例の話も
   ノ\_rヘく:::::::::::ハ::::::::/-‐' ̄           するので参考にしていただければ幸いです。
   r'ア'"::::`''ーァ二ニ=-、イ、7
 ノ7:::::/::::::::/|}  ノ/⌒ヽ>、             応用できなくても「こういう手があるのか」と
 }」/::::::::::::/:::}|___,ンi二二!-'             希望になるのではないかなと思います。
  iヽ、_:::__ンニ='-‐=-'!、__.ノ
  `7二`/´
  〈__ン


139犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/17(木) 03:49:12.43 ID:lRuIhxtG


          , -r⌒L⌒」⌒yヽ 、
       _r─ ノヽヽ,_ _,ノヽヽ イゝ、
      rヽ, / /       `ヽ イヽ,
     r`  /  /λ    ハ ヽ、 ヽy i┤       >>128-131
     / ソ   /! !   / l  ヽ   l ,j
       i l   / 、|ハ  /ヽ、,Vヘ ';_  i  |        ADHDの場合は【コンサータ】【ストラテラ】といった薬が
        | !  |  |`ト、ヽ´ `j_,.斗ヾ´! | ! l        6割7割の人に有効なようですが…
        N、   N.rテ‐r-   ‐rテ‐ァ'レノ /リ !
.       i } \ ト八 _,ノ     弋_ノハ 厶イ l
      / /.{ix},     ,      ルX} 、ヽ
   r 、/ / Iiy}ヘ    __,     ,イ{Iy} 、 ヽ\
   l !`ヽ./__.{y'} > _      .ィ' !y'}ィ;、ト、>'´|      【現在、アスペルガー症候群に
   l レ'Y´j\Iiy} ト ┤,≧‐≦´ | レ{Iy}/>'´_ |              効果のある薬は無い】と思われます。
   |.' / コl_ヽ<フイ、\__Y__/,>}i水{´  _|
  〈  / )|  `ハ!|::::::::ヽ∧ ∧'".:::: lヽリ、_>´∧ノ      ただこの手の最新情報はどんどん変わるので
  ∧  <_}r!ー┤|:::::::::::/ Y ヾ::::::::::::V´   〈_丿      将来的な話や超最新情報などはわかりません。
  〈 ∧  )| .//、::::::::/  l |   |:::::::::::ハ \  ))


                  _r‐ 、 ,r‐.、
            . .-‐f⌒)<.r=くノ-く}ーァ-、
           /:(⌒ノ/: :l|: : : \: :\_ノ-.、
         / : : r》/: : : : :l{: : : : : : : : : ヽ.ノ
         .′: :.У: : : : : :ハ: : : : : {: :、: : :.ヽ
        .′: : /: : : : : : ′V : : : ハ: :.Y: : :}ハ
        {: :/{: : : : : {: { ̄ ∨ : :{´∨:| : : トハ
        |://:《: : { : : |.ィ≠ミ ヽ: :|ィ.圷、: }: }ヾ}
          /::{: : ト:八: : 《 V:rリ  ヾ.しリj: /: :!
         .{:_::二リ: }: :\ハ       '  〃: :ノ         しかし>>131のような事は本にも書かれていてな。
          /::::/:ノ:{: : :{ヾ{.   -=_ イ: :{´          どういう意味なのか一言で言うならば
       ./::/::/ー:八: 从> /´   ∧-.、
      /::/}:/}: : :_} : ヽ八ー∨ _  / ∧} }         ┌───────────────────────────┐
           /..<:|: : : :V::}::/´ `ヽ/__∨ヽ、       .│【被害妄想】                                │
        /{:::::::::::::l: : : : }/     }__ノ   Vヽ      │【不安障害】   とか合併したら薬飲んで落ち着かせよう。    │
        ./:r|‐-::、:::|: : : :/       ∨   }: : :\    .│【強迫性障害】                              ..│
      .′八::::::::V: : :/  { .{.      '.    l|: : : : ハ   ..└───────────────────────────┘
      {:八. \: :{: :/   ヽハ     }   .ハ: : : } :}
        V: {ヽ  ヽ/     .ィ}    .′  { V: :|ノ      人にもよるが能力が偏りすぎて日常生活に支障が~
       Y:|  \ /     / リ    {   |  V八
        }ハ  /      ./} /    ./|       V:}≧=-   …ということは精神的な疲労が健常者よりも多く、
       ノ: :} /      ./:.リ′   .{ |       }リ      合併症を起こしやすいということでもあるのさ。
       /:イ:.ハ      /: /{       .|       |
      ⌒{: : : ヽ_    .イ:./ .|      .ノ、___ j

141犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/17(木) 03:51:50.03 ID:lRuIhxtG

                __   , ,-、
                 /ヽ  ヽノ   レ⌒ヽ
            ,/⌒""〉 ,>---<    l_
          ,-、_l>,,,---、/     ` ー-=_ )
         ヽ .ヽ           、 、 、 \.
            /  ̄, i ,  i  ヽ ^ヽ、 \\ \ヽ\
          ヽ i / / / 、λ ー───.\ ヽ Vヽ_>
             !  ! / / ハ ン ,イ^ヽ、ヽ、\  i  i.
          ! / /__ノ  ヽ,ィ'  ,---、ヾ、ヽ\l  l、
             | ./ / /j,r--,,     ト:::::'1 / 、  、| !
             l //.l  l, y:::ヘ       ゞ-イ〈 Y ,〉 l | ヽ、      >>132
            lハ l l' ヘ ゞ-'  、__ -┐"u"〈 Y'〉 l /  /       最近、犬侍が落ち着かなければという時に大慌てしていましたね。
             l 〈 Y∧""" ヽ  ノ  ,ィ.〈 Y 〉/,/ /V
              / 〈 Y'〉/ > _ __ ,,イ / 〈 Y 〉 / /
           //〈 Y 〉〈 / λハ / / ,ィ'[]ヽ/V          家族がガッツリ手を切ってしまい、
             〈 Y 〉イ 〉 /YVヘ>〈  ハ ,ゝ、         大量の血が流れる光景にクラクラしながら処置。
               .,ィ'[]ヽ〉::: ,^i/ / / /〉 〈Y Y〉 `l
              〈  ハ ,ゝ:!  ' ' ' ハ、ヽ  /   l、        病院へ行ったら応急処置が適切すぎて、
              〈Y Y〉' i    / ' _V:i    l ヽ        先生が絆創膏を剥がそうか迷ったとか。
              ヽ  /:V〉    ハ/::::::::::/     〉
                〉V ヽ:/   /::::::::::::::::::::/       /
             〈____/   /::::::::::::::::::::::〈___/
              ! ./   /:::::::::::::::::::::::::/ l   !
              ! /   /::::::::::::::::::::::::::;ハ l   !

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        O/´ ̄ >'⌒ /` 、
        O≧=/         \
     〈.\ /  /   /   、    \    【慌てながら適切に動く様子】
      〈ト、\/|  `∧八   ヽ    ヽ
     / \\\  /≧ X  li }X!´  ヽヽ
    /    `Y .X ∨!f必riト、 ル'テ| i l ! } i   し
  . '    // `Y Y从乂::リ   |r':::リル'i !メl |    (     ちょっと!?大丈夫!?
. /     /    `Y 人.u" ___ ' ""`{ ノリ j.ノ  (⌒     洗った?よし寝ろ!横になれ!
i l      !       j/二ハ/  ̄ } メノ  \           軽くテーピングで止血!キネシオだけどしゃーない!
从   从   /{|〕〕) ハ ─ァ <ヌ \ \         保冷剤OK!上から固定でRICE!腕上げて!
 人    \ / | |H|^´\j 7彡'|/(⌒) )\. ヽ        20分たったし取るよ!うわ血が凄い!うわーうわー…
   \     〈 ∧.从!  ∧/ __j i 「フ ノ} ヽ  〉
    \   \__∧\/_//三三! ! \_ノ           血の拭い完了!OK出血かなり減ってる!
       )_ノ´  / ///   \   \\         キズパワーパッド貼るよ!指先は普通の絆創膏で補強!
         / // /___ _ヽ   〉 〉         今日は腕を心臓より下に下げないで!むしろ数日は下げないよう努力!
        〈. \ X _ j ── ─ ヘ} o/ /         感染症とか万一あったら危ないから月曜に病院行ってね!
           \ /こ二人 ____ノ∧./
          r// /  `弋__ フ ⌒ ´
           〈〈瓜    「_ヲ
           `ー′   乂_ )
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

142犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/17(木) 03:52:04.46 ID:lRuIhxtG

         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |       クラクラとした状態でも適切な処理を行えたのは
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |       犬侍が【腕だけは頼られるように】と真面目な性格だったのと。
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|       自分がパニックになったら不味いと自制できたのが大きいですね。
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ       他の広汎性発達障害の方の場合
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬        どうなるかわかりませんが一例としてはこんな出来事がありました。
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|        酷いケガだったので3日は再出血の危険性があり、とても気を使っていましたね。
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|









.     /   ru‐ナTΤ 「  / / ̄\__ \',
    │ __,ィ个v {__lー‐┴、厶--、 / 〉   \
     | _レへ /  ヽ        \ / 〉  \\
      l Ll___/                 \   ∧. \
     V  //               ヽ  | ∧\.\
    /  //   |   |    \ \     \! |∧ヽ\ ヽ
.   /´l // | l | | l | V \ ヽ \___ \ー-jハ}ヽ\}ヽ}
.     //  l| l|⊥L|__l l \ /)T二ΤV   \|二ハ\|
.    / '!  /l lハNVヽ|_L// xtテfオラ∨   |_∧厂|
_// |!  / l |ャセ=///\   ̄´ / ∨ト、 |( ̄ ̄\       その3日で両手を2箇所ずつ切ったり擦りむいたりしていました。
  ̄   | /jノ| jハ /   ̄ )、  .u/ト、 } |,ハj 〉    |
.       l/(  レヽ/    \‐‐ィ /人__}j/ 〉__//    !      これが一つの事しか見えずに、他が注意散漫になる一例ですね。
         ,ハr─/    八 冂._/  ∧_{_八  〉    ∧      4箇所はしっかり4回別々にケガしましたよ。
.       | V´i   _/(//{_|\o' /(__ノ{/       ∧
         |  ヽ|   l | l 〈/O\}∨|rく__ノ_)__     ∧    どうして巻貝を素手で砕いたり握りつぶしたりしたんでしょうかね…
        |/二.|   lノ | 〈/| |_l ,八__L{__,ノ  _   /
       |ヽ--!   , \___!__|_/  / / ∧-=<    /
.         | // |    '.            { l  }、 o\/
.       V/|     ’           lハ   | \_, /
        \」     ',\   _ノ_  -ヘ / / ̄\____,
         |_|      i ̄ ̄         V ∧、  ',     VL


143犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/04/17(木) 03:52:16.96 ID:lRuIhxtG


                           _  _
                      r-v⌒〈,r<=乙.ヽ__
                      .ノ≦⌒:ー/:八´:`ヽ`Y.ヽ
                       / /: : : : :/!: : : ヽ : : ∨ Y:,
                   /:イ: : : /}/-!: ト、 : | : : |ハノ:_ハ
                     {:ハ : /__{.__ Ⅵ _ヾ{ヾ:.}: ハト、ミ>、
                     |′.〉:{ !:::::|  ヾ. |:::::::}/イi: ト、V}/         犬侍のドジを晒すのはそのくらいにしておいて。
                     ハ! ゝ '    .ゝ-' |: :}: |: ∨{___       そろそろ今夜も〆るとしようか。
                  { 込        八リ:八: {ヾ二ヾ
                  ヾ{ヾ{> . __ . <}.イ:/: : : :| ヾ{
                  /:.V=r仁>':|「:::::{Y: :イ__: : :八          それではまたそのうちだ。
                  ノf'/二|::{Y::/ |:::八}´ .| \ : : ヽ         次回まで少し長引くかもしれないがまたよろしく頼む。
                「 ´ | ヾニハ::V´ レ´`/  |  ‘ < :}
             ___ ハ .|  .VニY\_ . イ}-<     . ィ ` .
      .  ´     ./  } \ }ニ=フ/ト、:_r〈  / ̄ ̄     .〉
    / 、     .ィzz<八 ./´.〉二〉'〉|ニニ八./       _. .イ
    ./ {   \  イ//////`<_/-イ::/{ノ二二/     /三リ : : ゝ.
   〈  ヽ  r{ ///ィ=<////∧`ヾ仁:ハ!二ニ\   ./三/: : : : : : :`ヽ
    .∨     V//ハ////Y////ハ_:_::\八二二{ `ー'{三ハ: : : : : : : : :}            【レッスン2 残業終わり】
    }-----.///l{/////lト、/////}_:::::`::´::}、二l|    |三}: :\ : : : : : : |
        ////l|/////.ハ/ヽ///ハ::_::::_::ノ::Y八   | ̄: : : : ヽ: : : : :リ
        .////Ⅵ//////l}///\//}::::::::::::::::::}二}   .l、: : : : : : :} : : : l{
       ////// |//////l≧=---`Y::::::::::::::::リニノ   | \: : : : :|: : : :八

145ローカルルール参照@シェルター2014/04/17(木) 07:17:20.86 ID:kMb7enZe
乙でしたー
適切な対応するのって難しいのにすごいわ
にしても巻き貝素手で握りつぶすってすごいなww

147ローカルルール参照@シェルター2014/04/17(木) 17:22:42.04 ID:XRNG6O04

巻貝素手でw

148ローカルルール参照@シェルター2014/04/17(木) 23:44:33.04 ID:akp+xCJi
乙乙
oh……パワフル……
でもそんだけちゃんとした対応できて、
尚且つ医療に意識的に関わらないようにしてるって事は、苦労してんだろうなぁ

149トランプ機能はローカルルール参照@シェルター2014/04/19(土) 01:35:54.53 ID:vWytuXEN

自分>>126ですが、大学入学すぐにいきなり体にウイルス性の発疹が出て
また就職して出勤一週間目に急性咽頭炎になるとか、妙に環境の変化に弱いと思ったら
施設の相談員にそれも「一つのことしか見えず他が注意散漫になる」という特徴の現れ方の一つらしく
(肉体が変化に適応することにいっぱいいっぱいになって免疫が落ちるらしい)
頭と体のズレって怖いですね、特に自分たちは自覚しにくいから・・・


151犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:15:44.48 ID:n+MdYn3s
今晩も、ひっそりこっそり。 こんな時間にGO。

152犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:16:02.43 ID:n+MdYn3s










            ≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠
            ≦                                      ≧
            ≦    ノイ先生と触りだけ学ぶ広汎性発達障害         ≧
            ≦               (主にアスペルガー症候群)     .≧
            ≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠

                                        レッスン3

                                   【広汎性発達障害の個性と応用】





.


153犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:16:14.81 ID:n+MdYn3s

       _r―,、__ _ _
    ,<Y'彡zzf二/<Y⌒ヽ
  ./rクrzf__ノ -=ニ ̄7 ´}>-〈- 、
  ./ }/:::}: :/ : : / : :/ : : | : : : : :Y
 / rクイ/: .: : :/: : /: : : :ハ : : : : ‘._
. ′|{ :/__ ノ: : /: : /: : :イ/ V : : : : Y
_{__/≧=イ :/: : :/ / /   _!_: : : :ハ
::ィ:::|: :|/=≦-ィ芹心 ./  ,ィlzミ|: :|: : ト、
/:::::l .ハ: :.{ { Vしrリ     ハrリ从 |: :リ、
:::::/| |八 从. `一      しイ / /} /::::|        前回、【広汎性発達障害は個性】と解説をしたのを覚えているかね?
::/|::l |: : Ⅵ}ヽ        ′` /イ〃ハ::!
:'ノ;l八: : .}ノ.\     ´ノ   イ / : : :Vノ        個性と一括りにしてしまったが
:/ {: :\ { }≧>  _ . < / イ=、: :.从|        全てのアスペルガーの人に同じ特徴があるわけではない。
/⌒ヽ : : \|:::::::|:::::::|:::77ニ7ニニ∧: : ヾ
 /⌒\: :ハ::f.oY:::::ヾ/{:::fニニ.ハ: :ハ       【特徴と程度は人によって違う】ために
/       Y :},ゝイ:::}、:|7::Yニニニ=! : : :|       組み合わせ次第で得意な事苦手な事が全然違う事もある。
     .} 从{ .o lY ,rク⌒ニニニ.八 : : |
      .|/ {  //:〈ニニニニニニ〉: :|       ゲームキャラのスキル構成を想像してくれるとわかりやすい。
      .| 八ーイ ´⌒\-<´ ̄`ヽ/: :| !
-.、   |   }:/     Y--=ミ  \八
 ‘,   | | /.|      |`\ヾ \  ‘,
   \.八!/ .,′     |  } \   ,人
----イ .ハ / |       |  |   }// ハ

154犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:16:28.19 ID:n+MdYn3s

 【アスペルガー症候群 Aさんの場合のステータス】

          __
          V, ::::::::::::: ̄”三二ニ=…‐一
          V, :::::::::::::::::::::::::::::ー=≦
        _______V, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......
         V, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧=ー
        V, ::::::::::::::::::::::::::::::::::V, ::::::::::::::::::: く
        / V, ::::::::::::::::::::::::::::::::::V, ::::::::::::::::::::::\
        i{::::: V, :::抖rセ〔:::::::::|:::::::V, :::::::::::::::::::::::: \        (人による)        (人による)
       八|::::::V, ::芹テミx::::: |:::::::: V, ::::::::::::::::::::::::___\     その人にある特徴     程度の酷さ
         |::∧;V,:| ヒリ  〉 :: |ヾ ::::: i、:::::::::::: |:::::::{
         l//  :!    V,:| }ハ::::|ノ :::::::::: ト、::::{       ・人との距離感がわからない  Lv1
          ヽ  {       vl 八V|::::::: | ::: | ヾ{       ・空気が読めない     .     Lv3
          ゝ‐-'      }/: : |:リ:::::::::ト、:::|          ・集中力の配分が下手      Lv2
           }    . . : : : : : ::l∧:::::: | ヾ          ・暗黙の了解がわからない   Lv1
           ゝ=≦: : : : :「三二ニハ从l]           ・変化することが苦手       Lv3
           /   ヽ: : .:|三二ニ=― |_
           入_/ニア : : !三二ニ=―=ニハ___
        r≦三三}ニア___ ノ 三三二ニ=―=ニ二≧x
        |三三/ニ7  |三三二二ニニ=―=ニ二二 \

┌─..【アスペルガーに良く見られる特徴】.【選択式】 ───────────────────┐
│  ・人との距離感がわからない  ・空気が読めない  ・集中力の配分が下手           │
│                                                           .│
│  ・想像力の障害  ・物忘れが多い  ・冗談がわからない  ・暗黙の了解がわからない  .....│
│                                                           .│
│  ・妙なこだわりがある  ・話し方が独特  ・失言が多い  ・変化することが苦手      ......│
└────────────────────────────────────────┘





       __,.--、ィ--、
     rヘ´ ヽ ハ  / ̄ヽ、
   _rヽ_,.ゝ-─'=='─-、イヽ、ヽ  <私、ゲームのナビゲーター咲夜サーン
   'γ´          ヽン ヽ
    ,'   ハ  λ  i  、 \ .',
   ノ / .イ ,!イハ,!'ーメ-レ^ゝ、i  i
    iハ .イ ○    ○' Yン   ハ         ・リアルと言う名の神ゲーにようこそ。
     レyl"       "iY i  〉        ・貴方のクラスは【アスペルガー】
     ./(Yヽ、  rー、  ,.イン ハ イ         ・下の枠からスキルが自動で選ばれるわ。
     〈ハiンル`_rTニyT yγ/⌒ヽ、
      }><{γ/ヽハ/ }><{ し、  〉 ) )     ・スキルのレベルも自動で選ばれるわ。
      レ'ゝイ /ム',__」 Vゝ、 `ーi         努力でLv2くらいは変動出来るかもね。
     /ゝイ、 く_!___」  「ヽ、ニ='
     〈 \〈   ⌒   イ-、_           ──と、今までのをすべてまとめた上で
     ヽ、 .,.イ7ニ=-=ニイゝヽ_<           個性にも差が出ることを説明するとこんな感じですね。
      ノ/ン   ノ  iン ヽ\




155犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:16:43.54 ID:n+MdYn3s



                           _  _
                      r-v⌒〈,r<=乙.ヽ__
                      .ノ≦⌒:ー/:八´:`ヽ`Y.ヽ
                       / /: : : : :/!: : : ヽ : : ∨ Y:,
                   /:イ: : : /}/-!: ト、 : | : : |ハノ:_ハ
                     {:ハ : /__{.__ Ⅵ _ヾ{ヾ:.}: ハト、ミ>、
                     |′.〉:{ !:::::|  ヾ. |:::::::}/イi: ト、V}/
                     ハ! ゝ '    .ゝ-' |: :}: |: ∨{___
                  { 込        八リ:八: {ヾ二ヾ
                  ヾ{ヾ{> . __ . <}.イ:/: : : :| ヾ{       これを言葉で説明するとなると難しいが。
                  /:.V=r仁>':|「:::::{Y: :イ__: : :八
                  ノf'/二|::{Y::/ |:::八}´ .| \ : : ヽ        絵と説明で見るとわかりやすいだろう?
                「 ´ | ヾニハ::V´ レ´`/  |  ‘ < :}        【アスペルガーの人は特に】
             ___ ハ .|  .VニY\_ . イ}-<     . ィ ` .
      .  ´     ./  } \ }ニ=フ/ト、:_r〈  / ̄ ̄     .〉
    / 、     .ィzz<八 ./´.〉二〉'〉|ニニ八./       _. .イ
    ./ {   \  イ//////`<_/-イ::/{ノ二二/     /三リ : : ゝ.
   〈  ヽ  r{ ///ィ=<////∧`ヾ仁:ハ!二ニ\   ./三/: : : : : : :`ヽ
    .∨     V//ハ////Y////ハ_:_::\八二二{ `ー'{三ハ: : : : : : : : :}
    }-----.///l{/////lト、/////}_:::::`::´::}、二l|    |三}: :\ : : : : : : |

156犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:16:54.04 ID:n+MdYn3s

                / : /: : : : : { : : : : { : : : : : : : : \_)
              /:/: : : : {: : / .!: : : : :ト、: : : : : }: : : : ヽ
           /:/: : : :. :.|-/ .._!: : : :|:| V:_:_}: :!: : : : : ハ
            〃::::′: : : : l/  八:{、: l:{´ _.ヽ:.|: :|: : : : : :八 
          {{::〈′: : : : :《仡笊ミヽVハィ仗笊ミ.八 : : :/} }:}
             》/{: : : : : : { ∨ソ  ヾ{ .Vr:リ/: : : : /≠ノ
          /:/人: 、八:八      ,      ./: /: /:l{ |:::{
            /:/   }ヾ : ヽr:ヽ           /イ: :/、八|:::|ヽ        実はアスペルガーは想像力に欠ける分。
        〈:/    八}ノ{:/ ハ、\.  0    イ{: /: : { |:::|、:》       【絵や図で視覚的な説明をされるとわかりやすい】
            / : : : / ∧{: :> ._ . <}ュ:.人{ : 八 .|:::|
               / : : :./ .-‐y´フ::}≧=-=≦{::Vハ、: : :∧レ         むしろその能力に関しては健常者より上だったりする。
           /: :rく/ ---}/、:::|::::::(。)::::八イ} ∨ ≧=― 、
       . : : :´: : /r/   ̄_}》 ./_:_:::::ハ::::::::_::>! ∨     :,      想像力が貧困なので、そこを補う説明は理解しやすい。
     /: : : : : :./{ |《   rフ_《  ̄ヽ:/ ヽ:{  |  .∨      }       図だけ見てハッと解ったりすることも多いんじゃないかな?
    /:/: : : : : { .| |∧  八ニ}}  | | | |  ./|   》    .ノ!ヽ
   ./: :/: : : : : : :/ .У .ハ.ハ::::Y乃  .l l | |  {=l  /    / .| : \
  /: :/{: : : : : : :《 / {  {  }::::Vニハ | | ! ! .人.! /   } .イ  !: : : ハ
  {: /八: : : : : /У    .|  |::::::V_八.| | ! !/ニ/| \   |   ハ: : : : }



         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |         想像力を補う説明とは【絵】【具体例】などですわ。
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|         聞いた時に「ふーん」ではなく。
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/         「あ、なるほど!」と食いつき気味に思えるのが
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ         あなたにとって理解しやすい説明です。
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl         授業で分かりやすい説明のパターンを感じたら
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|         ノートの上で応用して纏めるのもアリかもしれませんね。
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|

157犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:17:04.83 ID:n+MdYn3s

                  _r‐ 、 ,r‐.、
            . .-‐f⌒)<.r=くノ-く}ーァ-、
           /:(⌒ノ/: :l|: : : \: :\_ノ-.、
         / : : r》/: : : : :l{: : : : : : : : : ヽ.ノ
         .′: :.У: : : : : :ハ: : : : : {: :、: : :.ヽ
        .′: : /: : : : : : ′V : : : ハ: :.Y: : :}ハ
        {: :/{: : : : : {: { ̄ ∨ : :{´∨:| : : トハ
        |://:《: : { : : |.ィ≠ミ ヽ: :|ィ.圷、: }: }ヾ}
          /::{: : ト:八: : 《 V:rリ  ヾ.しリj: /: :!
         .{:_::二リ: }: :\ハ       '  〃: :ノ
          /::::/:ノ:{: : :{ヾ{.   -=_ イ: :{´          そんなわけで。
       ./::/::/ー:八: 从> /´   ∧-.、
      /::/}:/}: : :_} : ヽ八ー∨ _  / ∧} }          .この範囲でやってくれと言われると凄く強い。
           /..<:|: : : :V::}::/´ `ヽ/__∨ヽ、         【縛りが強いルール】があれば強いんだ。
        /{:::::::::::::l: : : : }/     }__ノ   Vヽ
        ./:r|‐-::、:::|: : : :/       ∨   }: : :\
      .′八::::::::V: : :/  { .{.      '.    l|: : : : ハ
      {:八. \: :{: :/   ヽハ     }   .ハ: : : } :}
        V: {ヽ  ヽ/     .ィ}    .′  { V: :|ノ
       Y:|  \ /     / リ    {   |  V八
        }ハ  /      ./} /    ./|       V:}≧=-


          二|ニ             r-、_,-、_,-、   
          く厂           r‐r'⌒|  |  |  |⌒l-、
         ┼ ll           /´ ̄`´ ̄ ̄ ` ' ., ̄\|ー、
           丿こ        /               \  `'‐ヽ
          ‐七_        /   /| /   ∧      \    ',
         く乂 )     /  /‐|/∨|/ ̄∨\|\_\ ..|
    |ニl土   ┼     ∠.,_/           |  .(y)トミ  ̄. |
    └' 寸   フ⌒)       (y)  |          |  .(y)     |
    曰 曰  一ァ       (y)j │           (y)     |
   │日│   (_,   ((  .(y)|             (y). |.| | .|      例として、生活の中で応用をしますと。
         ー_ァ     ....(y八     rっ    .(y). |.| | .|
    | ll    ´c)      (y) .≧=- --zァ= ≦〔[><]ルレハ,八      悪い例
    l__ノ   ├      .[><]      ./く不フ /:/:()`ヽ         ・机の上を片付けろ
     や   く厂       ()      /./::〈Α〉-':〈〈RM j
     ┼ l    ,ゝ、          Z^⌒ヽ/::{:::::::::::::::::::::::YL..._」         良い例
.    丿よ    ノ          `⌒\` マ=-:::::::Z¨¨⌒ |          ・机の上の物を、大きい物から元の位置に戻せ
    /     ┼ l              ー个::::::;;;__:::〕T¬┘
     レ )  丿よ                /::::::::::::::::::し'⌒>、

158犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:17:18.56 ID:n+MdYn3s

                __
                f_  Y⌒ト、_
           (⌒>|: ヽ⌒ヽ乂∨≧.、
        .f´⌒У´ :|: : : : : : :\:`ヽ:::::\
      .>/: : : : :|: : : : : : :: : : : : :\ィ≦ミ、
      f: : :/: : : /: }!: : !\: : : : :\: :/{\:\:\
     }: :/: : : /{: ハ: :|  X、\: ハ:{:::ト、::\:\:}
     .从: : : :/ヾ/  Ⅵ./ }ハ、:\}|:::|: :\ハ::::リ        これは細かく指示をしただけでは無い。
  、ーイ: /: :| レ  |l   ヾ  ,.ィz=ミ、ハ::::∨ : 〉:}イ
    ̄ 7:./八{ィ芹心     ハしイ:リ }: 〉、::`彡:::!__         片付ける物の【順番を縛る。】
     /: ハ:八:{ ゞ=゜       `¨´./イ: : `¨: :|7ヾ`ヽ       物を【どうするのか】縛りをつける。
    .{:/.八: {:\   丶   ,   / 八: : : i: :|::| .〉::/
    ヾ   〉!:込  へー=≦ノ   イ/|: : : :ハ八|/_/        やることを明確にし。
      ./: |从/  \ ̄. イ _|: :}: : : : :!: : : : `:.       1つの作業ごとの考えることを減らす。
     .. イ: ://       Y_,<::::〉' : : : : |: : : : : : :)      後は落ち着いて作業をこなすだけ。
   (    }   /    .|:||:::/´: : : : : : ノ: : : :/:./
     ヽ}  ./| ヾ .{     ハ||/ィ: : / ; : :´: : : : : :{: {        障害の個性を理解すると一気に楽になるぞ。
  、___ノ乂/ .! .Ⅵ   ∧ハ{/: : {{/: : : : : : : : ノゞ=---
      ./    ヾ   / ∨: : ノ

159犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:17:28.25 ID:n+MdYn3s

                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : 斗\: l::ト、}
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,        リ   `Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ィ=ミ    ィ≠ミ }: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;    、      /: :/: |: ト、::::/        片付けの例は個性に合った方法だ。
              / : : : 込   {l ̄ |  .イ : 八:.|: |ノ¨||         ここからは個性の応用に入ろう。
          `ー彡:/ : {:从 : :> V ノ  ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|         先ほどのスキル構成を思い出してくれたまえ。
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{         あそこで出てくる各自のスキルでコンボを作る。
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |
          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l 
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、             そ れ が 個 性 の 応 用 だ 。
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \


             ___
       _-‐_´ __  _` 、
       } `′ `′ `′ 〉  ヽ
     /‐=======‐くヽ   \
    / /  ,      |         、  ヽ\
ー==彡7 ,  ハ    | lヽ   i 、 ヽ   厂
    ,′l|  |⌒ヽ.  | |⌒、   |  ヽ   イ
    | ,小. lィ示ミ、 」 !示ミ、 リ レ┐ ヽ{
   ,ノイ ハ 〈辷ソ \|辷ソ ! l  〉リ  ト(        例えばゲームで戦略を練る時に
  '´   l i小ハ       ノ介 (イ l l ! ヽ       酷い外道作戦を思いついたりするじゃないですか。
      乂! !. 个 、 -   イl ! ,ハ !ノイ
       jノ从(r-ミコ´  r升ィこ从          広汎性発達障害の方はリアルで外道作戦を思いつきます。
       )イィ个y'′{_/ 〈 〉‐〉、
      /´ ̄l ! レヘ/ハ  イ ^iイ  ヽ         常識に欠けた言葉の揚げ足取りの場合もありますが
.    /  Y^只´ 「/ /,ハ i〈⌒只⌒〉 ハ         発想と着眼点はとってもユニークです。
   /   l__l i Lハ__! ! Ll:::Y ハ Y    \
┌‐'′   川ノ:.:.:.:.:Lハ_j:::::::!_|lリ,ノ       `ーァ
|       /⌒ヽ :.:.:V::::::::::::::::`|:.:.       /     【空気が読めない】
 、    _トミ=彳::´::`::::-:::::´:::!.:.      /      .【暗黙の了解がわからない】
  {____l     !;O;-、::::::::::::::: !_    _, イ      .【常識に欠けたところがある】
  | ,. -/|    リ ハ l::::::::::::::: Y___,ノ       【無自覚な無礼者】       等の相乗効果ですね。
  l / 二}|    ,′  l ヽ:::::::::::::::: |   |
  |ハ、ニフ|     乂__,ノ  i:::::::::::::::::|   |
  l!  ´l_|      }  ノ | ̄ ̄ ̄ ̄  !
  `ー ' ヽ___,ノ     |──── '′

160犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:17:47.21 ID:n+MdYn3s

                     (こ/: : ′: : : : : : : : : : :.ヾ_.ノ
                      /,: : : : { : : : : ト、: : : : : : : : ヽ
                   /: :{: : : : :ハ: : : : { \: : : : : } : ∧、
                /:/{: : : :{:/ 、V{: : :| . -‐ヽ} : : |: :. :.}ハ
                  {/:::|: : : :|{   ヾ:.八 ,.ィ≠ミ、: :八 : ハ}}》
                 ./| }::|:人:八ィ≠ミ \{ .しrリ 》': : : /彡イ
                 ヾ=ノ人: : ≧ヽ    、   ¨/:イ: : :}八 Vハ
                     /:/:{ 个}:込.   r - .ヲ  /: : /{、:_:>Vハ
                    ./:/|:::|  }:.}八{>    ィ/: :/八: {  }/}       思いつきが実行に移せないような物でも
                   {/{ |:::| 八rz、ヽ:ノ》千ィ≦}/〉}、: : 八  レ       妙手を思いつくキッカケになったりすることもあるな。
                    ヾ∨:.ノ}乙 ̄〉':○:::::{{_::イ  } ` - 、
                     /:/:::::{乙 /_::::::ハ::::八 /  .|     ∧       妙案と奇策なら任せろ―(バリバリ)
                 /: ′:::{乙  }∨/ V ./   !    ./ _}
                /:〃:::::}:::Y_》./ l{ { l{ ./   ./  /´ .{ヽ
             . . :´: : { V::::′Vハ.{ l| | l|/   ./  /   》∧
               /: : : : : : ! {:::{::::::::Yハ | { /   /  /    /: :∧
            ./.: : : : : : : :.|  V|::::::::::《ハ | |./   ヽ      /l}:/: : ヽ
         /: /: : : : : : : :/|  V}::::::::::::`}イ{    ./  {       |: : : : :∧
        /: : / : : : : : : : / .!__  .V::::::/ハ:Y|   /  .| /     .!: : : : :Yハ


                    ┌───────────────────────────┐
                    │※イメージ                                  │
                    │          /:::::::::::::::::::::;へ/';::::::::::::::::::::::::ヽ丶\        ....│
                    │       _,、イ:::::::::::::::::::::::/'"´'"´;:i::::::|l:::::::::::::::':;::';::::`、 __    .....│
                    │      '"´/:::::::::::::::::::::/     ';!';:::l l:i:::::::i:::::::';::';::/   ヽ   ....│
                    │        i::::;':::::/::::/__/__       | ';:」_|';::::::l::::::::i:::/ ___  ',  ......│
                    │        l/i::::::;'::::「l´/        レ  ト、l l:::i:l::::l   (   i  ......│
                    │        !::l::::::i::::;' レ´          l:::;! l:::l:l::::|        l    │
                    │         /:;:l:::::|l::;' ニ‐-、      ,、-‐ーlメ、.l::i:l:::::|  し ヽ  l    .│
                    │ / O  //!ヽ::!|;' /,'´oヽ、    , ''"´oヽ、l::;':::::::|   |   l     │
                    │/  |   ノ  li:::ヽi   l:::::::i       i::::::::l  レ:::/:く   ・  l   ....│
                    │  |      l l:::i::::l、、`ー       丶ー、、、 l:/;イ:;':l     ,'    .│
                    │二|二    ノ l::l l::iヽ    、____     ノ;イ;':l:!::ヽ   ノ     .│
                    │  | /     レ レ';:::` ‐ 、 ヽ、__.ノ  _,、-7´;':イ:l::;'l ヽ:',`"´     ...│
                    │  /  i       ';ノレヽ/|:` ァ--‐'"´  l::/l'、ヽ|l  ``      ......│
                    │   ̄ ̄!          _,、-イ      ヽ!``            ...│
                    │   ,、-、_____,、-''"7 -''´   ´        `‐ 、._,ー- 、        .│
                    │  ノ //-─┤ _,、┐     _           /:::::::::::\     ...│
                    │  / /,、ー''"´ヽ //"´  >`‐'´ヾ、   -‐''"´   /::::::::::::::::イ       │
                    │ // ヽ _,、 ヽL!    ヽ く `ヽ.\>'"´``‐、 ;'::::::::::::::::/ ヽ     │
                    │ i    '´   ノ、     \\ >く __) __ ', i::::::::::::::::/  `、    .│
                    │ l     _,-' )       トニヽ__.,-'´     ',l:::::::::::::/     ',   .│
                    │ l       / )       ヽ         ヽ::::::::::/     i   .│
                    └───────────────────────────┘

161犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:17:57.36 ID:n+MdYn3s

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,イ心     リ,イ弐心:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ∨ソ      ∨::::〃: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ; ¨  ,    ¨¨ ./: :/: |: ト、::::/      能力値が偏って生まれてくるならば
              / : : : 込.   ,. 、   イ : 八:.|: |ノ¨||        偏りを利用してしまえば良い。
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{           大人の発達障害に多い特徴を上げると…
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |
          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l            ・一方的に話す。一方的に話を聞き続ける。
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、           ・自覚が無い礼儀知らず。納得がいかなければ謝らない。
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \          ・職場の仲間に遊びに誘われると断る。
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、



         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ       一見すると要領が悪く、人付き合いが苦手な
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬        マイナス要素にしか見えませんが・・・
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|

162犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:18:13.99 ID:n+MdYn3s

                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ/⌒ヽ    /⌒ヽ心:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l.乂_.ノ   乂_.ノ〃: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;.    ,       ./: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込.  r―┐  イ : 八:.|: |ノ¨||        実はこれ、弱点だらけのように見えて
          `ー彡:/ : {:从 : :> .!____j  .ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|        大企業の社長相手にフレンドリーに話しかけたり出来るから
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|        恐ろしい方向にコネが出来るスキルだったりする。
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |        しかも空気を読まないからな。
          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l        相手からすれば印象に強く残りやすい。
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、


                   ┌──────────────────────────────┐
                   │※イメージ                     >:.:‐:‐.、             │
                   │                           i/、ハ_,ii            .│
                   │                           ハ- , - i,           ....│
                   │       .....-─:::::-..、               {{">, = /             .│
                   │     /::::::::::::::::::::::::::::\         r──!><!ー─ 、        ....│
                   │    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      ノ〉 i     〉〈   ハ          │
                   │    ,:::::::::::::::i::i:i::::::::::::i:L::::::::ハ      /´ '7 !    |:.:.i   ,' ヽ       ....│
                   │    i:::::::i:::::i:;斗V::::-‐'_L,V:::ハ    ノ / !    }:.:.!   !  ヽ       ..│
                   │    |:::::::i:::::!、x:;〒  弋j 1i::!``  / /  / |    /:.:j   ∧  '、       │
                   │    |:::::::ハ::ヘ` ゞ'  、 ""}::! 、/ /  /  !  〈:.:./   ! ヽ ヽ      .│
                   │    V:::::ヽVヘ""      イ::i´ ヽ/'   /  !    V   {  {  !     ....│
                   │    |::::::::::Vヘ:ェ __゚/ l:::l  }/  /  〈_____〉  ヽ  ヽ      .│
                   │    |:::::::::::::Vヘ`ヽ、 ト / j:::j  /├=v′  /:::::: ̄::::::: ̄:::::i   V彡i_    ...│
                   │    |:::::/  Vヘ  ヽ!'zzj::/l / / _ヾ   /::::::::::::::::::::::::::::::i   { r、、ヽ   ..│
                   │    |::/  ヽ V'、/;ィ:ト、〃V V/ ∪  /::::::::::::::::::::::::::::::::i   ∪ V//  .....│
                   │    |::i    ヽ_、‐ァ |:|__V  ',      /::::::::::::::rヽ::::::::::::::i         ...│
                   │    |::::!   〈 /彡、!:! ヾ〉 !     /::::::::::::::/  V:::::::::::ヘ        ....│
                   │    |:::::!   {ヽ   ):」   ノ     /:::::::::::::/    V::::::::::ヘ        ..│
                   │    |:ハ:L-─フ´` /   イ       ,':::::::::::::/     V:::::::::::i       .....│
                   │    ´ ´、/   /´   〈      i:::::::::::::/      V::::::::::i       ....│
                   │      ∧  /     レ┐    {::::::::::::{      l:::::::::::|         │
                   │     /   ー´       | ノ      !:::::::::::|      |:::::::::::|       ...│
                   │    / , -‐- 、   /   ! 〉      !::::::::::i         !:::::::::::!        .│
                   │    /V( 石幵 )  '     l |:::\   |:::::::::::|      |:::::::::::|       ...│
                   └──────────────────────────────┘


163犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:18:25.60 ID:n+MdYn3s

                   rz、f^Y⌒Yこヽ
                 fヽノ.-./:`ヽ⌒ < {:.>、
                    r‐'/ : / : : : : : : : : \_(:_ ヽ
                  》: : : : :{: : : : : : : : : : : :ヽノ:.∧
                / : : : : /|: : : : :ト、:_:_: : : : : V、: }
                   /:/: : :{:/⌒: {: : :{.´\: }: : : : :Vヽ
               //{: : : :{' ィzミV、: :|.ィ≠ミ、/: : : :}Vハ
             {/八: : : :《 V:リ ヾ{ Vし'/: : : :/三ノ
             人 {::{ヽ}: -\  '     //: :/:|::|:ヽ
                  7:}::{}: 込  、 _ ,  ./ : ノ:l{: {:::!Vハ
                  /::ハ:リ八 :{ヽ _  </:/ゞ=イVハ.Vハ        そんなわけで最後の授業は犬侍の経験談だ。
              {:::{ }/  }ヾ:/〉ー</´ニ}Y: : : : {    
                   レ  r《ミ.イ/Yヽニ{ニニノ | ` <|           開き直って特徴を応用して成功したケース。
               〃´{、ニ}イ、.〉イニニ〉イ l|    ` 、
                ′::::ノニ{  } } } Y´ ./  l|         }
              /{::::::::{ニハ | | | l| /   l      .|
             /{ .|:::::::::Yニ} .| | | l|./    l|   /  ハ
           /: | .l:::::::::::Vニl. | | | l/   / /    {: : ヽ
            /: :/|.∧:::::::::{ニ《 .l | |/  ./  ./      .V: : : \
          /: :/ /リ .∧:::::::::Y_} | |r{  <   .    / /: : : : : : `:ー.- . .
       /: : :/ /:/  ∧::::::::V} rク   〉   {   / /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ミ、
         {: : : :´: :/{     ':::::::/{、:/   /   .|/  / イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       .八: : : : : {. \    }:::(/:{V   /    /    .′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ


                   . .r~'`i^~^iト、
                /r'´}.イ^~`´`  .レヘ
                   . ' f´i/       i  `ヽヘ
              /  レ'    /  . i!    ∨)
                 / // ,.∠... //人 ヽヽ ∨}
           /, ', ' . ' ,.ィ1rrテぐノ´ __ ヽ l i ハ!
           f´ / / / , '(Y)| i匕ノ   ,lヒ'K } l l !リ
          レ' !/ // (Y)∧""  ' ´~ /从 li |
            lイ从ハ(Y) |\ -  . イY) l|ハ!       ここから犬侍の実体験部分が非常に大きくなります。
            レ'>'リく (Y) 「\` 「リ _ル(Y)ハ
           {`/ /_ )(Y).ノ  〉^く ∨(Y)1 i.         能力の偏りや本人の性格も含め。
          / 〈`ヽ( (Y)\ /`ーヘ ∨Y)〉 ノ
         /   ∨{こXこ}`ヽ.`「 「 ハ ハXこ}         良い方向に転んだ一つのケースだと
         Ⅴ``  〉 / 〉   `|_||_|/  \ \        思いながら見ていただければと思います。
             ∨⌒∨∨X{  _ri_.  Y      .! /
          く|  i! | i|⌒id´  ム'.      ノ /
       /´二二二二二二二二二\   ノ く
        乂 ___∩ // 7____.ノ  {_.ノ       参考になるよりも当事者の気が楽になるような例ですね。
           |   /  //,. -──- 、 〉 |
           ゝ._乂.. イ<. -── - 、\ノ          実は犬侍と同じ広汎性発達障害を持つ
        ,. --'´ //⌒/´           ヽ. \          親友もおおよそ当てはまった例でもあります。
     ,. -'´   /._ノ  /   \    、  !  iー - 、
    /    /  i   /     ヽ、  ヽ .'  \.   \
   く    /   |  ./        \  V      \  \




164犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:18:40.74 ID:n+MdYn3s

         / : : r》/: : : : :l{: : : : : : : : : ヽ.ノ
         .′: :.У: : : : : :ハ: : : : : {: :、: : :.ヽ
        .′: : /: : : : : : ′V : : : ハ: :.Y: : :}ハ
        {: :/{: : : : : {: { ̄ ∨ : :{´∨:| : : トハ    (犬侍、友達いたのか)
        |://:《: : { : : |.ィ≠ミ ヽ: :|ィ.圷、: }: }ヾ}
          /::{: : ト:八: : 《 V:rリ  ヾ.しリj: /: :!
         .{:_::二リ: }: :\ハ       '  〃: :ノ        【空気が読めない】【暗黙の了解がわからない】【冗談が分からない】は
          /::::/:ノ:{: : :{ヾ{.   -=_ イ: :{´         交友関係で大変なのだが、これも応用が非常に便利だ。
       ./::/::/ー:八: 从> /´   ∧-.、
      /::/}:/}: : :_} : ヽ八ー∨ _  / ∧} }           言ってしまえば常識に欠けているので
           /..<:|: : : :V::}::/´ `ヽ/__∨ヽ、          新しい考え方を素直に受け入れられる。
        /{:::::::::::::l: : : : }/     }__ノ   Vヽ
        ./:r|‐-::、:::|: : : :/       ∨   }: : :\
      .′八::::::::V: : :/  { .{.      '.    l|: : : : ハ
      {:八. \: :{: :/   ヽハ     }   .ハ: : : } :}         結果として【 特 技 習 得 能 力 が 異 様 に 高 い 】
        V: {ヽ  ヽ/     .ィ}    .′  { V: :|ノ
       Y:|  \ /     / リ    {   |  V八
        }ハ  /      ./} /    ./|       V:}≧=-
       ノ: :} /      ./:.リ′   .{ |       }リ
       /:イ:.ハ      /: /{       .|       |


          二|ニ             r-、_,-、_,-、   
          く厂           r‐r'⌒|  |  |  |⌒l-、
         ┼ ll           /´ ̄`´ ̄ ̄ ` ' ., ̄\|ー、
           丿こ        /               \  `'‐ヽ
          ‐七_        /   /| /   ∧      \    ',
         く乂 )     /  /‐|/∨|/ ̄∨\|\_\ ..|
    |ニl土   ┼     ∠.,_/           |  .(y)トミ  ̄. |
    └' 寸   フ⌒)       (y)  |          |  .(y)     |      例えばダンスの足運びを練習するとして
    曰 曰  一ァ       (y)j │           (y)     |      「そんな風に足を出したら転ぶでしょ!?」と他の人が躊躇う中、
   │日│   (_,   ((  .(y)|             (y). |.| | .|      アッサリやってしまったりすることもあります。
         ー_ァ     ....(y八     rっ    .(y). |.| | .|
    | ll    ´c)      (y) .≧=- --zァ= ≦〔[><]ルレハ,八      ただ、覚え方にも得手不得手。
    l__ノ   ├      .[><]      ./く不フ /:/:()`ヽ         覚えられる物にも得手不得手がありまして・・・
     や   く厂       ()      /./::〈Α〉-':〈〈RM j
     ┼ l    ,ゝ、          Z^⌒ヽ/::{:::::::::::::::::::::::YL..._」
.    丿よ    ノ          `⌒\` マ=-:::::::Z¨¨⌒ |
    /     ┼ l              ー个::::::;;;__:::〕T¬┘
     レ )  丿よ                /::::::::::::::::::し'⌒>、

165犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:18:50.58 ID:n+MdYn3s

  ./ }/:::}: :/ : : / : :/ : : | : : : : :Y
 / rクイ/: .: : :/: : /: : : :ハ : : : : ‘._
. ′|{ :/__ ノ: : /: : /: : :イ/ V : : : : Y
_{__/≧=イ :/: : :/ / /   _!_: : : :ハ
::ィ:::|: :|/=≦-ィ芹心 ./  ,ィlzミ|: :|: : ト、
/:::::l .ハ: :.{ { Vしrリ     ハrリ从 |: :リ、
:::::/| |八 从. `一      しイ / /} /::::|         【人の動きを見て】や
::/|::l |: : Ⅵ}ヽ        ′` /イ〃ハ::!       【イラスト付き教本から得るとき】ならば技をコピーしやすい。
:'ノ;l八: : .}ノ.\     ´ノ   イ / : : :Vノ
:/ {: :\ { }≧>  _ . < / イ=、: :.从|          苦手なのは口頭だけで教わる時。
/⌒ヽ : : \|:::::::|:::::::|:::77ニ7ニニ∧: : ヾ          動きを見ないとイメージが出来ないし、
 /⌒\: :ハ::f.oY:::::ヾ/{:::fニニ.ハ: :ハ          頭の中で説明を覚えていられないからな。
/       Y :},ゝイ:::}、:|7::Yニニニ=! : : :|
     .} 从{ .o lY ,rク⌒ニニニ.八 : : |
      .|/ {  //:〈ニニニニニニ〉: :|         ついでに【単発の技術に限る】
      .| 八ーイ ´⌒\-<´ ̄`ヽ/: :| !         集中力が偏るのでお手玉は苦手だ。
-.、   |   }:/     Y--=ミ  \八         全身を使って複雑な動きは物による。
 ‘,   | | /.|      |`\ヾ \  ‘,
   \.八!/ .,′     |  } \   ,人
----イ .ハ / |       |  |   }// ハ
     / }  l       |  |   / ノ    }


                 ┌──────────────────────────────┐
                 │※イメージ                                     .│
                 │              /:::::〃:::::::::::::::|:::::::l::|::|  \|::トヽ:::::ヽ:::::\         ...│
                 │          .::::::::::l:::::|::|::::::l::|:::::::|:|:::|  /|::lハ:|::::::: ', :::::.│         │
                 │.          //::::/::::|:::::|::|::l/|::|l::::::|| ノ/  j/| |l :::::::: l::::::::.ヽ        .│
                 │        //:::::::::::::|:::::ト|、{ j::八::::リイ ≫テ气セリ::::::::|::|::::::::.│         │
                 │          〃 l::::l:::::l|ヘ::::|八|_≧|::\ 〃 ヒン彡:::::::::|::ト、::::::.ヽ        │
                 │         ll |::::|:|::||::::ヽトィ灯う|::/         /::::::::::::_|)}::.:::.│      ....│
                 │         || |::::|:|::|ヘ:::::::ヾミ ゝ |〈      /:::/:::〈 ::::::::::::.│       │
                 │         || |::::|:|∧:::\{\           //|::l::::|:|   ::::::.│        │
                 │         || |::::|:|:::::〉、::::|ヘ     ,...、    |::|::::|:|:::::::::::::::.│        │
                 │        l| ∧::|:l//::\|::::\        /|::|::::|:|::::::::::::::::│        │
                 │        /:: ヘい /l:::::|::|::l::::/> 、      _ l::|::::|:|\::::::::::.│      ...│
                 │          //  ヽ〈 |:::::|∧∨::::::::::._〕T´ /  l:|::::|:|   .>、.___    ..│
                 │            l| |:::::|::∧'、::::/   | /ヘ、  l|::::l:|:////::.::.::/     │
                 │              /::|| |:::::|/|:::\::|「\ ∨   \Ol:::l:|////::.::.:://    │
                 │          /::/l|/ ̄ ̄`V::リ/r=厶-<:::::: ヽヘ:::l|::::::: /::.::.::/      ..│
                 │           //´ /   \┐├く_,//lロく | |/ ̄ ヽ| ̄ /::.::.::∧     ...│
                 │           〃 / \_ `l ノ/〈〈ノハこノ‐< ̄ ̄`< ̄\/::.::\|    │
                 │          /  /  、  ヽノ:://`7/ | ト、  \::.::.::.::.:\ ヽ::.::.:: |    │
                 │          /  /    \ノ//  〈/  |_|  \   \::.::.::.::.:ヽ ∨::.::   ...│
                 └──────────────────────────────┘

166犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:19:01.17 ID:n+MdYn3s

                  r ´ { _ ゝ-<  ̄ `-、ノ   ̄ヽ
               /ヽ //     ̄ 丶 `ヽ /   〉
              >、./ / /    \ \  \ ´`ヽ
.              >' ./ //      ヽ  ヽ.  i   〉
              ∠ / | ,λ λ     入.___ ヽ  lヽ
             / / /l / ! イ--ヽ   ノイ\. ヽlヽ∨ !
.            / /  | |,∧| ,r≠ミハ  ハ|  __ヽ、ヽ .\ ゝ        そしてもう一つ。
.          r‐ .. `|/| ノヽ !  !〃んィハ ∨  〃 ̄`| .ハ 〉 \ ヽ       特技習得に並ぶ、犬侍のメイン武器。
         \ \ .レヽ/ヽ!.∧ 弋うり ,    ⊂∧ /..,.イ\|
       r- 、 .に二(⌒ヽ〈 ノ!⊂⊃ ┌ ^ヽ  //.〉´ 〉
         }_`. { ―‐y{_ ,ハ _.イ.> . __、_ノイへ 〉! />          失敗経験が多い上に、能力が低い分。
        />ィ .\ ‐'  .}丿V  ./::/.|`ヽ_/ r- 、〉、ノ.ノ          わかりにくい所に誰よりも違和感を覚え。
       ノ ン`ー八  イイ   /::/ V レヽ∧  Y/,イ          【教えやすくするならここを変更しよう!】って適切に気付けます。
        ̄     |  |>‐、_ ./::/ //|| | /::〈_,.ィ `イ´ ̄`7
              |  |└-7´:::\〈_/レ||_|/:/  /`ーr'、  /       失敗が多いので失敗する人の気持ちがわかる。
             人_ . イ:::::::::::::::::::: ̄:::::::ト- イ__.リ  ̄         なので失敗に寛容で怒らない。
                   >ー 、::::::::::::::::::::::}└┬ ´}
.                   ., '/´   ` ー‐一く _/ /            しかも本人が失敗だらけで出来ない事は出来ないので
                   /|.|            ヽ .__/ liiニ二二二二>     他人の良い所に気が付きやすく、褒めて伸ばす方針が合いました。
        .     /::ヽハ丶, ,___ , __ ,__ ノ,':\ ̄
            /::::::::::::::\ハ、__ハ___ハ__!ン ::::::::ヽ


             ┌───────────────────────────┐
             │※イメージ                                  │
             │                =‐   ¨ ̄ ̄ ̄¨` ‐=           │
             │           =‐ ¨                  \          │
             │           /         __     =-┐   ヽ       ...│
             │.        /       _/.:.:.:.:.:.:.`´.:.:.:.:.:.:.ト、   ‘.,      │
             │      /       ィ´.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:l.:.:.:.\  ‘,     │
             │    r ′    / .:.:.:/..:.:.:.:.:/:/}.:.:/!.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:',  ‘,     .│
             │    {      イ:.:.:,.:.:'".:.:.:.:.:./}/ /.:/ !.:.:.:.:∧ :.:.:.:.:.:.:i    }     .│
             │    ‘.,    j/.:.:.:.:.:.:. イ  ̄ ヽ/ノ /.:.:.: /  }! .:.:.l.:.:|   '   ......│
             │     \.  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|ィてうヾ´ /.:.:.:,/ ̄ヽ|.:.:.:.i.:.:|/       │
             │     ー=彡.: ィ⌒|.:.:.:.:.:.:.| i しノ-= /ィ/んうy│.:.ハ.:{      .....│
             │    ー=‐ 7 .:!  |.:.:.:.:.:.:.l.`T ´    }_,.辷.ノ-、!ノハ ヾ       │
             │.       /.:.:.:.ヽ |.:.:.:.:.:.:.|ヽ`ー―‐´ i{     }.:{.:.!       ......│
             │.       /.:.:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.│  ┌   _ `ー r ' ノ ハ       ....│
             │    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_|.:.:.:.:.:.:.{―r ヽ_У  イ_ {.:.:{.:.:.}       ....│
             │.  / .:.:.:.:.:.:.:.:. 「 ̄ |.:.:.:.:.:.:.| .ト.、     イ   /.:i.::レ.:ノ       ...│
             │. ,.' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 〉ー  l.:.:.:.:.:.:.! [ミ=ニ爪__   イ.:.:.:.:.l八       ....│
             │/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,. -'-=  l.:.:.:.:.:.‘, ̄}':::::::::::}-彳.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:.:.}      ......│
             │.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,/      ‘.:.:.:.:.:.:.:..、 .ミf ,ニニニY  ̄‘、.:.:.:.:.:. |        │
             │.:.:.:.:.:.:.:.:. /       ‘.:.:.:.:.:.:.:.:.、 { l__cjj   ‘、.:.:.:.:.:|      .....│
             │.:.:.:.:.:.: /          ‘.:.:.:.:.:.:.:.:\`T¨{\二¨¨ヽ\.:.:.:.ト、       │
             │.:.:. ,. ´               \.:.:.:.:.:.:.:ヽト、 \\>f / \.i_\    ..│
             │.:.:/               \,.:.:.:.:.:.:\} .}ー―‐'    ´ /. \    │
             └───────────────────────────┘

167犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:19:13.95 ID:n+MdYn3s

             r(/:/ : : : : ′: : : : : : : : : : ヽ ノ_
                / : /: : : : : { : : : : { : : : : : : : : \_)
              /:/: : : : {: : / .!: : : : :ト、: : : : : }: : : : ヽ
           /:/: : : :. :.|-/ .._!: : : :|:| V:_:_}: :!: : : : : ハ
            〃::::′: : : : l/  八:{、: l:{´ _.ヽ:.|: :|: : : : : :八 
          {{::〈′: : : : :《仡笊ミヽVハィ仗笊ミ.八 : : :/} }:}
             》/{: : : : : : { ∨ソ  ヾ{ .Vr:リ/: : : : /≠ノ
          /:/人: 、八:八      ,      ./: /: /:l{ |:::{
            /:/   }ヾ : ヽr:ヽ           /イ: :/、八|:::|ヽ
        〈:/    八}ノ{:/ ハ、\.  0    イ{: /: : { |:::|、:》       犬侍の場合は
            / : : : / ∧{: :> ._ . <}ュ:.人{ : 八 .|:::|
               / : : :./ .-‐y´フ::}≧=-=≦{::Vハ、: : :∧レ         メンタル弱くて。
           /: :rく/ ---}/、:::|::::::(。)::::八イ} ∨ ≧=― 、        叱るのが苦手。拒絶も苦手。
       . : : :´: : /r/   ̄_}》 ./_:_:::::ハ::::::::_::>! ∨     :,
     /: : : : : :./{ |《   rフ_《  ̄ヽ:/ ヽ:{  |  .∨      }       .だからこそ褒めて伸ばす方針を本人も気に入っている。
    /:/: : : : : { .| |∧  八ニ}}  | | | |  ./|   》    .ノ!ヽ      そこに特徴が上手くハマった形だな。
   ./: :/: : : : : : :/ .У .ハ.ハ::::Y乃  .l l | |  {=l  /    / .| : \
  /: :/{: : : : : : :《 / {  {  }::::Vニハ | | ! ! .人.! /   } .イ  !: : : ハ
  {: /八: : : : : /У    .|  |::::::V_八.| | ! !/ニ/| \   |   ハ: : : : }
  |/  ヽ: : :./ /  、 人ノ!::::::::ノニ{ | | !_ノニ(::::!  .》 .}  ./ l} : : : |
      .}: : {/{     \  .|、:::::ゞハl レニr⌒:::::!   /  ; ./ 八: : /


              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : 斗\: l::ト、}
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,        リ   `Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ィ=ミ    ィ≠ミ }: : :〉: :.l:\_〉::〉     こんな所だな。あくまでも参考程度にしてほしい。
               八ノ ;    、      /: :/: |: ト、::::/      一見使い道が無い特徴も使い方次第で化けたりするって一例だ。
              / : : : 込   {l ̄ |  .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> V ノ  ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|       あくまでも参考程度に。
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|       当事者はコンボを色々と考えてみてくれ。
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |         容赦なく外道作戦のノリでいいぞ。
          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l            考えるだけ選択肢が増えるからな!
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

168犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:19:30.31 ID:n+MdYn3s

                    _┌-t´7ソ7ゝ、
                  z-tXニf--´>- 、フ八
                 ゞィ /  ` ̄ ´    \>-<ヽ
                 }> ´           ムf- }_ヽ
             __ イ /    i   i i  i    ハ=〈 ハ
                ̄ 7 / i|∧ /i A i  i   ハrソ ヽ __
                 i  i i iィム∨ リrチム  i  リ}-〈 i-ー ´
                 i ィリレハラテ   弋ソ  /ソ从.fツii
                 i/i i ハ ゞ ,   /イ /i/リ / 从|
                  リ ハ ハ   。  //〈Y〉レ-、
    ∈ 三 ∋         レi〈Y〉 ≧  -ィ/ソ`〈Y〉 ハ        それでは最後のまとめコーナーに入ります。
   r=ト==red=イi         〈Y〉リィ--t  /_ 〈Y〉   ハ
   {{ .i     |         〈Y〉´} ヽ=≠´ }〈Y〉     〉        次回は本編がまとめなので。
  >人________人ー 、      〈Y〉 /ソ-〈 __ソ::〈Y〉-- 、/                   このコーナーは最後です。
 ゝニニニニ二ニニニ丿     }>=<{ん|::/ |:::::::::}>=<{--v〈{
    ヽ --ー- 、 ヽ       |ノゝイ:::{rz|::::::::::::|ノ /:::::::|
           ヽ  \  /  /λ:::::::::::::::::/  /::::::::i
            丶  -  /   ゝ:::::::::::/  /-:::::::fz
              `   ´      |::::::::/  /::::::::::::::::ヽ
                       〉:::/  /-ー:::::::::::::::>
                       ゝ/  /:::::::::::::::::::/ ト、
                ____rソミ/  /ー----<ィ´:::::::::ヽ
              にY:::::::::::::rソ//  /       /ツ{::::::::::::::\
               に{::::::::::rツ  /  / /    /んソ:イ>ニ」≧ヽ
               iラ{:::::rソ /   イ/     イんソrツ    ヽfヘ|

169犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:19:45.77 ID:n+MdYn3s



      ┌..【作業をしやすくする方法の例】 ..────────────┐
      │ ・作業に【縛り】を付け、行動を制限すると効率が上がる。 .....│
      │ ・縛り=ルールは【順番】【行動内容】               .│
      │  【作業が終わったらどうするのか】等が有効。         .│
      └──────────────────────────┘


      ┌ 【個性はコンボ次第で応用が利く 】 ────────────────┐
      │ ▼犬侍&親友の応用例▼                           ....│
      │  ・特技を増やすのが趣味 ってくらい特技習得が得意(物による)    .│
      │  ・教本のノイズに気づきやすく、良い教え方を考案する事も。        │
      └───────────────────────────────┘



                  r ´ { _ ゝ-<  ̄ `-、ノ   ̄ヽ
               /ヽ //     ̄ 丶 `ヽ /   〉
              >、./ / /    \ \  \ ´`ヽ
.              >' ./ //      ヽ  ヽ.  i   〉
              ∠ / | ,λ λ     入.___ ヽ  lヽ
             / / /l / ! イ--ヽ   ノイ\. ヽlヽ∨ !
.            / /  | |,∧| ,r≠ミハ  ハ|  __ヽ、ヽ .\ ゝ
.          r‐ .. `|/| ノヽ !  !〃んィハ ∨  〃 ̄`| .ハ 〉 \ ヽ
         \ \ .レヽ/ヽ!.∧ 弋うり ,    ⊂∧ /..,.イ\|
       r- 、 .に二(⌒ヽ〈 ノ!⊂⊃ ┌ ^ヽ  //.〉´ 〉        ルールよりも、縛りって表現をした方がニュアンスが合うんですよね。
         }_`. { ―‐y{_ ,ハ _.イ.> . __、_ノイへ 〉! />
        />ィ .\ ‐'  .}丿V  ./::/.|`ヽ_/ r- 、〉、ノ.ノ        これらは一例です。
       ノ ン`ー八  イイ   /::/ V レヽ∧  Y/,イ        要するに【使えそうならガンガン応用してください】ということです。
        ̄     |  |>‐、_ ./::/ //|| | /::〈_,.ィ `イ´ ̄`7
              |  |└-7´:::\〈_/レ||_|/:/  /`ーr'、  /
             人_ . イ:::::::::::::::::::: ̄:::::::ト- イ__.リ  ̄
                   >ー 、::::::::::::::::::::::}└┬ ´}
.                   ., '/´   ` ー‐一く _/ /
                   /|.|            ヽ .__/ liiニ二二二二>
        .     /::ヽハ丶, ,___ , __ ,__ ノ,':\ ̄
            /::::::::::::::\ハ、__ハ___ハ__!ン ::::::::ヽ

170犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:20:14.70 ID:n+MdYn3s

                    -- --
                       /      \
                    /  _n_n_n_n_ ‘,
                     | rく>‐⇔‐<〉┐|
                  _ | [/   ハ   \].| _
               (  彡'  -‐ /\‐-  \   )
               ( ̄∠,彡 ━   ━ (\(^ ̄)           残業を除いて、次が最後の投下になる予定です。
                ( ̄ ⌒Yl〕  ー  〔i(Y⌒  ̄)
             /\ー (Y)} /i\ { (Y)⌒Y´\           もう少しだけお付き合いを
                 {   ( ̄_(Y)_' /lハ  _(Y)_⌒)   }          どうかよろしくお願い申し上げます。
             \__〕レハ勹〈人j レハ勹〔_/゚  ,
          ,。 '´   /  X二二二二二X   ゚:.,_   `'  .,
     _ _,.。 ゚  ,.。 ' ´  / / / ′i{ ゚。 ヽ\__   ゜' -  ,_ `ー…‐┐
    (_ノ^',_,ノ,。 '"    厂/    ' /  }      Vヽ        `ァ⌒⌒ヾ
  /:_:_:_}: : : :\_ __,ノ[ {               ヽ} ]\_ _,/: : : {i: : : |
  └^ー)}: : : : \:_:_:_:_;ノ[ {/             } ]: : : : : : /: :/⌒>┬)
    ⌒)ヽ: : :\: : : : : [ {             \} ]: : :_:_/: : :/ /´ ⌒´
       ] }: : : : :\:_:_:_[_^ヽ  /       \   ノ ノ: : : : :/ : { [
     ⌒)}i : : : : : : : : : ⌒ヽ\______/_(⌒:_:_:/: : _:/(⌒
      ⌒)}i_:_: : : : : : : : : : ∨こ^こ^こ^こ^こ∨: : : : : : : : /(⌒
        ⌒ヽ\:_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /ヽ/
          ⌒ヽ\:_:_:_;ノ: : : : : : : : : : : : : : : : \_:_/(⌒       レッスン3
             ⌒ヽ/⌒ヽ:_:_: : : : : : : : : :_:_:_:_/(⌒´
                 ⌒⌒⌒( \:_:_:_:_/[ (⌒⌒             【広汎性発達障害の個性と応用】
                         }⌒⌒⌒'⌒⌒!
                   /  ヽ  ノ、 ,ノ{                                おしまい。
                     /    /}   :
                   ′    / ;    !
                    ;    /     |
                      .    /  !    !

171犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/02(金) 03:20:36.44 ID:n+MdYn3s
はい。全4回+α の投下予定の3回目まで終わりました。
当事者たちはネガティブになっている方も多いので。
特徴の応用は【こういう考え方もあるんだよ】 という感じにとらえていただければ。

そして新しい考え方が割と染み込みやすいと思うので
この考え方を気に入ったら是非是非試してみてください。

基本、上手く行かない事が多いのでトライ&エラーです。
これも【この組み合わせでいけるんじゃね?】と仮説を立ててトライ。
手ごたえの有り無しで軌道修正をしたりしながらスキルを確立していただければと思います。

>>95 >>97 を基本に、どれだけ前向きに武器として昇華できるかは皆さん次第です。
今晩もありがとうございました。 本の内容より、ほぼ実体験なので賛否分かれるんじゃないかなとちょっと怖いです(´・ω・‘)

172安価規則、管理スレ524参照@シェルター2014/05/02(金) 08:04:34.28 ID:hBiRkH6O

発達障害はその特性上、「コンボ」が悪い方向で自分に向く可能性が高いですよね・・・
あと、ある程度目処が立ったら次の投下がいつになるか教えてもらえるとありがたいです

173安価規則、管理スレ524参照@シェルター2014/05/02(金) 08:35:12.80 ID:PKIqDpTL


片付けの例が分かりやすかった。
漠然と片付けろと言われても、どういう状態が片付いているのかも
分からないんだよね。

174安価規則、管理スレ524参照@シェルター2014/05/02(金) 10:26:10.88 ID:XmiXR8VB

想像力に関してはまったくもってその通りだったわ
具体例がないとまったくわからないわ
次も楽しみにしてます

175安価規則、管理スレ524参照@シェルター2014/05/02(金) 11:57:18.36 ID:wB3Ol+pe
おつおつ
絵で見て~ってのはたしかにそうだなぁ
文章も映画みたいに情景を頭に浮かべながらだとすらすら書ける

176安価規則、管理スレ524参照@シェルター2014/05/02(金) 12:32:59.61 ID:QB2+ytVF
乙でしたー
口頭で言われた指示は曖昧でわかんないことが多いから大変ですよねー

177安価規則、管理スレ524参照@シェルター2014/05/02(金) 15:54:06.63 ID:meGg9Ugw
乙でした
傷の数だけ優しくなれるとも言うし、ただ苦労が多いだけじゃなくてその分何かを学んでいる筈なんですよね
そして>>164に心当たりありすぎてワロタ

178安価規則、管理スレ524参照@シェルター2014/05/02(金) 16:47:08.40 ID:Ew9MApx0
乙なのです(読み返ししてたら追いつくのが遅れた…)
一度検査行こうかな…可能性ががが
>>95のほとんど当てはまるんだよね…

179安価規則、管理スレ524参照@シェルター2014/05/02(金) 20:05:02.86 ID:y7n5fzmR
乙ー

俺も作業手順を漠然と言われてもわからないので、
「こうしたら次こうする、こうこう位まで回ったら次はこう」という
先輩の動き方を完全にトレースした自分用マニュアルを作ったら、
どんな初心者だろうが熟練者の様に動けるし
成功結果を高確率で再現可能な優秀なマニュアルができた

ただし冷蔵庫のどこどこにあるとかこの機械のクセとか
材料の量と置き場所が同じとかじゃないと破綻する
「とても応用が効かないマニュアル」になってしまったためその職場の後輩にしか使えないw

180安価規則、管理スレ524参照@シェルター2014/05/02(金) 22:46:27.34 ID:93h0AXNu

もしそういう人に出会うことがあればこの辺理解してやれるだけでなく活かしてやれるようになりたいな
というか具体的で分かりやすい説明やマニュアルはそうでなくとも憧れるw

181安価規則、管理スレ524参照@シェルター2014/05/03(土) 03:26:55.02 ID:Fx2n7g6m
乙乙
失敗経験が多いから失敗に寛容、
とか人を褒めて伸ばしたがるとか結構共感できるなぁ
想像力特化で、詳細な説明が苦手なあたりは正反対だけど、
やっぱり人間同士だし、どっか似通った所はあるもんなんだろうな

182安価規則、管理スレ524参照@シェルター2014/05/03(土) 04:14:29.99 ID:Mj7lY/WV
乙でした

失敗に寛容……無理だったナー
周りはみんな自分より優れてるんだから
「私に出来る程度の事くらいできろよ」ってなった

183安価規則、管理スレ524参照@シェルター2014/05/03(土) 06:41:11.35 ID:3fTkv91i
まあ普通はそうなる。
大体の人は、自分ができることが他人にできないとは思わないから怠けてるように見えるし。

184犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/05(月) 12:26:22.58 ID:l8oGbSt5

                   . .r~'`i^~^iト、
                /r'´}.イ^~`´`  .レヘ
                   . ' f´i/       i  `ヽヘ
              /  レ'    /  . i!    ∨)
                 / // ,.∠... //人 ヽヽ ∨}
           /, ', ' . ' ,.ィ1rrテぐノ´ __ ヽ l i ハ!    【お知らせ】
           f´ / / / , '(Y)| i匕ノ   ,lヒ'K } l l !リ
          レ' !/ // (Y)∧""  ' ´~ /从 li |
            lイ从ハ(Y) |\ -  . イY) l|ハ!
            レ'>'リく (Y) 「\` 「リ _ル(Y)ハ        >>172
           {`/ /_ )(Y).ノ  〉^く ∨(Y)1 i.       犬侍は投下完成間際で、表現に悩んで数日練り直し等が
          / 〈`ヽ( (Y)\ /`ーヘ ∨Y)〉 ノ       ザラなので、目途立てにくいです。
         /   ∨{こXこ}`ヽ.`「 「 ハ ハXこ}
         Ⅴ``  〉 / 〉   `|_||_|/  \ \       >>82のように目途を口にしてしまうと延期宣言しそうで精神的な負担が・・・
             ∨⌒∨∨X{  _ri_.  Y      .! /
          く|  i! | i|⌒id´  ム'.      ノ /       残業コーナー含め、気長にゆるーい気持ちでお待ちいただければと思います。
       /´二二二二二二二二二\   ノ く
        乂 ___∩ // 7____.ノ  {_.ノ
           |   /  //,. -──- 、 〉 |
           ゝ._乂.. イ<. -── - 、\ノ
        ,. --'´ //⌒/´           ヽ. \
     ,. -'´   /._ノ  /   \    、  !  iー - 、
    /    /  i   /     ヽ、  ヽ .'  \.   \
   く    /   |  ./        \  V      \  \



185犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/10(土) 01:10:40.02 ID:Zl5StShV

                  _v/, ---- 、
.                , '´,.-‐rrー、-、: :\
               /./ ヽ_」L ソ_//`L_: : ヽ
                  ,'ノ ,r‐イ ̄: : : : : :ヽ、 `ヽ.ヽヽ
                 〈 ,イ: : : : : : : : : : : : : : :\jハ.',',
              V.' : : : : : : :.i∨: ; : : : : : :ヽ ij: :}
               ,ィi : : : : : : : :.ヽVト、:iヽ: j、: :ト- f=-
                 i: jハ: : iヽ`ヽ、Yヾir匀 iゞ、V:|ヾ
                  |:'j: /∧:i弌::ナ    '''jYjハヾ          皆様、今回もたくさんの乙をありがとうございます。
                  レ リ:ヾ:.ヽヘ''''    _  イYリ,ィハ
              ,-ヽ: : : 辷Zi‐- -:' 辷ji! }ヽ、         本日も補足の残業を開始します。
                 Y   ヽヾi:iヒハ∧',_/辷ji|ノ / ∨
              ハ    ヽi.Kリ`.{ } r:v':7 /    V
                  i  ヽ、_ハ トt:::::::/ハ.::个'ji/    i
                ,'       ヽ::::::// |::::::/イ   jハ
             八       }:〈_r、__,ゝ(       j
              ヽ、 _ x-r-t'::::::::::::::::T`ヽ __//         ──と言っても、当事者率が高いようなので
                  廴!   V::::::::::::::::/`ー.≠                 今回は補足する事も少な目ですけどね。
                      /:∧  ∨::::::::::/  ./
                ,イ:::::ハ   V::::::/   /:}
              廴{_::,、::',   i::::′   ':::::ヽ、


              ,r‐f^Y⌒Y‐v、
             _rク .乂/⌒ : `: : .、
         ,rク rク-イ: : :、: : : : : : : \
        乙/: : : : :}: : :.:ト、: \: : : :Yヽ
       ./: :,′:/:_:_:/_:/| :| ヽ斗、: : :|⌒)
     .rzz}ハ: !:|: |: ;_'__}/_ }/ _}__∨ : リ=ァ
       {ニ|レ' |:Ⅳ/!::::::::}    {::::::::}ト、ノ=《
      ハ/}|: 人_{__ゝ- '     ゝ- ' |/: ∨{
       |: : :/     \       .ノ: : ∧.〉
       }: :/  .!    ∧__△ . <=ミ、:.∧        (コメントをくれた方々の当事者率が高くて、
     ノ:./   |    / .〉_{ニ〉ァ |∨  ∨:∧         認知度上がるのか少し心配だ・・・)
    〃:/     に二二つレハ「 ノニ}  ./.∨∧
    {: /      ./三\__}ヽ Уニ.人 〈  !ヽ: ゝ _
    У       /、\-z三フ水zイ::::::} Y | ∨: : `: : . 、
__八        〉. __\::::::}ニト、\::〈 / l  ヽ : : : : : : ヽ
三三三≧=====<   / }::/ニノ::l::`}≧=--.|    \: : :ヽ: :}
三三三三三三三ニヽ { Vニ/::::ヽ:::::::::`ヽニ\.    \: :}:(

186犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/10(土) 01:12:04.93 ID:Zl5StShV


                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、
              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ: \: : : :\l : : }::Ⅸ
                ,〃: : :_:/_ |:{ \: :\-==:\: l::ト、}
               //: /: : /{ ` ヾ  }Kヾ\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,ィ芯     リ,ィ≠ミ: :\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l{{.{::r'}      {::r':リ 》: : 〉: :.l:\_〉::〉      想像力についての同意がやはり多かったな。
               八ノ ;. `¨´ ,    `¨¨ /: :/: |: ト、::::/
             /: : : :込    r 、   .イ : 八:.|: |ノ¨||        「片付いている状態」も広義で言えば
          `ー彡:/ : {:从 : :>  `    ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|        その状態が想像できない、普通の人と同じイメージを
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{        理解できないという意味で想像力の問題だろうしさ。
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |
          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l         本曖昧な事を理解することも苦手だしな。
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : :.\
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、

187犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/10(土) 01:13:13.02 ID:Zl5StShV

                     _r~ヘ_r‐z_r 、
                    〔厂しヘ厂しヘ厂しヘノゝ、
                     /................/........}..............ヽ丿ヽ
                     /............./.../{.........{......i.............`く.\
               //.............斗-{-{....../|......}、....!...........ヽ..i
                     ..............i...∧_j_ |.....{ |..../⌒!ト、..........}!
                |../{./{..}/「´⌒`\l レ'  _j_  }..|.....}..|
                レ...(乂)⊂⊃      ´⌒` レ从ノ...!
                     /.....(乂)    /^ ー ┐ ⊂⊃乂)......!
              ,_,_  /........(乂).、   {    :   (乂).......!       >>178
               爻爻/.....{....(乂)...\  ` ー '   ,..(乂).......!
        r厂 Χ⌒厶イ^:【`Y´】.......〕ト    ,.....〔......(乂).......!       >>135へジャンプしてください。
        ,/(_`く ‘,    ./.....ヽ>ヘ __人.......}、【`Y´】\)       絶望を味わっていなければセーフですよ。
.      ((/〉 } |     ,{..........}|  /}    /``ァ‐/.....ヽ
        /{ (_   |    / 乂 乂レ仁彡,_/::::::::/  {..........}         障害だと認定されることが問題ではありません。
      (   ‘ー    :, /    .:':::::::::/{ }ヽ /:::::::::/  乂 乂ヽ        日常に支障が出ることが問題なのです。
            ゙,   ゙ \__/::::::::::::し_し/:::::::::{       /
             ゙,   ‘, 厂〈:::::::::::::::|{:::|{::::::::::::::::::\___/}
            .   ∨   ヽ;::::::::::l」::l」:::::::::::::::::::/::ヽー― ヘ
             !    ‘,   }ニ=-::::::::::::::ニ=-::彡:::::::〉    ゙,
             ,     ; / 〕:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ |     ,
               \     / {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;以-     ,
                 `¨¨¨´ /( ̄⌒^\:::::::::_;。*'"       ,

188犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/10(土) 01:20:08.76 ID:Zl5StShV


                   r<)/:/: : : : : : : : :.\ (ァ-.、
                     (こ/: : ′: : : : : : : : : : :.ヾ_.ノ
                      /,: : : : { : : : : ト、: : : : : : : : ヽ
                   /: :{: : : : :ハ: : : : { \: : : : : } : ∧、
                /:/{: : : :{:/ 、V{: : :| . -‐ヽ} : : |: :. :.}ハ
                  {/:::|: : : :|{   ヾ:.八 ,.ィ≠ミ、: :八 : ハ}}》
                 ./| }::|:人:八ィ≠ミ \{ .しrリ 》': : : /彡イ
                 ヾ=ノ人: : ≧ヽ    、   ¨/:イ: : :}八 Vハ        >>179
                     /:/:{ 个}:込.   r - .ヲ  /: : /{、:_:>Vハ        犬侍も親友も「修正した教本作りたい!」
                    ./:/|:::|  }:.}八{>    ィ/: :/八: {  }/}        というタイプだったが、それは凄いなw
                   {/{ |:::| 八rz、ヽ:ノ》千ィ≦}/〉}、: : 八  レ
                    ヾ∨:.ノ}乙 ̄〉':○:::::{{_::イ  } ` - 、         応用が効かなくとも
                     /:/:::::{乙 /_::::::ハ::::八 /  .|     ∧        君のおかげで後輩はとても助かっていると思うぞ。
                 /: ′:::{乙  }∨/ V ./   !    ./ _}
                /:〃:::::}:::Y_》./ l{ { l{ ./   ./  /´ .{ヽ        応用を生み出す人間は、頭の働く余裕が無いと出来ない。
             . . :´: : { V::::′Vハ.{ l| | l|/   ./  /   》∧      君が後輩の余裕を作ってあげたのは大きいはずだ。
               /: : : : : : ! {:::{::::::::Yハ | { /   /  /    /: :∧
            ./.: : : : : : : :.|  V|::::::::::《ハ | |./   ヽ      /l}:/: : ヽ
         /: /: : : : : : : :/|  V}::::::::::::`}イ{    ./  {       |: : : : :∧

189犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/10(土) 01:25:43.77 ID:Zl5StShV

                   r―/ ̄>―-、
                 /!{, -― 、__   ヽ,
                ,  ´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  ヘ
             ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:i.:.:.:.:.:.:\  }
             /イ.:/.:.:./:∧.:.:.!.:.:',.:.:,.:.:.:.:.:\ ヘ           >>181
              /.:.|.:.:/|/ ヽ、トtr-、ヽ.:.:.:,..:.:\ }          当事者同士は共感できるところが多いのではと思います。
              !.:∧/ィァ、  ,rt- 、ヽ.:.:',.:.ヽ.:.:.:ヾ.
              |/  >!iり   弋り ヽ:.:\.:',.:.:.:.:.:\        犬侍と親友は話し込んだその日のうちに親友になれましたが。
                .(.:{        (.:.:.:ハ',\ヾ`ヽ)        これは、たまたま2人が合っただけという可能性もありますし。
                (.:.:ヽ、 ー   .(.:.:,イ ヾ:/  ノ)ノ、
              ヾ ̄`⌒´~ヽ-r―<{.:.:.i'     /  〈
              ヽ/ーf、_ノ:、ー--} ̄⌒´_{   /    .)゙7
               rYrっ}:::::::(゙、゙、ヽ'7ーヾ-、_ /   __,ノ;/-‐゛"`ヽー‐-;;_   __
               Y、∨:::::::::::(゙、゙、::::ヽ.:.:.;}| ソ_   //~__,ゝヘi、_rヘ,_''  ),, / l
               /j ヾ::::::::::::::::(゙、∨/>j::::l イ  ヽ/ー7´i ! ̄i i ̄ハ'=r‐、 .」/ /     それでもいい意味で共感し合う条件として
              \:::::::::::::::::::::::::〉゙、V /:::::::ノ  /.<ハ; |イハ l.レイハ iハ⌒/ 人_     【前向きに現状を認めること】が大切です。
               /し__:::::::::::__ノ /〉゙、::::_ノ、__,ノ-‐<レ|/○`'  ○`'λ ̄ヽレイム
               └-レoLL|  ィト-、ーY"  } >、ソフミリアi ""r-‐‐v,""イ `´゛-イ
           _rッへ、_.`┬|" ̄ | ニ) )ニ  } <-、ソ,/ノイ |lゝ,ヽ、__,ノ_ノ j   ,,,.‐'\ \\
       ,.r-ァ'ニフ"    `ー-|   レ'7(へ`ー<  `-r'_,.,___`、ハ  ~」_/、  ',-‐<;;;::::::::::', ||
      /:::::::≡            |-‐ーf /::::ヽ' ゝ、 \ ( |::::::::::;`l^レ'´§ ヽ、__」 |-、ヽ⌒ヽ) 丿丿
    ///:::::::≡            L  レ:::::::::::::::゙!ヽ  〉( i:/⌒r,^'ー、__§、r-v⌒ヽ
   /::/ /:::::::::::≡         lニ96コ::::::::::::::::}  V     /~ヽ"゛V`‐L/゛`'⌒'\
 /::::/ /::::::::::::::::::≡        |   |::::::::::::::ノー-、    /  /      ',  ヽ、  >    暗かったら愚痴の応酬にしかならない話題ですからね。
 \ノ /:::::::|:::::::::::::::::彡ハハフ-‐''⌒ヾ |,. -‐''"_,. -‐'}   く__       ハ  ゝイン
  \/:::::::ノ::::::|:::::|::::::::::::::::::(( / , ,_,.,.ノ-─''"  _,..ノ    `'、__ニ、_r_、_イ__r__ェ_'ン´
  /〈:::::::/ j:::::|::::::|::::::::::::::::::::し{/し'-┬─┬‐‐''"        i__,7   i,__,7
 /  `Y__/:::::|::::::|:::::::::::::::::::::::::::゙、   |_o__,|=|コ         └'゙   i,_,/
ノ   ノ `┬|::::::|:::::::::::::::::::::::,r-''  ト-r'

190犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/10(土) 01:29:20.66 ID:Zl5StShV


                         rzクこ>-≠ミ}ァ‐ 、
                     (ク´/: : `: : : : : : :\.(ヽ
                  /: : |: : : : : : : : : : : : :ヽノハ
                    /: : : : {: : : : ! : : : : : : : : : ∨:'.
                /: : : : ハ: : : :|ヽ: : : : : : : : : :∨}
                .′: : : {- ト: : :|. -\‐: }: : : : : :}∧
                 {/{: :八|ィミ、V、{ .ィ≠ミー! : : : : 八〉》
              《z|: : :人Vリ ヾ{.  しrリ 》: : : :{/:}:::「
                /:::ト、:Y≧=- '     /: :/ :|八:::ヽ        次回は最後の投下になるが投下予定はまだ未定だ。
                  {:::::|  }: }込.  、   イ{: /:ヽ八 : ∨ハ
               八::| ノイハ: :{>- _ ≦ィ{/ニ{ュ: : : : : ヾ{       未完で終わらせるつもりだけは無いので
                   ̄}/   }:rz、_ノ/ニニニ{ニニ》.V<:_: 八        気長に待って貰えるとありがたい。
                    rf》ニニ} 》={{::}}ニV/} !    `ヽ
                 /} V{ニニ〉ヘ个ヘ{ ̄.rク .|       .      最後はまとめと、ちょっとした心構えの予定だ。
                /{ リ VYニ{ .| l| | } rク}  .!   .  ´ }
              /: |/  }《ニ{ l l| l |rク/  |  /   ハ
           . . : ´: : :/{   .V:Y{ ! | lrク::′  .!     { : ヽ
        . : : : : : : : : : :{ |__  .}:::::ヽ| |rク::::′ /      | : : ∧
       /: / : : : : : : : : |  l}   |:::::::::V:::::::::′ 〈  |      | : : : ∧
      l{: : :′: : : : : : : : |  l|  .V⌒}{⌒)::′  〉 .|       ; : : : : :∧
      .八: :{: : : : : : : : : f  .l\ .}_ノ八イ::′./  {     ハ: : : :}: : }
          ヾY: : /: : : : :/   l|  ヽ|r{::::}ニ}′/   //   {: : : : : :|:.ノ           【レッスン3 残業終わり】
          ノ: /: : : : : {´⌒ l|   V:::::::Y′/   .{ -―   |: : }: : : ゝ-
     ー=≦イ: : : : : :イ    .ノ    }:::::::::{{./   「     ; : : |: :}≧==彡
           `ヽ/ /     〉   |:::::::::|   ./       .{: : : l: :|
          r<     _/     .|:::::::::| ./      /{、: : ノイ
     ―――ィ≦      ./―――┴‐ ‐/       /――┴┴――――
       〈/´ ̄`ヽ_ 〈       . <__    Y
     /フ´   .-、 {二二二二二フ     ノ二フ.7
    ./ {// / /  } {7777777 / ./ / ./´77 /=//
    / /|ノ{./} .ノ __`―――― {ノ} ノ ハ {―‐ /=//
   ./二二二´二二二二二二二二二二二二二_//
  └――――――――――――――――┴´


191[重要]作者様は管理スレ582参照@シェルター2014/05/10(土) 01:37:41.70 ID:y6aXCgcK
乙でしたー
知名度向上には役に立ってると思うよ
俺このスレでいろいろ知ったし

192[重要]作者様は管理スレ582参照@シェルター2014/05/10(土) 01:39:30.20 ID:+klJ2FeH

勉強になります。

193[重要]作者様は管理スレ582参照@シェルター2014/05/10(土) 01:50:50.18 ID:ITKvsJjC
乙ですー
自分はこのスレで広汎性発達障害を知りましたよー

194[重要]作者様は管理スレ582参照@シェルター2014/05/10(土) 05:12:00.01 ID:8j9jkBJa
乙です
(意識しないと…支障出るんだよね、これがまた)

195[重要]作者様は管理スレ582参照@シェルター2014/05/10(土) 14:07:27.25 ID:BI7E5M0+
乙乙
どうなんだろ、たぶん当事者ではない、と思う
睡眠障害とか色々引っかかりそうなレベルで
支障は出てなくもないけど、なんとかなってるしね

>>193に同じくー

196犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/15(木) 19:19:48.68 ID:PTB3SxDn

                           ,.ヘ、                |
    丶 '         __/`ヽニニ二ヽヽ       \             /
     _ @ ´      /. : : : : : : :` : : : : .` ̄ヽ、         ┌―――┐
      , 、'⌒ヽ   /.:.:/. : .: .:./:/ :. :!:.: : :. : :.:.:.'.    _   |      |   __
             ~ /.:.:/ .:.:.:./|.:,イ:. :. :|:.:.:. :.:.:i:.:.:.:|          |  └―┘
               |.:./j .:.:.:/  |:.! \:.:.ト、:.:.:.:.ハ:.: lヘ、      └――‐
               | :|,'|.:.:/l-―ヾ  ヽl-ヽ、/|ニ|:.:.ト、 \  /          \
             /∨∧:.:.:}==    ==}.:ト-!.:人 `ヽ、\        |
         〈/ //´`ヽ/W         W、|:.:j/! `ー 、 \)
             VV    iゝ._   、 ┐  /.:/イ.:.|    `~     励みになります!
                    |:.i 〈厂「 ̄厂 ̄|;/.:.:.|.:.:|          【広く知ってもらう】が目標ですからね。
                ヽ| /厂|/,|「 ̄ハ:.:.:.|.:.:ト、         ありがとうございます♪
                 `| l i|/,|| / ノ!.:.:.|.:.:| ヽ
                     | l l|/,|l i   |.:.:ノ.:/  |        リアルの都合で今は勉強中です。
                     | l l{三}il l   |:/レ'           孫子楽しい。最後のまとめにも混ぜそう。
                     | l l{三i}l |   l'
                j_j |∥ || |__|_
                   |)(|i |∥ || |()‐()|



197[安価規則]管理スレ591参照@シェルター2014/05/15(木) 23:57:24.63 ID:ZAtSYWoB
ところで>>164
>特 技 習 得 能 力 が 異 様 に 高 い
とあるけど、差し支えない範囲でどんな特技があるか教えてもらえたら嬉しい

単なる好奇心以上の意味はないのでスルーしてもらっても大丈夫です

198犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/16(金) 02:33:23.18 ID:PxdVmdK6

           , 、___
       x‐‐‐v' ヽヽ` ` ̄ヽー、
      / ,イア´   ヽヽ   ヽヽ    ,ィ ア ;
マニ=-、_{__{_!{ { i ト、  ヽヽ   ヽヽ_,イ彡'  ;     >>197
 `ヾ三≧ニ三≧xj ト、込_ヽ}厶}ト、ヽ Yイニ彳
    了彡三彡ソソト!c○ ヽ}Ο。ハト、 Vニツ
      ̄彳'ツツ从| ト/////// {从ハ }"´          とある理由(※2)で詳しくは言えません、ごめんなさい。
       l丁l「l>ト、 /^^^^{,.ィi从} }iノ
       lハ\j二.ヽ ヽニマ´ { { ;             ぼかして言うと、
       >`´  \ヽ \.\ ヽ \             【頑張ったら再現できそう】なバトル漫画の技や
     /__    / Vハ}`く`マニ、_ヽ_          体の使い方を片っ端からコピーしたりとか出来ます。
     |‐o‐‐o`ヽ/   V  /\}ニニニ三二ヽ ;
     |7¬‐-、ヽ!    〉〉'´: . ハ ̄ ̄ ̄`ー-、} ;     すぐに出来なくても、気に入ったらちょくちょく練習をして
   ;  // / }┘!  //::.:.:.:./  〉 ;     ノ     ..気が付いたら使えるようになっていたりします。
  ;  厂  / ∧/  //::.:.:.:.///  ,-、__
   /   .\/ /  //二二{ /7 ̄/ tノニ} ;
 ; /      }イ//──‐{   {∩{-てニノ ;

※1 犬侍の場合です。
※2 このレベルで変わった特技を覚えるので、詳しく言うと特定されるんじゃって物まで習得しています。>>197


199犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/16(金) 02:34:22.53 ID:PxdVmdK6
最後をドジりましたが気にしないでください(´・ω・‘)ゴメンネ

200[安価規則]管理スレ591参照@シェルター2014/05/16(金) 12:25:16.75 ID:IwGX0aMu
ほほー
自分は運動神経クッソ悪くて、体を使う系の技は全く覚えられないよ
(多分「2つ以上のことを同時にできない」にひっかかる)
自分で自覚できる特技習得というと、気に入った本(マンガ、小説とわず)は
隅から隅まで2,3回読めば大体暗記できるから、本を持ち運ばなくても良い
ただ好きな本はニヤついちゃうから頭の中で読んでる光景を他人が見たらクッソ気持ち悪いと思う


201[安価規則]管理スレ591参照@シェルター2014/05/16(金) 12:31:23.38 ID:00tSGru+
>>198
なるほど
バトル漫画とか格闘技漫画を読むと何となく真似したくなったりしますよね

202[安価規則]管理スレ591参照@シェルター2014/05/16(金) 21:31:41.78 ID:befSTVR5
うわすげぇ
サヴァンとか自閉症ってカレンダー記憶とか絶対音感とか有名だけど、
本当に脳って不足があれば特化するようにできてるんだな

203[安価規則]管理スレ591参照@シェルター2014/05/16(金) 21:35:57.15 ID:s+SaFNvq
俺アスペルガーだけど皆みたいな能力ない・・・集中力も人よりないぜ
辛いぜ

204[安価規則]管理スレ591参照@シェルター2014/05/17(土) 08:45:02.80 ID:WssfImaU
アスペでも個人差はあるし、何に特化してるかはやってみなきゃわからんのだ
大事なのは失敗を恐れず何でも挑戦することやで!

205[安価規則]管理スレ591参照@シェルター2014/05/17(土) 08:46:51.70 ID:C9W/DEEe
集中力無いのはADDも併発してるからかもねー
似たケースだが発想力と独創性には割りと自信あるべ

206[安価規則]管理スレ591参照@シェルター2014/05/17(土) 11:52:04.13 ID:2FVS2fGN
一年ほど前から集中していると不意に視界がぼやけて
見えているけど判断ができない状況になってしまうんですが、これもアスぺの症状ですかね?

207犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/17(土) 14:39:13.35 ID:66M8pxES
>>206
少なくとも私は参考資料で見たことが無い症状です(´・ω・‘)
発達障害は生まれつきですが、弊害で後から別の症状が現れることもあるのでなんとも・・・

アテにならなくてもいいなら、眼科。神経内科。心療内科(精神科)あたりかも。(´・ω・‘)ゴメン ワカンナイ

208[安価規則]管理スレ591参照@シェルター2014/05/17(土) 14:42:50.85 ID:e/0+2Ubw
新聞の文字が見えてるのに読めなくなるって症状があったが
あれは脳梗塞辺りだったようなうろ覚え

209[安価規則]管理スレ591参照@シェルター2014/05/17(土) 15:09:42.15 ID:2FVS2fGN
突然の質問に返答ありがとうございます。
うーん一回病院行ってみることにしてみます。

210[安価規則]管理スレ591参照@シェルター2014/05/17(土) 17:41:31.99 ID:gGUJPYrp
ディスレクシア?
判断ができないは学習障害系に聞こえるな

211[安価規則]管理スレ591参照@シェルター2014/05/20(火) 18:32:01.22 ID:vNOAlJQh
知らぬ他人から見ると面白い偏り方があるんですなぁ、障害の名や当事者を見てるともっと酷いもんかと思ってました。
身体の操作や五感の偏りの場合、常に痛みを感じたり力を抜ぬ為に力を入れる意識が必要だったりする人も居るのかな?

2125/21昼過去ログ化実施@シェルター2014/05/21(水) 00:11:26.97 ID:ENUxftN4
(それは発達障害というより普通の障害or病気なんじゃ……?)

2135/21昼過去ログ化実施@シェルター2014/05/21(水) 09:16:51.75 ID:ehsGNHFD
発達障害は脳の機能の問題なんで、五感の偏りで特定の音や食感が我慢できないことはあっても、
それで痛みを感じるってのはないぞ、たぶん

214犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/05/21(水) 11:31:34.50 ID:UglsIwXd
忙しくて具体的にそういう特徴がある物を調べて挙げられないけれど
それは発達障害じゃないと思います(´・ω・`)

成長過程で周囲についていけなくなったりする【発達の障害】ってイメージをすると分かりやすいかもです。

そこからたくさん分岐するので分岐先の細かい説明はできません。
当事者が学んでも、同じ境遇の人と話を擦り合わせないと全然情報が足らないなと今回思いました。
本からの情報が足りなすぎ…(´・ω・`)

215名無しのやる夫だお@シェルター2014/05/21(水) 19:50:30.99 ID:qxo2qu/J
そもそも発達障害でいう「発達」てのがわからん人が多いと思う
いうなれば「何歳くらいならこれくらい○○できる」っていう指標があって
○○には「数学」や「コミュニケーション」や「文章読解」や「手先の器用さ」みたいな言葉が当てはまるんだけど
6歳で漢字は小6レベルまで読めるけど人との会話は3歳児とか
そういう「発達」にあまりにも偏りがあると、「障害」になる
難しいのは普通の人だって多少の偏りはある(けども成長につれてバランスとれる)から
きっぱりした区別じゃなくてグラデーションな分類になるんだよね

216名無しのやる夫だお@シェルター2014/05/22(木) 17:40:54.33 ID:4zoYf5Q1
健常と自閉は地続きという考え方で、その狭間に位置する症状だかんね

217名無しのやる夫だお@シェルター2014/05/23(金) 06:05:39.38 ID:30CA7hRu
障害はどの時点(早ければ早いほど)で見つかるかで認識が変わると思う
あとは右脳と左脳の働き、それを知った上で経験を積んで対処する

218犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/02(月) 19:56:57.04 ID:VyqfN4Cm
ごめんなさい…リアルすっごい大変で終りが見えないので隙を見て9月中までに投下が出来ればと思います…

今月からもう、どうなるのか読めない状態なので…(´;ω;`)
あと1話だったんだから頑張って投下すべきだったかなぁ…
でも、どんどん使えそうな知識が増えているのでなんとも言えない感じ…。・゚・(ノД`)・゚・。

219名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/02(月) 20:10:27.76 ID:b1Y/fHyR
了解です
待ってるデー!

220名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/02(月) 20:33:19.46 ID:LqL1CZpb
了解ですー
心身の健康にお気をつけて!

221犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/05(木) 13:19:34.45 ID:4q8oii9A
投下が先に延びちゃったので、参考になりそうなサイト、本の紹介とか今のうちにしちゃった方がいいですかね?

後で投下の時には「こういうの参考になりますよ~」と誰にも教えていないていでかいてしまいますが。

222名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/05(木) 20:50:49.43 ID:W6u66EMe
いいと思いますよ
「このスレ見て興味がわいたけど、どこから調べればいいのか分からん!」という人もいるかもしれないし

223犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/05(木) 22:39:49.05 ID:8tfCkXeG

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||ii||::::::::::::::::::::::::≡=-
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ||:::::ハ:::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::__::::l:|::l:|::::::::| ||::::::ハ::::::::ヽヽ
:::::::::/ ヽ|:|::|:||::` -._!!:::::::ハ:::ヽヾ `
::::::::|   i' i/リ !!/  f:::ゞ、ハ从}!! `
;;;;;;;;!   /    ヽ  {:::ソ `i
   \i       `     i
\   .i            _ ゝ
.  \ .∧       __ _ ノ
   i::::::::\ _ __ ,` '         , ⌒        臨時講師の高嶺清麿だ。
   |ヽ i \              i   i
.   | | ` !   ヽ           i   i        後で無かった扱いになるというのと、
ヽ  |i |     ∧            |  |        男性キャラが居なかったので今回は俺が担当させてもらう。
 ヽ.|.| |      i         , -   | ._  、
   |0|    i   |       /  i / `  }
   | |    |   |    i   /  , -  !
.   i |    |   i     | i´ , ・´   i
    i |   .|   ヽ    ゛、` 'i__ _, ・ ´ i
.    i.0|.  |     >    ,ゝ  ヽ__ _ , /
    i |   |   , イ    .|        /



224犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/05(木) 22:47:13.15 ID:8tfCkXeG

       、_   ___)::::ヽ/::::{//
        ` .:: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::≦ミ、
        /:::::::::::::::::::::::. :.::::::::::::::::::::\
       /.......: .:  .:     :.:::..   ::::::\       ,,-、
     /イ......: .: .....::.: .:....:::.:.:..::::::::...: .:.:.::\ ̄    ,,'    、
       .'::::/:::::::::::::::::|:::::::、::::i::::|^~ }::ィ::::::::ト、!   ,,'       ‘
       |イ::::::::::_メ、::l\:::|ヽ}、:|≧=-i:::::|、|  ,,'          ‘
        |::::::::i/ _`  ` |ィ刋ら:l`ァ }Ni ,,'               ‘
        |ハ{爪 ´ ̄`    `¨¨´ 厶''"                  、
           L.'.     , |      イ                   ,      広汎性発達障害&アスペルガー症候群に関する
           `.   ._   _,, く 、                 /      本やサイトで犬侍のオススメはこのあたりだ。
            ` .   -    ィ |\\          r-- 、  /
              ` .    / 」ト-\\       「二..  Y
           , ィ::{ ヽ`¨´.  '" .l:::::'.::\ヽ      「 . - .l          【障害への知識を深める】
      _....   '´::::::::/  ィ瓜     l:::::::'.::::::`'.     ィV  .ィ  '.           ・>>99のアスペルガー・ADHA発達障害シーン別解決ブック
     /:::/:::::::::::::::::::/ / 二ヽ     ':::::::::'.:::::::::ヽ イ::::::::| L_ノ   廴          ・私はアスペルガー症候群でーした♪ttp://ameblo.jp/asupe-san/
    ./::::::勹:::::::::::::::' / (与) }'.   ./::::::::::::l:::::::::::::::/:::::::::::r`{   /}ノ:',
   .ノ::::::::::ヽ::::::::::::/}Λ>--イ ‘.  /\:::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::{`ー-' /:::::::,     【当事者が読むと楽しい】
   /:::::::::::::::::::>::::::i  /::::::::::|  } /:::::::::`'く::::::::::::::::::::::::::::‘::::: ̄ ̄´::::::::::::‘        ・めだかボックス
  「::::::::::::::::/::::::::::l  .'::::::::::: | [_./::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::‘:::::::::::::::::::::::::::::::::        ・孫子
  |:::::::::::::::::i:::::::::::::::l、_'::::::::::::: | /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::‘:::::::::::::::::::::::::::::::
 .'::::::::::::::::::|:::::::::::::::l |::::::::::::/ /::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::;、::::::::‘::::::::::::::::::::::::::::::



225犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/05(木) 22:50:58.93 ID:8tfCkXeG

                     ,>`=‐‐::、
        />       -:::::;;ィ:ィ;:::イイ〃.:::
        < ̄>_r''i     /;イlil.{.li〃.:::::::::/州
        }二⊃....:{     ノ ィ/:/「 l! {\:',::l::lト
        ヽ''":::}::ノ       l!:::/」l::|!:ト、l>}:|::|::ト
        ノゝ‐/ r-、_..rへ=「ヾト,弋;トヽK;テ1ノ「{            ・私はアスペルガー症候群でーした♪ttp://ameblo.jp/asupe-san/
       /   / /入-    ''Tフレヘ  ;l  'ソ}): \
      {:: ,' |''"´...'、    ::ノ  Y>ニ-'´<∧<\',           これは30代でアスペルガーの診断を受けた筆者が
       ',; ::::/:::-::_:}    」  廴二二ヽ <  < 」 ',          足りない能力の補い方なんかの例を挙げているブログだ。
       ー‐'''''' ̄ヽ| 」;─-    /     ソ ´ 「´「l          講演のお問い合わせなどもあるので、紹介しても大丈夫だろうと判断した。
      ::::   :::::  '´  l:  _/      /,  了ヽ}:}
     :::::::::   ::::::   __{:  .l       }   .,}、ノ/
       ⊂二 , ̄ `ヽ- > ‐|      /   、ノ\{>、
       ,: ','ニ ,´  .::..  `ヽ、ム    / ⌒ヽノ\| |「rヘヽ
       {,j「r- _,.-イ`ヽ、  ``‐- ノ‐ '" ::入/ /  `ヽ-- 、
        「ゝ-'      ノ`ヽ     ヽ ̄´/‐‐>       `ヽ
       ノ,      ノ'´  「`‐、_    /、 >ー         \
       |_ ,、-─''"   r‐ヘ `ヽ`ヽ--'  `;ヽ--、_..────--ー'
                入    ヽ==-‐   >-r'
               /;:;:;:;:`ヽ       /;:;:;:;:ヽ


226犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/05(木) 22:54:46.29 ID:8tfCkXeG

  ,    , '/,.,. -‐''"/-‐''"//--,.,.,_
. /l ,.////////////////////、-`ヽ、
ヽl/!'///////////////////////\
l/゙///////////////////////////\
z////////////////////」'l !'!ヽ/∧、ヾ、
//////////////////l//' リ、|l  !//!ヽ
/////////////////l l/!,.'´\` !}ヾ!
//////////////,i !/! l/    。 ゙、
,!////////ヾ////|. !| !   ,. ‐'"  ` ┐          ・めだかボックス
l !//////! i゙ リヾ/!. リ   'l | l l     .'
{ l//////l 、'´.ヾ!           l             週刊少年ジャンプで連載されていたバトル漫画だ。
 ヾ/////ヽ、ー- ゙     /  ̄  7/             スペシャル、アブノーマル、マイナスに「ああ、ちょっと気持ちがわかる」と
   ヾ、////,'       ├‐ _. -/,.__           同調共感できる部分があって、共感できたキャラと同じような発想の仕方だったりを参考に・・・
    ,.ゝ+'"       、   └ ''" //////∧
   /,'〈 \       T ― /、////,'l//,!          ───参考になるんだろうか?
 //l'/∧  `丶、.    ノ   V/∧'///,!//!          犬侍の趣味だが、妙に共感出来る所が多かったらしいので。
'////,!//∧    ` ー-i '\   V/∧///,!/,l、
/////l///∧       l   \ V//l///,!//}

227犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/05(木) 23:00:08.14 ID:8tfCkXeG



:::::::::::::/::::::i:::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::::::::|::::::::::::::://///////////////
:::::::::::/:::::::i|::::ト:::::::| }::|:::::::::ト:::::::::::::::::::\\:::::::::::::::|::::::::::ヽ/////////////////
:::::::::/::::::::ハ:::| マ:::| |::|マ::::::| \::::::::::::::::::',. \::::::::::|ヽ:::::::ハ////////////////
::/{:::::|:/ ミx、、ヽ} lノ マ::::|   \::::::::::::::',  ヽ:::::::| ヽ::::ハ/////,,イ////////
::{  ',:::l    ∨ `>==、ヽ::|     \::::::::::',   ’;::::}  _,==<¨./////////
::l.  ';:}    \   i i 辷xミx _.     \:::::',   ヽ xf≠テ } }   /////////
λ   ヽ ,x-‐、. \ 乂ー‐'_イ >、     \.} <  乂ー‐'_イ  //////////
 ’,  , '    ヽ.  \  ̄  -‐      //////>- ̄  //////////
  ∨.i      |.    ̄ ̄        //////<///////////////////
  /{. l.      ,:::`ヽ               i/////    ////////////////
 /  マ    .ノ:::::::.. `ー、_ _         i//////>x ////////////////       さよならだ!
 {   ー二¨  ::::::::::..    ∧       i//////////////////////////
  } /i ̄  `ヽ::::::::::::::...   ∧.      i//////////////////////////
 / / l       }::::::::::::::::.. , '   \,‐--  --‐, ////////////////////
./ {.マ     ,':::::::::::::::::./    / ー- - ‐´/////////////////////
{  人     ノ::::::::::::::::: {  } ̄¨i       //////////////////////
..',    ̄ ¨ ゛ :::::::::::: /¨¨\ ゛ー‐.ト、     ///////////////////////
 i   -‐=二三 ̄  ̄  マゝ-´  > - ////////////////////////
  i              }

          ・孫子

        【広汎性発達障害がルールに反さない限り豊かな発想をするなら】
        【2500年前から必勝の書と言われている孫子をルールにしたらどうなるんだろう】

        犬侍も親友も読んだ。
        犬侍の方は非常に重宝するほどハマった。
        他の人にはどうかわからないが、ぜひとも一読をオススメする。


        それでは以上だ!
        孫子は原本が置いていないのでどんなふうに解釈されているかの本にもよるな。
        立ち読みで複数読んで、具体例とかエピソードが載っているかを見てピンと来たら読むと良い。

228名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/05(木) 23:24:11.68 ID:8oyU+qEk
アブノーマルやマイナス共通のノーマルではない部分に共感できたのか
それとも全体ではなく個人の考え方に共感できるキャラがいたのかどっちなのだろ

229名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/06(金) 00:30:31.74 ID:PkxtpLV2

クマーの思想とかに共感したりしたなぁww

230名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/06(金) 01:18:47.25 ID:QBX1CJ5g
普通になりたいじゃなくて普通と違うままで上手くやってけるようになりたいって感じかな

231名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/06(金) 05:31:39.18 ID:DBWTNBbx
自分はなんの役にも立たない、マイナスにしかなれないってマイナス思考は覚えがあって共感できたり

232犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/06(金) 14:43:00.99 ID:uuW2+N+k

 ◆球磨川語録

        / ̄ ̄ ̄\                                       ./ ̄ ̄ ̄ ̄ \
  ____|       |__________________________|.          |______
  |      |    ┐ ..|               \::::::::::::::::::::::::: |       |::::::::::::::::::::::〈    |.          |        |
  |      |   善.   ァ    。 ゚    _.. 、   \:::::::::::::::::::::|        j/::::::::::::::::::::::{.  ャ       .┐ |        |
  |      |.  .吉   |   _     /::ゞx::>-ァ'^ー‐ ┬‐ ′       .〉::::::::::::::::::::: ',   |  こ  受  |        |
  |      |.   ち   |  〃r‐    ト、:::::ぐム:L_   _ -'、         ./:::::::::::::::::::::::::: ',   |  と.  け   |        |
  |      |.   ゃ   |  { {     ヽ.\___:::::::: ̄¨¨¨!         /::_::::-z、 ::: _rrミ〉 |  だ   入   |      _.. ┤
  |      |   ん    .|.  \\ '    `¨¨¨゙ト、_:::::::::::::_{   。   `丶、:::リ  ̄',..-ミ′ |  よ  れ   |   _..  ニ´ ..:. |
  |      | └    ..|.    ヽ \       ゝ...二ニシ         _.ム'....x≦-‐: ヘ  |. └   .る   | '´:.:...._ :..:.:..:.:. |
  |ー-  __|       |        ー-                 r‐ 彡'´ ̄:: _ -‐┤__|.          |.:..:.:.:...:.:._.:.:.:.:.: |
  |:_:.:.:.:..:.._.: |       |-  _゚_                    ├ 、__::: ィ'´ _.  ┘:_|.          |.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.: |
  |:.:.:. ̄:.:._:. \___/:..:.:...:.:.:...:.:.:.:.:_二:.:.:.:..:.:.:.:.二三:.:.:.:.:.:.:.ニ:.:.:.::.:.:.¨:.:.:.:. ̄:.:. ̄:.:.-:.:.:.:.:..::..:.\_____/:.:.-≠ィ´:.:.:.:.:. |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                                                 / ̄ ̄\
            ./ ̄ ̄\       / ̄ ̄ ̄\    / ̄ ̄ ̄\             / ̄ ̄\         |.      |
           |      |      |       |__|       |          |.      |        |.      |
           |    ┐|      |    ┐         ┐  .|     / ̄ ̄    ┐ .|  ./ ̄ ̄ ̄    ┐|
           |  嫉  |  ./ ̄ ̄    見          冤    .|      |         堕  |  |        .不  |
           |  妬  |  |        .苦.     ┐   .罪    .|      |      ┐ 落  |  |     ┐    条  |
           |   を  .|  |   ┐    し    流    .を   .|      |   混.  .を  |  |  理.    理  |
           | └   | !  み     さ    れ  └     .|      |   雑 └     |  |  不     を  |
           |      |  |   っ    .を     弾         .|      |   を      |  |  尽   └   .|
   / ̄ ̄ ̄\.\__/  .|   と   └     .を         .|      |  └         |  |  を         |
    |.    ┐ |        .|   も        └     ___/       .|        _/  .| └    |、   ./
    |.  格   |           |   な             ./            \___/      |       |.  ̄ ̄
    |.  差   |           |  さ   .| ̄ ̄ ̄\__/                           \__/
    |.  を    .|           |  を  |
    | └    .|           | └     |                            /  ̄ \         ./ ̄ ̄\
    |        ̄\      |     .|                             |     .|         |      |
  /            .|     \__/                      / ̄ ̄    ┐|   ./ ̄ ̄ ̄'    ┐|
/           ┐ .|           / ̄ ̄ ̄\               |        .偽  |   |           嘘  .|
|    ┐    裏.  |             |         |               |     ┐  .善  |   |    ┐    泣   .|
|  虐      切.  |             |      ┐ |               |  偽   .を  |   |  言     き  .|
|  待       .り   |          .|    風   |               |  悪  └  |   |  い      .を   .|
|  を       .を   |      ./ ̄ ̄    評   |               |  を       .|   |   訳    └    .|
| └        └    |.        |          を   |               | └   |、   /   |  を.         |
|      ∧      .|.        |       └     .|               |      |.  ̄    .| └         /
\__/  \__/        |     ┐       .|                  \__/         .|      | ̄ ̄ ̄
                    |   密         .|  . . . . . . .                         \__/
                    |   告    |、   / . : : : : :_:_: :_: .
                    |   を..  |  ̄  : : : ァ''´:::::ヾ: : :
            ./ ̄ ̄\.   .| └      |    : : : Ⅸ、::::::;ハ、: :         ./ ̄ \        ./ ̄ ̄\
          |     .|    |         |    : : : : :化==く: : : : :         |    ┐ |  ./ ̄ ̄ ̄'   ┐ .|
     / ̄ ̄ ̄    ┐ |    |         |    : : : : ノ::::::::::└ミ: : :    ./ ̄ ̄   不  |  |         い   |
      |        巻  |    \___/    : : : : }:::::::::::::::::::::{、: :    .|   ┐  .幸  |  |   ┐     か   |
      |    ┐   .き  |.               : : : /::::;::::::::::::/、::{: : :   |  不   .せ  |  |  イ      .が   |
      |  二    添  |               : : :/::::/|:::::::::::{ ゙}:::゚,: :    .|  都    を  |  |  ン     わ  |
      |  次     .え  |               : : ヽ:::ル!:::::::::::ヘ':::/: :     |  合  └   .|  |  チ       し   |
      |  被     .を  |               : : :└!::::::::::::::::::}/: : :   | を         |  |  キ       さ   |
      |  害.   └   .|              : : : : :{ゝ::_::::イ: : : :    .| └       /   .|  を     .を   |
      |  を         .|              : : : : :.'; ::: i:::::::′: : :     .|      | ̄´    | └     └   ./
      | └    |\___/               : : : : : l::::::|::::::′: : :    \__/        |      ./ ̄ ̄
      |       |                      : : : : : l:::: |:::::′.: : :                 \__/
     \__/                     : : : : :}::::::}::::{: : : : :


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::─┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::ェェ=:::::::__i__:::::::ェェ=::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r_::::^支’::::::'志’::::‘支’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、_:::::i ::+::::::::: i:::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(_:::: |:::」:::::::::人:::::::::L_ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+-l l:::: ┐::::::::r┬ 、:::: i:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::こ:::::::人:::::: Lノ::ノ::::::L:::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└─::::::::ネ'¨!::::::::├::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::└::::: の::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニフ:::::::::-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o_)::::::::つ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L:ー::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





         ,.ィ佳州州liⅥlⅦ州Ⅶ州州l}li、
       ィ州リ'州lⅦliⅦ'.wⅦi州i }l州lⅦⅦ{li、
   _ ィリ'州州!川.!州}liⅥ州}l}Ⅶ州il}l}l! li i,Ⅶ{li!
   ̄ ̄ノリ,イi州l}ll州i}l}lⅦ`Ⅶ{iイl}.ⅦⅧ州州州州li}!
    /.州イ州l州Ⅶ州l、ヽ .メ_`'__l}_l.Ⅶ州l州州|州i
    ,' 州lリ州Ⅶ}、Ⅵ{l|、.、_/イrZハ,ヾli}リ}州l州州州
.    l|}!.|!Ⅷ}》}lハ.≧x    行/リ リ}! l州l州州州
.    |l} .l} }リ州}l,ノl 必    ゞ‐′  .lリ'lⅣⅦ、} }
.    l}! Ⅵハ}l}Ⅶ}弋リ.}         リ' l! ∠メイ{          『現状を変えるには現状をまず認識しなくっちゃ。』
     '}  ノ{ ⅣⅦ`  ヽ        〃 /ーイ州l}
     ',  `  ヽlハ    <⌒ヽ  / ./:  lⅦ、}!         弱さを受けいれてからどう応用するか楽しいぜ。
     \     !  \  ヽ-'′   イ    Ⅵ`-、
             / ̄`,  / _ x≪´  _ィzヘ、       『臆病な人間ほどスナイパーに向いているなんて言葉もあるくらいだしさ。』
              / ー‐'-、}‐'フx≪   ,xz≦////ハ、
               |  、___.|.// .x≦彡/////ィ彡≦/>、_
               | 、_  |' l}  |///////ィ彡//////////≧
               |     ̄.〉 ll  |////ィ彡////////////ィ//
          ,.ィl|   ァ'/ | .l| ル'ィ彡/////////////イ////
       x<///リ  イY:::ム /////////////////イ/////

 ※好意的解釈だけど、こんなのが結構あります。

233名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/06(金) 15:27:12.73 ID:H8Z5vrt0
個人的にぐっときたのは
弱いまま勝ちたいかな

234名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/06(金) 19:24:12.36 ID:p/qPs2Rp
踏んづけられても生きては行けるというこっちゃな

踏んづけてくるのが家族だったりすると、憎しみしか残らないが

235名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/06(金) 20:52:05.52 ID:ezHFhUXK
憎しみなんてつまらねぇぜ!
……おら、レイプ目で何もかも受け入れて諦めるんだよ

236名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/06(金) 20:55:01.75 ID:p/qPs2Rp
なんかしら発散しないで諦めると悲惨な関係しか築けなくなるんだぜ
一緒に住んでるのに見知らぬ他人よりも興味が無くなるとか

237名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/06(金) 21:03:54.81 ID:ezHFhUXK
あぁ失敬、こっちは諦めたってだけの話さー

238名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/06(金) 21:20:44.78 ID:p/qPs2Rp
飼い犬と飼い猫とか、人間でなくても良いから味方を作るんだ
本人は自覚が薄くなってるだけで、物凄い攻撃性高くなってたりするぜ。しかもそれが全部自分に向くんだ

239名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/06(金) 22:17:28.67 ID:zGZapFXV
あんまり関係ないけど漫画繋がりで、「おおきく振りかぶって」の三橋がもの凄く発達障害っぽいなぁと以前から思ってる

240名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/07(土) 10:32:55.48 ID:MPLQQH1G
「鬼灯の冷徹」の茄子とか「聖☆お兄さん」のイエス様とかADHDっぽい

241名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/07(土) 23:31:33.59 ID:WI6aUWkY
>>236
諦めるって、実はすげーポジティブな考え方だったりするんだぜ
全部じゃなくて一部を諦めるってことは、それ以外をちゃんと頑張りはじめるってことだしな

242名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/08(日) 00:10:41.65 ID:4mNdQ919
>>238
ああ、自分は死にそうな子猫(生後1日くらい)拾ったときに実感したな
当時学生だったから時間的余裕はあったんだが
それでも一人ですべてをこなすことはできなくて、手伝いを募集したら
思いのほかいっぱい集まってびっくりした
そこから交流が始まったりしたな

243名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/08(日) 09:51:43.67 ID:GDK2tjzX
>>240
いや、さすがにいえっさは違うと思うわ…

244犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 16:03:12.64 ID:gRhksXLl
皆さん。私は先の見通しを立てるのがとっても苦手です。


9月までにと言いましたが今日中に最終話投下できそうです(´・ω・‘)

245名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/09(月) 16:14:14.08 ID:V/FcTxc7
ファッ

246名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/09(月) 16:28:38.75 ID:qhx7vXOV
未来はいつだって不確定なんですねわかりますん

247犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 17:52:46.99 ID:gRhksXLl
ボリュームは普段の半分程度ですが、今までで重要な事はだいたい書いてしまったので。
本当に短い最後のまとめになります。それでは投下ゴー。

248犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 17:53:16.86 ID:gRhksXLl











            ≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠
            ≦                                      ≧
            ≦    ノイ先生と触りだけ学ぶ広汎性発達障害         ≧
            ≦               (主にアスペルガー症候群)     .≧
            ≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠

                                        レッスン4

                                   【広汎性発達障害に必要な物】





.


249犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 17:53:39.10 ID:gRhksXLl

                   . .r~'`i^~^iト、
                /r'´}.イ^~`´`  .レヘ
                   . ' f´i/       i  `ヽヘ
              /  レ'    /  . i!    ∨)
                 / // ,.∠... //人 ヽヽ ∨}
           /, ', ' . ' ,.ィ1rrテぐノ´ __ ヽ l i ハ!
           f´ / / / , '(Y)| i匕ノ   ,lヒ'K } l l !リ
          レ' !/ // (Y)∧""  ' ´~ /从 li |
            lイ从ハ(Y) |\ -  . イY) l|ハ!       このスレはシンプルにわかりやすく。
            レ'>'リく (Y) 「\` 「リ _ル(Y)ハ         発達障害がどんなものかなんとなく知ってもらうのが目的ですので。
           {`/ /_ )(Y).ノ  〉^く ∨(Y)1 i.
          / 〈`ヽ( (Y)\ /`ーヘ ∨Y)〉 ノ        そろそろ混乱する情報が増えてしまいますから終わりにしましょう。
         /   ∨{こXこ}`ヽ.`「 「 ハ ハXこ}         基礎の基礎は作中で伝えられたと思いますしね。
         Ⅴ``  〉 / 〉   `|_||_|/  \ \
             ∨⌒∨∨X{  _ri_.  Y      .! /
          く|  i! | i|⌒id´  ム'.      ノ /
       /´二二二二二二二二二\   ノ く
        乂 ___∩ // 7____.ノ  {_.ノ
           |   /  //,. -──- 、 〉 |     タダデサエ ワカリヅライ ダイザイ デスシ
           ゝ._乂.. イ<. -── - 、\ノ
        ,. --'´ //⌒/´           ヽ. \
     ,. -'´   /._ノ  /   \    、  !  iー - 、


                  _r‐ 、 ,r‐.、
            . .-‐f⌒)<.r=くノ-く}ーァ-、
           /:(⌒ノ/: :l|: : : \: :\_ノ-.、
         / : : r》/: : : : :l{: : : : : : : : : ヽ.ノ
         .′: :.У: : : : : :ハ: : : : : {: :、: : :.ヽ
        .′: : /: : : : : : ′V : : : ハ: :.Y: : :}ハ
        {: :/{: : : : : {: { ̄ ∨ : :{´∨:| : : トハ
        |://:《: : { : : |.ィ≠ミ ヽ: :|ィ.圷、: }: }ヾ}
          /::{: : ト:八: : 《 V:rリ  ヾ.しリj: /: :!       ここまでで
         .{:_::二リ: }: :\ハ       '  〃: :ノ
          /::::/:ノ:{: : :{ヾ{.   -=_ イ: :{´         【発達障害が分かりにくい理由】 >>27 と >>29
       ./::/::/ー:八: 从> /´   ∧-.、          【こんな特徴がある】 >>98
      /::/}:/}: : :_} : ヽ八ー∨ _  / ∧} }           【特徴の良い応用ケース】 >>169
           /..<:|: : : :V::}::/´ `ヽ/__∨ヽ、
        /{:::::::::::::l: : : : }/     }__ノ   Vヽ      と紹介をさせてもらったが現実は大変だ。
        ./:r|‐-::、:::|: : : :/       ∨   }: : :\
      .′八::::::::V: : :/  { .{.      '.    l|: : : : ハ
      {:八. \: :{: :/   ヽハ     }   .ハ: : : } :}
        V: {ヽ  ヽ/     .ィ}    .′  { V: :|ノ
       Y:|  \ /     / リ    {   |  V八
        }ハ  /      ./} /    ./|       V:}≧=-
       ノ: :} /      ./:.リ′   .{ |       }リ


250犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 17:54:20.10 ID:gRhksXLl

                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}
               //: /: :/ィ≠ ヾ   ヾ.=\ミ\ :从:lヾ\
            〈 〃リ从        リ   `Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l 、__,       、 __, }: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ; '  ,      ̄ ./: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込.   ,. 、   イ : 八:.|: |ノ¨||        長所と短所は裏返しとは言うが。
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|        発達障害の短所は大きすぎて、
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|        裏返してメリットを得ようにも日常生活が犠牲になるレベルだ。
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |         一例で言えば、車の運転は封印。
          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l         空気が読めなさすぎてが下手すぎて普通の会社勤めは出来ないとかさ。
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \


         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/        ですが、作中で上げたように良い面として昇華できることもあります。
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬         出来ない事が多いと嘆くことも多いでしょう。
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|         筆者の犬侍も若輩者ですが、色々な経験をしてきました。
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|

251犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 17:54:32.79 ID:gRhksXLl



                  _ r‐.、 r―v、
                __乂乙..ィ´ヽ⌒ヾ<⌒)
               { /: : : : |: : : : : : : :\乙
                 rク: : : :/:ハ: |ヽ: : : : : : :∨
                 /: /: |: /:/ |:| }:八: 、:: : :ト、
            ,.ィ}: : : :レ}:/ヽ .l:| .斗ヽ\Y:八/\
           //リ : : l |.ィ芹ミ、`! イ芹ミ、V{ヾ{ 〉/〉
          八/〈八:{: l: 弋しリ    乂ツ |:|: :l〈/∧
           Y/人|ヾ:八    丶    .从: |マハヾ\
           ノ{  .|: ノ込.    , 、   イ}/ : | マハ__        生まれつき偏った能力を健常者と同じようにするのは難しい。
            //lリ   从: ヾ{: >。.    イ_:./ : 八  ̄ヾハ        偏った状態でのみ成長していく・・・と、今は言われている。
         {_/ 〈.ー≦: : : : リ: :「{__`_´_彡イ: : : :{: ヽ  }/}
            /ィ : : Yィ〈:::::::::ハ:::ノ: : : : : 八: : \          ※医学分野は定説がひっくり返る事がよくあります。
                ハ{=乂: :ハ ノ:/:::l()/ : :_:_彡'| | ≧=-- 、
             /ニニ/::-ヾ:}〈:/}、:/./: :/r〈   .l |     |
            ./二二乙::::}|  }〉 l乂_乂    ! !     /|
           .〉、ニニ〈::_:八  .リ |o| }|.)}   .l |   / 八
           ./_ヽ二八::::リ、/  .lo|_|>< ./ .∨ /     \
         〉z- 、   ∨r人\ .ノ |      \  .〉     /
      ー=≦: リ ∧   ∨ノ∧::>、 l        ヽ/ /    .イ:ゝ._ノ


                           _  _
                      r-v⌒〈,r<=乙.ヽ__
                      .ノ≦⌒:ー/:八´:`ヽ`Y.ヽ
                       / /: : : : :/!: : : ヽ : : ∨ Y:,
                   /:イ: : : /}/-!: ト、 : | : : |ハノ:_ハ
                     {:ハ : /__{.__ Ⅵ _ヾ{ヾ:.}: ハト、ミ>、
                     |′.〉:{ !:::::|  ヾ. |:::::::}/イi: ト、V}/
                     ハ! ゝ '    .ゝ-' |: :}: |: ∨{___      出来ない事は他で補うしかない。
                  { 込        八リ:八: {ヾ二ヾ      覚えられない事はメモを取れと言われるが。
                  ヾ{ヾ{> . __ . <}.イ:/: : : :| ヾ{       少なくとも発達障害じゃこれは足りない。
                  /:.V=r仁>':|「:::::{Y: :イ__: : :八
                  ノf'/二|::{Y::/ |:::八}´ .| \ : : ヽ        【メモを取る癖をつける】【こまめに見返す癖をつける】
                「 ´ | ヾニハ::V´ レ´`/  |  ‘ < :}       無意識に見返すように練習を重ねねば絶対に忘れる。
             ___ ハ .|  .VニY\_ . イ}-<     . ィ ` .
      .  ´     ./  } \ }ニ=フ/ト、:_r〈  / ̄ ̄     .〉     そこまで対策を重ねて、ようやく現場に出られる。
    / 、     .ィzz<八 ./´.〉二〉'〉|ニニ八./       _. .イ
    ./ {   \  イ//////`<_/-イ::/{ノ二二/     /三リ : : ゝ.
   〈  ヽ  r{ ///ィ=<////∧`ヾ仁:ハ!二ニ\   ./三/: : : : : : :`ヽ
    .∨     V//ハ////Y////ハ_:_::\八二二{ `ー'{三ハ: : : : : : : : :}      ゴホン…オバサンの小言染みてきたのでこの辺にしよう。
    }-----.///l{/////lト、/////}_:::::`::´::}、二l|    |三}: :\ : : : : : : |
        ////l|/////.ハ/ヽ///ハ::_::::_::ノ::Y八   | ̄: : : : ヽ: : : : :リ
        .////Ⅵ//////l}///\//}::::::::::::::::::}二}   .l、: : : : : : :} : : : l{
       ////// |//////l≧=---`Y::::::::::::::::リニノ   | \: : : : :|: : : :八

252犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 17:54:47.60 ID:gRhksXLl

                         rzクこ>-≠ミ}ァ‐ 、
                     (ク´/: : `: : : : : : :\.(ヽ
                  /: : |: : : : : : : : : : : : :ヽノハ
                    /: : : : {: : : : ! : : : : : : : : : ∨:'.
                /: : : : ハ: : : :|ヽ: : : : : : : : : :∨}
                .′: : : {- ト: : :|. -\‐: }: : : : : :}∧
                 {/{: :八|ィミ、V、{ .ィ≠ミー! : : : : 八〉》
              《z|: : :人Vリ ヾ{.  しrリ 》: : : :{/:}:::「
                /:::ト、:Y≧=- '     /: :/ :|八:::ヽ
                  {:::::|  }: }込.  、   イ{: /:ヽ八 : ∨ハ         当スレでは広汎性発達障害(主にアスペルガー)の
               八::| ノイハ: :{>- _ ≦ィ{/ニ{ュ: : : : : ヾ{         紹介をしてきたが、これらの特徴がある人は多い。
                   ̄}/   }:rz、_ノ/ニニニ{ニニ》.V<:_: 八
                    rf》ニニ} 》={{::}}ニV/} !    `ヽ        問題は生きていくうえでどのくらい支障があるのかだ。
                 /} V{ニニ〉ヘ个ヘ{ ̄.rク .|       .
                /{ リ VYニ{ .| l| | } rク}  .!   .  ´ }       もしや発達障害なんじゃないか?
              /: |/  }《ニ{ l l| l |rク/  |  /   ハ       そう悩んだら発達障害支援センターへ行こう。
           . . : ´: : :/{   .V:Y{ ! | lrク::′  .!     { : ヽ
        . : : : : : : : : : :{ |__  .}:::::ヽ| |rク::::′ /      | : : ∧
       /: / : : : : : : : : |  l}   |:::::::::V:::::::::′ 〈  |      | : : : ∧
      l{: : :′: : : : : : : : |  l|  .V⌒}{⌒)::′  〉 .|       ; : : : : :∧
      .八: :{: : : : : : : : : f  .l\ .}_ノ八イ::′./  {     ハ: : : :}: : }
          ヾY: : /: : : : :/   l|  ヽ|r{::::}ニ}′/   //   {: : : : : :|:.ノ


    ・全国の発達障害支援センター。  診断、分析、アドバイス等が貰える。  結構込み合っているので行くなら早めに。
    ttp://www.rehab.go.jp/ddis/%E7%9B%B8%E8%AB%87%E7%AA%93%E5%8F%A3%E3%81%AE%E6%83%85%E5%A0%B1/

253犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 17:55:38.38 ID:gRhksXLl

        _ _
    _r‐ァ.>-<-<二Yヽ
  .ィY  У´: : : : : :V: : : : `: .、
/.ソ> ': : : : : : : : :.|: : : : : : : : ヽ
仁:/´: : : : : : : : : : : : |:.ト、 : : 、 : : :∧
/}: : : : : !: : : : !: : : : !:.! ∨、ハ: | : ∧
/: : : : : : |: : : : |:|: :. :.|:.|. V}∨}:.l: 、 : \         ,'´!
ハ:.| : : : | : : : ハ|: : :ハ|  ヾ ⅥY: :}: }、:ハ       | .|           私から最後に一つ心構えを覚えていてほしい。
: : l : : : | 斗 ≠∨:,′l!   .ィ芹ァ}:ノ: :|ハ:}》.\       { .{
: : l : : : | :/:/__ヾ{    〈:::し} .Ⅵ: :! }/      _rzz'zゝ.
: 八: : : /}ィ芹心`      、¨´  .!j:人      ヽ { {/二二}ィヘ        クイズ番組でおバカタレントが珍解答をすることがあるが
: : : :∨:/《乂;し '           }: : : :\     ヾ> >‐.―'┐      嫌われるよりも好かれていることの方が多いだろう?
:.. : : : V: : 人           ,   / : : : : : \     r{./:::::::::::::::::{
∧ : : : \ : : \     ー    イ\: \ : : : \ .rク.>:::::::::::::::::::::∧      バラエティということもあるが、それは彼らが明るいからだ。
: .\ : : : \ : : ≧=- __ /:人ハ:_/⌒ < :Y У::::::::::::::::::::/::∧
: :} : }\: : : :‘ <{ー‐r---{ァ、{_/、三人:::::::::::::::ヽ∨::/:::::::::::::::::::/::∧
: :| : |: : :>: :,: : :≧=ミ、ニ|{l〉へ.__Y三.{::::::::::::::::::::∨:/:::::::::::::::::::::/:∧    発達障害だと言われると深刻に感じてしまう事もあるだろう。
: 八」==ニr=- '` <: : : : : \Yニニア三.ア:::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::/::∧    実際にうっかり者だし、能力は偏っていたり上記で述べたように大変だ。
´ ::7三三{      ノ>、: : : \ニ.{ Yニ(::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::/::
::::::::∨三人_      `ヽニ.Y:}\:.\ 八て::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::/
:::::::::::Y三三ハ      V⌒l!. Vハ Vニ.}、::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::
::::::::::人三三人.___     ∨ノ  }: ノ .八人Y:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::Y三三八.    ∨ヽ |ハ }三ニハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::}、::::::::::
:::::::::::::::::::::::ゞ=<三,>-==ミ、..o| /三./::::::|::::::_:_::_::::::::::::::::::八:::::::::}
::::::::::::::::::::{/:::::::::::ヽ三三三三,≧x仁三}::::::::!´     ≧=- ,_:::ヽ::::′
::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::⌒::: ̄:::`:..<ニY:::::::::::::::|            ≧=


                   r‐ 、.ィ⌒)
                    r 、-〉<}ノ≠ミノ⌒)
                 -y:´7: : : : : : : : : `ヽ⌒)、
              (_У: : {: : : : : : : : : : : : :\Y
                (/ : : :八: : : : : {: : ヽ: : : : : ヽ
             /: / : : : ハ: : : 八\:´:Y: : : : :}∧
              /:/}: : : {斗-ヽ: : :{ヽィ心l}: :}: :/:::::》            それでも暗くなっちゃいけないぞ。
               {/ l| : :八:{、__.ィヾ人 ゞ '.|:.八:{:V}:ハ
           /ハ八: : : : \¨   '`  .ノイ: {≧=》:::〉           失敗が多くても、明るく努力を続ける一生懸命な人間は好かれるのだから。
           〈:::_::::ノヽ>‐=ミヽ ー ' /|八}/::/{::{――――‐ .
              7::7/     }ヾ}‐ -イ_.イニ}:/::/: Vハ――――<>、
              /:::/.′     .|、ノニ}ニニニ八l| ̄| ` <Vニニニニニニニヽハ     少なくとも暗く悩むよりは受け入れてもらえるさ。
          /:::/ ′{      |ニ{Уニ{{::リニ.リ: : !     ヾ:、ニニニニニニニニ|    障害は受け入れ、上手く生活していくのが大切だよ。
           レ  {  }      l|ニ{ ̄ヽ/ ̄./ : : |      ∨\ニニニニニニ|
               八 .|     .ハY.》 | | ./: : : : !∨ }/ ヽ: :\ニニニニ.!
               .′ |    | |〈ハ .! l/: : : : :リ .〉 '.   .∨ : \ニニ|
              .′  |       |《ニ} .| ./: : : : ://  }    ∨ : : \=|
             .′   |      | Vハ/: /}: : / ヽ   ハ     }V: : : : ヾ
             .′   |      | ∨{: / l|: : {   |  /}ヽ      ヽ: : : :ハ
           l{     |     .ノ、  VヾY乂:ハ l!   {: : \     ∨: : : }、

254犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 17:56:23.54 ID:gRhksXLl

           __ ,┐__,、
         r< ゝ ー- <`'┐
       厂/      ヽ\´)
      j´_/    l       ヽ'_)
     厂/,   l__| l i   l__ l    ヽ)_
      └/ ′ .´|| |_|、\ |_| i`、
     // ! .| |レ__レヽ l廴_l_ ヽ} .l \
     /イ 八ヽ ! ̄´` )′´/イ / 八ヾ、       そして、その心構え【基本明るく前向きに】を忘れずに
   / /l/ ヽ||)ゝ   __ 'ノ从/レ、ヾト、
      //{ i || |从|i丶` _´イ| l)(l lヽj ′
     / l八|从从jr┴ v┴レi()ハ ' _         ★【アスペルガー・ADHA発達障害シーン別解決ブック】
      _  {::X::}  /叭 {::X::}_/ハ        ★【孫子の兵法がイチからわかる本】
     ハ_ヽ`i(ハ)ヽ/:i:l:l:レ (ハ)|,ィ く└,
      rハ  ヽ |/| .《 |:l:l:lヽ |/|,ィて'.V        この2冊を熟読する事をオススメいたします。
.     / ´)`ヾ }//≧V从ヽj´//{,ィ ( \
    く _,_ヽr j!//////!//////}iノ/ .ノ           シーン別解決ブックは>>99でも述べたように、
      rv―-┤//////!゚//////! ̄ ̄j)           困った時の対策が応用しやすい形で掲載されています。
     ヽ― ‐ハ//////|。/////ハ´ ̄i′
       .|   | .V/////!////// l  .!                  
       .|   l  V////|。///八 . l  .|
       .|  / .////>―┬- - 、   、        ___
       .| /| ̄ ̄  '′   jz 、  ヽ  _`rz_    //___
       .|   |        |ll!‐rゝ/ノ!` i´ー==キ ー .//_             孫子はですね──
    /.` ̄|        |ll!/ j`厂iヾj:′ ::::::|ー //´ゝー、
    \ //|     ..::   |ll!   {| lミ /   :::::l .// / ー/ ヽ
     ///|    ..:::__.|ll!_ ヽjミ:j     ::::V/ l l_:::|厂 ̄



              _,,.. -─- 、.,_
          _r-<´   `Y´ ̄Y´ ̄ヽ、,
        .,. '"7、  ,ゝ-‐''"´`ヾ;´ー- 、/´`ヽ,_  ×
       ./ 「´ ,>'"           ´`ヽ/ !   ×
       ;' ./´ V´  /  / ,'  ,  !  !  `ヽ7、
      ;'  `ヽ,'  ./ /  / /! /  /!    ', ヾ! 
      !   i   ,' / `メ、, ' //! / |  .i  i `>
      ',  ノ_,,..イレ'  -─‐-、   レ'   _| ハ ! ,.ゝ
      ノ ´ ';  ハ.  "        ____ `/ ! V
    ,.イノ   !   !メ)           `! ハヽ(  ヽ
   (,.イ   ノ ノ(,ハ,   /´ ̄`ヽ  ",!ヽ( `            【縛りが強いルール】の【縛り】(>>157) を。
     )、 __/´ ̄7ー、! !,ゝ、 |    /. ,.イ /i '.,              2500年前から必勝の書と言われている【孫子で実行したら】
     rソ`ァ'"´ `ヽ、_,)ンi>.ゝ.,__/イ‐ァ!ソ!ハ ノ
     iヽ/      ヽ,ヘ)`ヽ、_,.イ_i7 iメ)7´(               非常に愉快な事になるのではないかなと。
     Y   ,'      }>Yく{_/ム_」';ヽ(X!ヽ.        人___
     /agic       V´ハ:::/ ハ i:::}>く{       ,.、  (
    ノ         ';:::::::く__/__」┘::ヽ.ヽ.        ノ i  ⌒
   くr-、,_     !  ,ゝ::::::::::::::::';::::::::::::::':, ':,      /  'ァ- 、
     '/  `"'ーァ、,」_,.イ::、:::::::::::::::::/i::::::::::::::::i  ',    ./  ノ、二{
    / _,,...,,_/´ ヽ;ヽノ:::::`:::::::::::::::::::::::::::::;:イ  ,ゝ   /   ィ{___,ノ
   i     `"''ー'- 、;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!-‐i   /   ァ‐''"

255犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 17:57:31.58 ID:gRhksXLl

          __,.、__,.、_
        _r'"7_,.!-‐'-.、7-、_
      r´ >'"       ̄`ヾ!、
     rゝ'´/   /i.   i 、  Y
. /|   /Y ./ /メ、ハ  /| ハ   |
|| / ノ/! イ ○ レ' レ_,. レ'ヽ,ゝ         使い方としてはまず読みましょう。
r'-'┐/ _,ノ ノ|  "     O |ソ|   /|       【素直に新しい考えを飲み込めるタイプ】の方は面白く読めると思います。
`l^ヽ、ヘ⌒ヽr,ヘ.  /´`ヽ  "从 ',  / .|
 ヽ、_ノ7  (Y,/」>!、_,/_,. イノヘ〉r//       その後は日常生活で気づいたことを「あ、これ孫子で読んだところだ!」
   `ー-∠ト、7:::|/ムヽノ:::i´`7"´__ン、>       と気づければそのままサクッと応用に生かせます。
   ノ\_rヘく:::::::::::ハ::::::::/-‐' ̄
   r'ア'"::::`''ーァ二ニ=-、イ、7             犬侍の場合は、本以上の自己解釈&応用して成功までしましたね。
 ノ7:::::/::::::::/|}  ノ/⌒ヽ>、
 }」/::::::::::::/:::}|___,ンi二二!-'
  iヽ、_:::__ンニ='-‐=-'!、__.ノ
  `7二`/´
  〈__ン



              ,r‐f^Y⌒Y‐v、
             _rク .乂/⌒ : `: : .、
         ,rク rク-イ: : :、: : : : : : : \
        乙/: : : : :}: : :.:ト、: \: : : :Yヽ
       ./: :,′:/:_:_:/_:/| :| ヽ斗、: : :|⌒)
     .rzz}ハ: !:|: |: ;_'__}/_ }/ _}__∨ : リ=ァ
       {ニ|レ' |:Ⅳ/!::::::::}    {::::::::}ト、ノ=《         まあ、こういう本も万人に愛されるわけでは無いので
      ハ/}|: 人_{__ゝ- '     ゝ- ' |/: ∨{         立ち読みで自分には必要が無いと思ったら読む必要は無い。
       |: : :/     \       .ノ: : ∧.〉
       }: :/  .!    ∧__△ . <=ミ、:.∧         【言葉に縛られすぎる】のもアスペルガーの特徴だからな。
     ノ:./   |    / .〉_{ニ〉ァ |∨  ∨:∧        言われたことを厳守しすぎないで、自分に楽な形で生かせばいいさ。
    〃:/     に二二つレハ「 ノニ}  ./.∨∧
    {: /      ./三\__}ヽ Уニ.人 〈  !ヽ: ゝ _        と、いうことで最後に軽くラッシュしてしまったが・・・
    У       /、\-z三フ水zイ::::::} Y | ∨: : `: : . 、
__八        〉. __\::::::}ニト、\::〈 / l  ヽ : : : : : : ヽ
三三三≧=====<   / }::/ニノ::l::`}≧=--.|    \: : :ヽ: :}
三三三三三三三ニヽ { Vニ/::::ヽ:::::::::`ヽニ\.    \: :}:(

256犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 17:57:51.71 ID:gRhksXLl

                     _r‐‐vク乙、 _
               _厂{ン⌒}⌒:ヽノ乙}ミx、
                (乙ノ: :Y: : : : : : : :\ ̄)、ハ
               rク:/: : :.|、: : : : \ : : :ヽ: :V ,
                  Y:/ : : : | \: : \≧=-ハ : V!、
               |: : |:|:l从.  \: ; 斗=≠}: : :} \
                  ハ : |T|.二   \ィ::f芹ミ: : ハ  }\
               {: |: 从〃心    V:rソ |: /: : '.ー<ノ        以上で【触りだけ学ぶ広汎性発達障害】の授業を終わりとする。
               |/V: : :ハ Vソ      " .从: : : :|   {
                   /:Y:V八   `_  ,  /{/: : : : |   |        深く考えすぎず、気楽に生き、
               /: : /: : : :> .    .イ{、!: : : : :ハ              欠点を受け入れ、長所として応用できるか検討し
                 /}: :/>‐ ァ´/__}` 升.ィ彡: : : /: : }
             / .|:/ / /ー .、__(: : / ̄ \: :人
              /  ./   {     ,′ !    \: }\          少しでも楽しく愉快な人生を歩めることを祈っている。
            .  ゜    ヽ/|     ,\/       ゜、: :\     ヽ
            . ´     |  / ,′   ,′ \       ゜.: : : :゜: .__ノ
      . <       |/   .′   ,′   .> ィ、     \--=≦._
    /        <′  ,′   .′   ./ /: : :\     \   ̄ヽ
    .{    `\ > ‘ {.:,′  ,′   ,′   / / : : : : : \     \  ノ
    .|.      '.     | ′   ,′    {    ./ /:/ : : : : : : }.\  __  ヽ
   八  /   .∧   ,′   ,′    |  ./ ∨ : : : : : : :.j.ノ:/´ ̄   》
     ∨ /  ./ ∧  .′  .,′    |  /    ' : : : : : //     /


                  r ´ { _ ゝ-<  ̄ `-、ノ   ̄ヽ
               /ヽ //     ̄ 丶 `ヽ /   〉
              >、./ / /    \ \  \ ´`ヽ
.              >' ./ //      ヽ  ヽ.  i   〉
              ∠ / | ,λ λ     入.___ ヽ  lヽ
             / / /l / ! イ--ヽ   ノイ\. ヽlヽ∨ !
.            / /  | |,∧| ,r≠ミハ  ハ|  __ヽ、ヽ .\ ゝ 
.          r‐ .. `|/| ノヽ !  !〃んィハ ∨  〃 ̄`| .ハ 〉 \ ヽ        当事者の皆様は前向きに明るく。
         \ \ .レヽ/ヽ!.∧ 弋うり ,    ⊂∧ /..,.イ\| 
       r- 、 .に二(⌒ヽ〈 ノ!⊂⊃ ┌ ^ヽ  //.〉´ 〉                    その他の皆様は知識が一つ増えたなと
         }_`. { ―‐y{_ ,ハ _.イ.> . __、_ノイへ 〉! />   
        />ィ .\ ‐'  .}丿V  ./::/.|`ヽ_/ r- 、〉、ノ.ノ           当スレの事を頭の片隅に残していただければ幸いです。
       ノ ン`ー八  イイ   /::/ V レヽ∧  Y/,イ     
        ̄     |  |>‐、_ ./::/ //|| | /::〈_,.ィ `イ´ ̄`7
              |  |└-7´:::\〈_/レ||_|/:/  /`ーr'、  /          それでは皆様、ごきげんよう。
             人_ . イ:::::::::::::::::::: ̄:::::::ト- イ__.リ
                   >ー 、::::::::::::::::::::::}└┬ ´}
.                   ., '/´   ` ー‐一く _/ /
                   /|.|            ヽ .__/
        .     /::ヽハ丶, ,___ , __ ,__ ノ,':\
            /::::::::::::::\ハ、__ハ___ハ__!ン ::::::::ヽ

257犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 17:58:26.70 ID:gRhksXLl


    ┌────────┐
    │ スタッフロール   │
    └────────┘

                  _r‐ 、 ,r‐.、
            . .-‐f⌒)<.r=くノ-く}ーァ-、
           /:(⌒ノ/: :l|: : : \: :\_ノ-.、
         / : : r》/: : : : :l{: : : : : : : : : ヽ.ノ
         .′: :.У: : : : : :ハ: : : : : {: :、: : :.ヽ
        .′: : /: : : : : : ′V : : : ハ: :.Y: : :}ハ
        {: :/{: : : : : {: { ̄ ∨ : :{´∨:| : : トハ
        |://:《: : { : : |.ィ≠ミ ヽ: :|ィ.圷、: }: }ヾ}
          /::{: : ト:八: : 《 V:rリ  ヾ.しリj: /: :!
         .{:_::二リ: }: :\ハ       '  〃: :ノ
          /::::/:ノ:{: : :{ヾ{.   -=_ イ: :{´               ノイ先生  BALDR SKY
       ./::/::/ー:八: 从> /´   ∧-.、
      /::/}:/}: : :_} : ヽ八ー∨ _  / ∧} }
           /..<:|: : : :V::}::/´ `ヽ/__∨ヽ、
        /{:::::::::::::l: : : : }/     }__ノ   Vヽ
        ./:r|‐-::、:::|: : : :/       ∨   }: : :\
      .′八::::::::V: : :/  { .{.      '.    l|: : : : ハ
      {:八. \: :{: :/   ヽハ     }   .ハ: : : } :}
        V: {ヽ  ヽ/     .ィ}    .′  { V: :|ノ
       Y:|  \ /     / リ    {   |  V八
        }ハ  /      ./} /    ./|       V:}≧=-
       ノ: :} /      ./:.リ′   .{ |       }リ
       /:イ:.ハ      /: /{       .|       |
      ⌒{: : : ヽ_    .イ:./ .|      .ノ、___ j


                     r‐┬--┬‐‐ミ__
                   r‐┘ __,,.. ⊥,,__ /⌒Y
                   r\/  :i     `  、/ヽ
                 く_/     |      \   \_〉
              /      |      \   \
             /       }  \      ヽ  \
            ⌒イ     /^\{⌒\  \   {⌒
                  i|  __,,.. イ ___   r==ミ(*}\ {^
                八   {*}〃⌒  ,    (*}  \
                ヽ (*}      ,  r*}    })            十六夜咲夜 東方Project
                 /    {*込、 `     r*ノ/   ./
             {/.i|  .{*) :えぅ‐< r*},/イ }/  __
              圦{\ {*)\!   }{Yノ  __/  {∝o。
              {',  ̄ 〈><}  `,rく [><]   /     \0o‰。
              {_',.____{  l}\_/L∧_{ :}ニ/       V/,0o}。
             /  /   {\リ ./ {{ }} ', ∨/            ',/::::∬,
            /  {  ̄ ̄}=ニL〈__,{{ }}__}/              ;==-‐゚o
            /    〉---/ニニニニニニ/                  }Wv   ‰
         {     {_____/ニニニニニ/               φ⌒Y^Y  }
.          '.       )  ;ニニニニニ/                   /________ノ 〈
           .}      {___i{ニニニ/                     /  \===‐- ,,__
         〈  ‐--r 〉 .八=/                  __,rr┐       \__,ノ‐-*。
.           /` ‐--' r=ミ,/                   「} | } .}       >
          /    =‐┴- 、}}==ミ,   __,,..  --‐‐-- ノ   .ノ ----‐=≦
        八         } }乂__,}}-=≦ニニニニニニ=-,__]`¨¨¨´二ニ=-
          _,,. ̄ ̄}__}_,}_ノ┘ /        ̄ ̄ ̄   \__]二二二二ニ=-
       {___,,..-=ニ二二{__/              ::.   \__]二二二二ニニ=-
       /=二二二二{__/               .::.    \__]二二二二二ニ=-

258犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 17:58:51.82 ID:gRhksXLl



            / /  /   ./   .  .i  l |:\|l、ヽ: . . ヽ
           ,  ィ .  , '  / . // .、/_//l_//|_ l:.:.:.:ヽl: l:l: : . l
             //'./ . // . .l: _,l/'!: : /:/lf州/メ|、 l:.:.:\∨:l: : : l:
             /´ // : /イ : : l: /r=l: /l/ ノ廴ハ l/:ハ:.:.:.:.:`ヽl: : : l
             ':, . : /l| : : : ,l/fち.lイ/    辷zイ:イ ハ:.:.:.:.:.:.:ヽ: :
           l/l : /.ノ!: :l: /ハ弋沙 j  "" ノ´l:/ lハ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:       作者 広汎性発達障害 犬侍 ◆8hfLVcjKR2
           '/l /:.lィl ハl.| ハ ""  __. ヘ  /'  l:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.             //i/:.:.l lヘlへ.|:| ヘ   ∨:::::ノ     /'l: ハ:.:.:.:.:、:.\:.
          //:.l:.:./    |:|: l | >  _¨´   / .l: :lハ:.:ヽ:.:ヽ:.ヽ
           ///:.:./   .∠|:|: l l    ノ } ‐<.‐彡'!: :l:ハ:.:.:l:.:.:.l、:.:
         lイ/:.:./     \l l: :、l ./ ノZユ:::F「  | : l ハ:.:.:l:.:.:.l:\
          l:':.:./      | l: : :l _{  {/ iy'^ヽ\ .|: : l : |:.:.ハ:.:.}:
          ll:.:.l        ハ:l: : :ト.l / / -‐<r=lノ: :ノ /|:.ノ/∨\



           nゝ`"''">、
        ,ィ'"{ { ,ィ'´  {-'ヽ
       / l.   〉'",ニ==ー `ァ ヽ
       !!...〓..___  〓 { ; i,
       ゙、_,`f !二 ̄   λ j,.}       親友 広汎性発達障害 ヘタレキャベツ ◆OQzTP0t0Po
        <'Y /"´     }'゙ ソ
         'ー'‐------'"ー''"
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\
          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l                        ~おしまい~
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉


259名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/09(月) 18:02:50.23 ID:TJfs+C9p

色々思い当たる部分あり過ぎる…

260犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/09(月) 18:06:34.10 ID:gRhksXLl
ということで終わりになります。最終回が長引いてしまい申し訳ありませんでした。
シェルター初の1から始まったスレもようやく完結を迎えられました。

このスレはしばらく残してみようと思います。
読んでくださった方々で色々お話をしてみたりしたいかもしれませんし。

後はまとめていただけるのを密かに祈っていたり・・・
ずうずうしい祈りですが、知名度向上が狙いでしたからね(´・ω・‘)

それでは皆さんありがとうございました。またどこかでお会いしましょう~ノシ

261名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/09(月) 18:12:53.48 ID:tV4a0WLP
乙でした
この歳になって今頃「あなたは障害者です。努力しても人並みにはなれません」なんて突きつけられて
ちょうど絶望してたところでこのスレが立ったから、本当に参考になりました。

263名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/09(月) 20:00:17.77 ID:X4cOkNOB
完結乙でしたー
少なくともここに一人このスレのおかげで
発達障害の存在について知ることが出来た人がいますわww
これから日常生活に支障が出るようになったら
本当に支援センターにも行こうかと思ってますわ

265名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/10(火) 08:16:18.16 ID:5iQbq0dj

次はもっと専門的で踏み込んだ内容にしてもいいのよ?

266名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/11(水) 00:32:36.04 ID:zzRx6BjQ
乙乙、勉強になった!
孫子は普通に好きだな、戦わずして勝つ……
苦手分野に持ち込まないってのは必須戦術だよなー

267名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/11(水) 10:51:34.51 ID:iTOCAvyB
乙でした
発達障害気味なんじゃないかって自覚はあるけど、検査受けたほうがいいのかね
まだそこまで日常生活に支障があるわけでもないと思うんだけど ……

268名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/11(水) 11:28:21.37 ID:eRoDK9lp
「自分が日々苦しくて、発達障害と認定されたら心が楽になる」という環境なのなら受けるといいと思う。
でも日常に支障が無いなら止めた方がいいと思うよ。

269名無しのやる夫だお@シェルター2014/06/11(水) 21:11:34.93 ID:LfCDPUZh
やめた方がいいというよりあまり意味が無いという方が正確な気がする
・よっぽど症状が重くて障害者年金を受給したい(発達障害で受給できるケースがあるのかは知らないけど)
・自立支援医療制度を利用したい
・障害者就労支援サービスを受けたい
のような具体的な目的があるなら受けるのもアリだと思う

別に診断書出たから何かが変わるわけでもないし、診断にこだわる必要はないんじゃなかろうか
どちらかと言うと犬侍さんが言ってるように自分の特性を把握してそれとどう向き合ったり活かしたりカバーしたりできるか考えたほうが有益だと思う

271管理スレ3の>>3参照@シェルター2014/06/14(土) 08:32:26.79 ID:pRkaSueI
意味はあるよ
なんで周りと上手くいかないのかってのが、生来のものだとわかると、とりあえず気持ちの落としどころはつくからな

272管理スレ3の>>3参照@シェルター2014/06/14(土) 10:03:08.41 ID:wFz5i03l
>>271
それつまり>268で言ってるのと同じだな
>「自分が日々苦しくて、発達障害と認定されたら心が楽になる」のならOK
でも日常に支障があるわけでもないって言ってる限りは特にしなくていいと思う。

273犬侍 ◆8hfLVcjKR22014/06/14(土) 10:16:43.73 ID:xIUvs3Eu

                  ノ⌒ <:::: ̄`ヽ⌒ヽ
              /⌒´:::::::::::::::::::::::⌒ーへ:::::i
            . ':::::::::::::::::/::: /.i::::::i:::::::::::::::::ヽ|
              /::::::/:::::::::/ l::::l |:::: ト、:::::ヽ::::::: .
           l::::::/::::::: / .l::::l |:::: | ヽ::::::ト、:: i
           |:::/i:::::::/ _从ハ人:::j_ l:::::リニi::: }へ、
           |X::l:::::::i ===     ===ル'二.|:::リw \       行って前向きになれるならオススメ。
          /从人: リ           リ::::::レ'  ソ \
            〈 ソノ⌒ 人""         ""/:::/: |⌒ソヾハ 〉     私も認定受けた瞬間にほっとしたなぁ…
               |:::ト   r‐ァ  __/イ:::::l:::|           努力でどうこう出来る問題じゃない壁だってわかったから。
               |:::| くて「 ̄「 ̄ _/::::l::::::l::::|
                  从| / Y|_/「「 /⌒j::::: l::::|
                  | | |_/| | /  /|:::::リ:从           発達障害認定されなくても検査で自分の得手不得手はわかりますので
                  | | |_/| |l   |ル':イ            自分の得意な事&苦手な事を探しまくって、
                  | | |-- | ||   |ル'             得意な事無双と、苦手対策の日々が始まります。
                  | | |二 | ||   |
                  | | | || l| ||__j               数値化されて劣っている部分がわかるとダメージでかいけれど、
                「 | | || l| ||== i              受け入れて自分の長所を生かす方向にシフト出来たら楽しいよ!
                |___| | || l| ||___|




274管理スレ3の>>3参照@シェルター2014/06/15(日) 09:56:51.43 ID:9efiBU0U
うn。出来ないことは出来ないのだから、そこはっきりさせとかないとずっと苦労するしなぁ

2015/1/23
とある方がスレ主の犬侍 ◆8hfLVcjKR2様へのお礼絵をお描きになり、犬侍 ◆8hfLVcjKR2様にまとめでの掲載の許可をいただきましたので掲載いたします。
ttp://ux.getuploader.com/gorakunin/download/992/1873.jpg.html

Comment

Post a comment

非公開コメント

No title

それっぽいのが当てはまるところあるんだよなあ・・・余裕ができたら検査しに行って見るか

No title

参考になったです、アスペさん達を使って仕事することが多いから頷く点が多かった。おかげで一から十まで実演してきちんと説明してやる癖が付きましたよ…。
ただあの無遠慮さはホントどうにかならないかなー。ひどい人だと何でも俺を上手く使えないお前が悪いとか、挙動不審な上にメモすらとらない反省も学習もしないしね。

プロフィール

蒼いの。

Author:蒼いの。
AAが崩れていると聞いたのですが、私の現環境では確認できません。
一応対策はしましたが、まだ崩れている方はご連絡下さい。(9/4)

Lc.ツリーカテゴリー

人気ページランキング

RSS

>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム